ぼくのわたしのバイト体験談    
掲載日:

エステティシャンのバイト体験談!ラジオ波でマッサージをしていました

131閲覧数
0評価数
エステティシャンのバイトイメージ

仕事内容

ラジオ波とハンドによるマッサージをします。マッサージ個所はボディとフェイシャルです。

ちなみにラジオ波とは電磁波の一種で、専用の機械を用いて人体に微弱の電流を流し、脂肪を燃焼させます。痩身効果があると言われています。

事前にお客さまにヒアリングをし、どんなところを重点的にトリートメントしたいかを聞きます。その後、紙パンツに着替えていただいてからまずはラジオ波からはじめます。

ラジオ波で身体を温めて柔らかくし、緊張をほぐせたところで、ハンドによるマッサージに移行します。

マッサージで使うタオルはその都度、洗濯機と乾燥機にかけます。仕事開始前に前日に洗濯したタオルなどを回収しまいます。

サロン内のお掃除などは主にオーナーがしていました。

応募のきっかけ

知人の紹介でエステの勉強をしに通ったのがきっかけです。

勉強していく中でトレーナーに「是非うちで仕事して欲しい」と言われ、オーナーへの施術テストで合格し、そのサロンでアルバイトをさせていただくことになりました。

楽しかったこと

ラジオ波でマッサージをする前と後とでは効果が違い、それを施術している私にも、施術されているお客さまにも目視で確認できるところがとても楽しかったです。

その上で、私のハンドマッサージでさらにリフトアップやヒップアップしたことを実感していただけるととても嬉しく思いました。

こういう仕事はどれだけ即効性があるか、お客さまが求める効果があるか、それでいて気持ちよくいられるかが求められるのですが、このサロンの手法は比較的それを実現しやすい環境でした。

思い出に残っていること

サロンの立地が良く、超高層高級マンション内にありました。とにかく眺めが良く、お客さまもスタッフも気持ちよく過ごし、とてもラグジュアリーな気分になれました。

このような場所でエステを受けると、通常のエステサロンより特別感があります。お客さまもそれを求めていらっしゃる方が多かったように思います。

仕事の研修中にトレーナーから「すごくセンスがいい!」と褒めてもらえたことが思い出に残っています。

どんな部分なのか私にはわからないのですが、教えていただいたことを実践するとどうやらうまくできていたようです。トレーナーの言葉や激励はとても自信になりました。

ただ、この仕事は自分がいくらできていてもお客さまが満足したかどうかが重要なので、毎回気を引き締めながら務めていました。

バイトを体験して

残念ながらそのサロンはほどなくして閉店してしまい、私がエステティシャンとして仕事をしたのはほんの短い期間となってしまいました。

しかし、ノルマに翻弄されることなく施術に専念できたということは、本当に大きな財産だと思っています。

編集者のコメント:

エステの勉強のため、エステサロンでバイトをした体験者さん。ノルマもなく、トレーナーから褒められることも多かったそうで、伸び伸びと働けていたと思います。自分の施術でお客さまに効果が現れ、満足していただけたらとても嬉しいし、達成感もありますよね。エステに興味がある人にはやりがいを感じられるバイトだと思いました。

この体験談が参考になった方はクリック!

この体験談をシェアする