ぼくのわたしのバイト体験談    
掲載日:

家庭教師のバイト体験談!やればやるほどコミュ力がアップします

168閲覧数
0評価数
家庭教師のバイトイメージ

仕事内容

個別指導型の家庭教師のため、生徒宅に訪問して勉強を教えていました。生徒が希望する教科の勉強や指導を行い、テスト対策や受験対策を行います。そして成績を向上させ、希望の学校に進学できるようサポートするのが主な仕事になります。

小学生~高校生まで複数の生徒を対象とし、ほぼ全ての教科の指導を行なっていました。生徒の学校が終了してから、より集中できる時間帯に1~3時間程度マンツーマンの指導を行います。隙間時間には他の生徒から送信されたメールの対応も行っていました。

応募したきっかけ

当時は大学生だったこともあり、自身の勉強の習慣化にも繋がるきっかけになることと、時給が高かったことが何よりの応募したきっかけです。

また、1日の拘束時間が短いことも魅力的で、自分の自由な時間が確保しやすいことも応募の理由になりました。

嬉しかったこと

生徒や、生徒のご家族としっかりとしたコミニュケーションを取ることによって、私自身への信頼を高め、生徒への好影響にも繋がるような、信頼の積み重ねを感じることがとても嬉しい出来事でした。

生徒の成績向上に繋がるように、多くの工夫を考え、実践していくことはとっても刺激的なことでした。失敗もありましたが、成功して成績が向上した時の嬉しさを一緒に共有できたことは、とても良い思い出でもあります。

また、アルバイトを辞めてからも生徒や親御さんと繋がりを持ち続けることができるのも、嬉しいことの1つですね。

思い出に残っていること

生徒はそれぞれに悩みを抱えている場合が多いです。それぞれの課題を解決して行くことはとても難しいことですが、それを1つでも多く克服していくことは客観的に見ていても嬉しい瞬間です。生徒の1つ1つの達成がすべて思い出に残っています。

目標としていた大学や高校に合格することは生徒にとっても私にとっても緊張や不安を乗り越えた歓喜の瞬間であり、最高の瞬間であることに間違いありません。

その中でも特に思い出に残っているのは、初めて受け持った生徒の高校受験のことです。合格発表の当日に連絡があり、彼にとっても私にとっても初めての合格を掴み取ることができ、抱き合って喜んだことは今でも鮮明に覚えています。

バイトを体験して

家庭教師という人と接する仕事をすることで、コミュニケーション能力や会話能力が向上したように思います。それも「人と関われば関わるほど向上する」ということを感じることができたのは、このバイトのおかげです。

編集者のコメント:

家庭教師のバイトをきっかけにコミュニケーション能力や会話能力が向上していったという体験者さん。勉強を教えることは生徒の人生にも左右することですから、人と人との付き合いが主になります。親身になって取り組むことで、自身への信頼を獲得するだけでなく、人間力もアップし、その後の人生でも役に立つことでしょう。

この体験談が参考になった方はクリック!

この体験談をシェアする