面接・採用

バイトの面接でスーツを着ると浮く?迷った時の判断基準

バイトの面接でスーツを着ると浮く?迷った時の判断基準のイメージ

バイトの面接に行く時に、スーツを着て行くか私服にするかで悩んだことはないでしょうか?

 
ウサくん

やっぱりスーツは浮くかなぁ

正社員ならともかく、バイトの面接でスーツを着るのはおかしくないか?と心配になる気持ち、よくわかります。

しかし、スーツを着ていくと真面目な印象を与えるし、仕事なんだからきちんとした格好でいくべきではないか?と考えると、迷いますよね。

実は、バイトの面接でもスーツを着て行った方が良い場合とそうでない場合があります。

「他の参加者は私服なのに、自分だけスーツを着て恥ずかしくなった」という経験をしないためにも、スーツを着て行くべきか否かの判断基準を学んでおきましょう。

バイト先の職種で判断する

スーツで働く人と私服で働く人

面接に行くときに私服かスーツかで迷った時は、バイト先の職種(業種)で判断しましょう。

バイト先によって服装が変わるため、「絶対にスーツ(私服)」ということはありませんが、ある程度は職種で判断できる部分があります。

どんな職種ならスーツの方が良いか、または私服が良いのか見ていきましょう。

スーツの方が良い職種

面接でスーツを着た方が良い職種を判断する上でわかりやすいのが「スーツで勤務する仕事」です。

例えば会社内でデスクワークをしたり、塾で生徒を教える講師はスーツで勤務することが多いです。

金融や不動産関係の仕事もお客さんに信用してもらう必要があるため、スーツを着て仕事をしています。

ホテルや役所の仕事も堅いイメージがあるため、スーツの方が良いでしょう。

このようにスーツを着て働いている人が多い職場は、バイトの面接でもスーツを着て行ったほうが無難です。

スーツの方が良い職種、業種例)

塾講師、ホテル、金融、不動産、営業など

私服の方が良い職種

一方、面接で私服の方が良い職種もあります。

例えばコンビニやスーパーなど、日常生活でよく利用するお店は私服の方が良いでしょう。スーツを着ていっても雰囲気に合わないため、浮いてしまうかもしれません。

また、カラオケ店やカフェなど、若者が多い職場でも私服の方が無難です。アパレルショップは服装のセンスが問われるため、私服の方が良いでしょう。

工場やビルメンテナンスなど、汚れる機会が多い仕事は私服の方が良いです。同様に、イベント設営や建築作業員など、外で働くことが多い職場も私服の方が良いでしょう。

このようにバイト中の服装プラス働く環境で判断すれば、間違いはありません。

私服の方が良い職種、業種例)

コンビニ、ファミレス、カラオケ、アパレル、建築現場など

高級店はスーツの方が良い

高級店の食事風景

私服の方が良い職種・業界でも、ターゲットとする客層によってはスーツで面接を受けた方が良い場合もあります。

例えば飲食店は基本的に私服の方が良いのですが、料亭や高級レストランであれば、スーツを着て行った方が良いかもしれません。

高級店はラグジュアリーな雰囲気を作っているため、私服で行くとかえって浮いてしまいます。

美容業界、アパレル業界も同様です。どちらもカジュアルな印象はありますが、高級店はバイトでもドレスコードが求められます。

事前にバイト先を調べて、高級店だと思った時はスーツを着ていった方が良いでしょう。

高校生はスーツを着なくても大丈夫

私服でポーズを決めている女性

高校生は見た目も経験も若いため、雇用する側もフレッシュさを求めています。

堅い印象があるホテルやオフィス内のバイトであっても、スーツを求められることは少ないです。

高校生でスーツを持っている人は少数だし、高校生がスーツを着ると制服のような印象を与えるため、職場の雰囲気にも合わないです。

スーツを着なければいけないような仕事を任せることもないため、基本的に高校生であれば私服で面接に行っても構いません。

逆に社会人経験のある30代以上の人は、スーツを着たほうが良いかもしれません。

私服だと生活感が出すぎるため、「頼りない」「幼い」といった印象を与えるからです。

仮にコンビニやファミレスなど庶民的な店の面接にスーツを着て行ったとしても、年配者であればおかしくは見えません。

バイト先の環境にもよるため、一概に決めつけることはできませんが、高校生はスーツを着ないほうが良いでしょう。

夏はスーツを着なくても良い

スーツを脱いで歩く女性

スーツの方が良い職種でも、夏はスーツを着ない方が良い場合があります。

真夏にスーツを着ていると汗が気になるし、清潔感を損ないます。女性ならメイク落ちも心配になるでしょう。

正社員の面接なら真夏でもスーツを着るのが基本ですが、アルバイトの面接はその限りではありません。

クールビズも浸透してきているため、逆に着ないほうが好印象を与えられることもあります。

どうしてもスーツを着ていかなければ行けない時は、できるだけ薄手のジャケットにし、半袖シャツを着るなど清涼感のある格好をしましょう。

服装を間違ったら落とされる?

悩んでいるスーツを着た女性

いくら下調べをしても、服装選択を間違うことはあります。

私服の方が良いバイトでスーツを着て行ってしまったがために、周りから浮いてしまうこともあるでしょう。

従業員からジロジロ見られると、「服装を間違えたから不採用になる」と心配になりますよね。

しかし、服装選択を間違えたからと言って、必ず落とされるわけではありません。

面接官によっては「職場の雰囲気と合わない」「私服の方が良かった」と思う人もいるでしょうが、私服だけが理由で落とされることは少ないです。

奇抜な格好や汚れが目立つような服装をしていないかぎり、私服でもスーツでもそれほど気にされることはありません。

それよりも面接中の態度であったり、受け答えを見て採用・不採用を決めることがほとんどです。

服装を間違ったからと言って、過度に心配する必要はありません。

迷った時はきれいめカジュアルにする

きれいめカジュアルアイテム

いくつかスーツor私服のポイントをご紹介しましたが、それでも判断が難しい時があるでしょう。

例えばIT系は私服で働いている印象がありますが、お客さんと接することがある人はスーツを着ることも多いです。

そのため、単純に職種・業種だけで判断していると、服装選択に失敗してしまうかもしれません。

そこでおすすめなのが、“きれいめカジュアル”です。

きれいめカジュアルとは、上品な雰囲気とカジュアルな柔らかさを組み合わせたファッションです。

堅すぎず・緩すぎずなファッションであるため、プライベートからビジネスまで幅広く活用できます。

面接向けのコーディネート

男女ともに上着は白のカジュアルシャツ(ボタンがついているもの)で、黒のストレートパンツ(女性ならスカートも可)だと、無難な印象を与えることができます。

男性の靴はドライビングシューズやデッキシューズなど、革靴っぽく見える靴底のあるタイプが良いでしょう。

女性の靴はフラットシューズやヒールのないパンプスがおすすめです。ブーツやミュールは避けた方が良いです。

もし、スニーカーしか持っていない場合、できるだけ黒を選びましょう。足元は意外と見られているため、汚れが目立ちにくい色がおすすめです。

きれいめカジュアルと言ってもモデルさんが着ているようなおしゃれさを求める必要はありません。もっとも大切なのは“清潔感”です。

清潔感のあるきれいめな服装をしていれば、たとえスーツを着用する職場でも、面接で浮くということはないでしょう。

スーツで面接を受ける時の注意点

スーツで面接を受ける男性

スーツはただ着れば良いわけではありません。誤った着方をすることで、面接官に悪い印象を与えることもあります。

スーツを着る際にどんなことに注意すれば良いのか見ていきましょう。

おしゃれをしない

スーツを着ていくのはあくまで面接を受けるためです。誠実な印象を持ってほしいからスーツを着るのであり、格好良いから着るのではありません。

目立つからと言って派手な色のスーツを着たり、奇抜な柄のネクタイをつけるのは止めてください。

面接官の印象に残るかもしれませんが、仕事では必要ないため、マイナス評価を受けるでしょう。

また、おしゃれアイテムとしてポケットチーフやカフスボタンをすることもありますが、面接では不要です。あくまでシンプルな装いで臨みましょう。

スーツの状態を整える

シワになったスーツやヨレヨレのシャツを着て面接に行くのもNGです。「だらしない人」という印象を与えます。

ズボンの裾が長すぎたり、ボタンが取れかかったりしているのも見栄えが悪いです。

必ず面接を受ける前にスーツを点検し、必要であればクリーニングに出しましょう。

姿勢を正す

いくらスーツを着ても猫背で姿勢が悪いと頼りなく映ります。

特に姿勢の悪い若者がスーツを着ていると「スーツに着られている」ように見え、滑稽に感じられます。

スーツを着ている時はできるだけ背筋を伸ばすようにし、スマートに見えるように心がけましょう。

まとめ

面接にスーツを着ていくか迷った時は、まず「バイト先の職種」を見て判断しましょう。

スーツを着るイメージがあるなら着たほうが良いし、そうでない時は私服でも構いません。

 
ウサくん

飲食店のバイトなら私服の方が良さそうだね

もし、職種だけで判断できない時は、清潔感のあるきれいめカジュアルな服装をしましょう。

大手衣料品店で安く買えるため、好みのファッションではなくても、上下持っていれば面接の時に役立ちます。

良好な人間関係は第一印象で決まると言われています。第一印象を良くするためにも、面接を受ける際の服装には十分気をつけましょう。

今回のポイント

スーツか私服かで採用が決まるわけではありませんが、面接を受ける際のメンタルには影響を与えます。スーツを着て周りから浮いてしまうと面接中でも緊張したり、集中できなくなるかもしれません。普段からスーツを着慣れていない場合、無理してスーツを着ないほうが

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事