ぼくのわたしのバイト体験談    
掲載日:

コールセンターのバイト体験談!たくさんの友達ができました

166閲覧数
0評価数
コールセンターのバイトイメージ

仕事内容

自動車保険のCMや雑誌などを見て興味を持ったお客さまが電話をかけてきます。その電話を受けて保険の見積もりをしたり、契約の手続きをする仕事です。

自分からセールス電話をかけることはなく、電話がかかってきたら案内をする仕事なのでとても楽でした。ただ、保険についての質問にはしっかりと答えられる必要はあります。

基本的に仕事中はずっと座っています。パソコンを使っての仕事になるので、パソコンをある程度使えないと仕事をすることができません。パソコンを使って事務作業ができるレベルのスキルは必要だと思います。

応募のきっかけ

雑誌を見ていたら大量募集していたので、気になって応募しました。募集要項に書かれていた「パソコンを使えること」「人と会話をすること」は好きで、自分に向ていると思いました。

また、自分から電話をかけるのではなく、受けるだけなら楽そうですし、他のアルバイトに比べると高収入なのも魅力的だなと思い、応募しました。

楽しかったこと

同時にアルバイトを始めた人たちがたくさんいて、研修期間が二ヶ月ぐらいあったので、一気に友達ができました。仕事についての愚痴や相談などをしたり楽しく仕事をすることができましたね。

お客さまと電話をした時にすごくわかりやすかったとか、ありがとうなど感謝の気持ちを言われると、「この仕事をして良かったな」と思いました。

シフト制なので自分の都合の良い時間に仕事をすることができるし、一日に沢山の人と会話をするので、色々な人がいて楽しかったです。

思い出に残っていること

私のミスではないのですが、あるお客さまからすごく怒られたことがありました。その日はとても落ち込んでしまったのですが、職場で知り合った仲間や上司が励ましてくれるために、飲み会を開いてくれました。

今までこんなに大勢の人と仕事をしたことがなかったので、この仕事を通じてたくさんの仲間ができて良かったなと思いました。翌日からはスッキリした気持ちで仕事をすることができたのを覚えています。

時々すごくお客さまから怒られたり、嫌なことを言われることもあるのですが、経験を積むことでだんだん慣れてきました。

それよりも、嫌なことがあった時はみんなで飲み会をしたり、美味しいものを食べに行ったりして、すぐに忘れるようにしていました。

バイトを体験して

電話での応対が上手になったこと、パソコンの操作が早くなったこと、嫌なことを言われてもスルーできるようになったり打たれ強くなったことなど、バイトを経験して変わったように思います。

社会人になる前にコールセンターのアルバイトをすることで、とても勉強になりました。やって良かったと思います。

編集者のコメント:

コールセンターの仕事といえば、クレームが多くて大変なイメージがありましたが、体験者さんの職場は商品に興味があって電話をかけてくる人が多く、比較的クレームは少なかったとのこと。ただ、たとえクレームがあっても、仲間内でフォローし合える職場だと、元気を取り戻せますよね。友達もたくさんできたようで、良い職場だったようです。

この体験談が参考になった方はクリック!

この体験談をシェアする

関連する体験談