ぼくのわたしのバイト体験談    
掲載日:

ゲームショップでのバイト体験談!大好きなゲームに囲まれて働きました

183閲覧数
0評価数
ゲームショップのバイトイメージ

仕事内容

主にゲームを購入されるお客さまに対する、レジ業務をしていました。時々、掃除や品出しも行います。

また、ゲームの買い取り業務をすることもありました。私はゲームが好きで詳しかったので、アルバイトの立場でも任されていました。

暇な時はゲームをしていても良いというゆる~い環境でした。店長がおやつやお茶を出してくれたりもします。とてもアットホームな職場です。

個人経営の小さいお店だったので、そう混雑することもなく、ゆっくりと仕事をすることができました。

応募のきっかけ

ゲームが好きで、いつか自分のゲームショップを開くことが夢だったからです。

そしたら、まさに理想の雰囲気であるゲームショップがアルバイト募集しているのを店頭で見かけたため、その場でバイトしたいことを店員さんに伝えました。

楽しかったこと

とにかく大好きなゲームに囲まれた時間を過ごせるので、毎日楽しかったです。新作が入荷した時は子供の用にはしゃいでパッケージをなめまわすように見ていました。

ゲームを売りに来てくださったお客さまと「このゲーム、おもしろいですよね!」とゲームの話で盛り上がれるのもたまらなく幸せでした。

それほどバタバタした職場ではなかったので、のんびりとした時間が流れていて、とても居心地がよく、いつもアルバイトの時間が楽しみでした。

思い出に残っていること

私が大好きな某大手ゲーム会社のプランナーの方と、その会社のお偉いさんたちが多数来店した時のことです。

後々店長に話を聞くと、ゲーム会社で働いていた際仲良くしていた人たちだそうで、改めて店長はすごい人なんだと感じました。

ゲーム会社を辞めて十何年経っても、仲間たちが遊びに来てくれるなんて凄いです。店長は昔から優しく、人に好かれやすい人だったんだなぁと感じ、なんだか嬉しくなったことを覚えています。

それからも何度かゲーム業界の人たちが来店しましたし、そのたびにワクワクしました。

アルバイトを辞めてしまった今でも店長は私のことを笑顔で迎え入れてくれて、そのたびに店長の人の好さを感じます。

バイトを体験して

私はあまり人と接することが得意ではなく、小さい頃からゲームばかりしていた人間だったのですが、このバイトをして変われたと思います。

ゲームショップでゲームが好きな店長、ほかの店員、お客さんと話していくうちに、だんだん人と話すことに対する苦手意識がなくなってきました。

未だに初対面の人と話すときは緊張してしまいますが、それでも昔よりはしっかりと話せていると思います。

社会人になった今でもその経験は生きていますし、楽しい思い出だったので、あのゲームショップで働けてよかったなぁと思います。本当に楽しい職場でした。

編集者のコメント:

スタッフやお客さん含め、好みが一緒の人達が集まる職場ですから、コミュニケーションが苦手であっても、話をしやすいですよね。暇な時はゲームをしても良いというのも最高ですね。ゲームを楽しめるし、時間が経つのも早く感じるし、それでいてお金も貰えます。とても幸せなバイトをしたというのが体験談からも伝わってきます。

この体験談が参考になった方はクリック!

この体験談をシェアする