コミュニケーション
掲載日:

バイト先に忘れ物をしたらすぐ取りに行く?迷った時の考え方

バイト先に忘れ物をしたらすぐ取りに行く?迷った時の考え方のイメージ

バイト先に忘れ物をしたと気づいた時は、すぐ取りに行くか迷いますよね。

 
ウサくん

今から行ったら迷惑になるかなぁ

バイトが終わった直後ならすぐ取りに行けますが、家に帰った後に取りに行くのは気が引けますよね。

だからといって次のシフトまで間が空くし、休みの日に取りに行くのも何か言われそうで気になります。

早く取りに行かなきゃいけないと思うほど、行動にできない人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は、バイト先に忘れ物をした時はどうすれば良いかについて紹介します。

忘れ物をいつ・どうやって取りに行けば良いか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

貴重品を忘れたらすぐバイト先に連絡する

困った顔で電話をする女性

財布や指輪・アクセサリーなど、貴重品を忘れた時はすぐバイト先に連絡しましょう。

「次のシフトで取りに行けばいいや」と楽観的に考えていると、なくなってしまうかもしれません。

忘れ物がバイト先でなくなると、誰かが盗んだのではないかと疑ってしまうし、人間関係にもヒビが入ります。

貴重品の忘れ物をした時は、できるだけすぐバイト先まで連絡しましょう。

電話連絡する

忘れ物の連絡は電話が無難です。メールだと即効性がないし、LINEグループだとみんなに知られる可能性があります。

あなたが貴重品を忘れたという事実をみんなに知られるのは良くありません。電話で店長(または責任者)に伝えてください。

バイト先に電話をして店長以外の人が出た場合、店長に代わってもらいましょう。

「店長に伝えたいことがあるから代わってください」と言えばOKです。

店長が電話に出たら、どんな物を忘れたのかできるだけ詳しく説明してください。

「ロッカーに○○を忘れてしまいました。申し訳ありませんが、次の出勤日まで保管していただけないでしょうか?」とお願いしてください。

従業員の余計なトラブルを避けるためにも、しっかり保管してくれるでしょう。

いつ取りに行って良いか聞く

貴重品はできるだけ早く取りに行ったほうが良いです。電話をした時にいつ取りに行って良いか聞きましょう。

店長に保管してもらっているわけですから、店長がバイト先にいる時間帯を教えてくれます。

ただし、店長の都合によっては数日後になるかもしれません。財布の忘れ物だと今すぐ必要なので困ります。

店長の都合が悪い時は、代理の人(バイトリーダーなど)に預けてもらうことも検討しましょう。

貴重品を忘れたのはあなたの落ち度になるため、できるだけ店長やバイト先の都合に合わせて、すみやかに取りに行くようにしてください。

人に見られたくない物を忘れた時の対処法

手帳

手帳や恋人の写真など、人に見られたくない物を忘れた時は、安易に連絡することはできないと思います。

連絡をしたら何を忘れたのか聞かれるし、余計な詮索をされたら困ります。

そんな時は連絡をせずに直接バイト先まで取りに行きましょう。午前中や忙しくない時間帯に行けば迷惑になりません。

ただし、更衣室や控室に入る時は、誰かに声をかけてください。黙って入ると怪しまれます。

バイト先に入った時に「昨日、忘れ物をしたので取りに来ました」と伝えておけば、変に疑われることはありません。

長居はせずに忘れ物だけ取って帰れば、邪魔になることもないでしょう。

休みの日に忘れ物を取りに行く際の注意点

忘れ物を取りに行く女性

休みの日に忘れ物を取りに行く際は注意が必要です。

たとえ同僚とはいえ、シフトに入ってない人がバイト先でウロウロしていると迷惑になります。

「みんなが仕事しているのに遊びに来たのか!」と、怒る人もいるかもしれません。

また、人手不足なバイト先だと「暇なら働いていってよ」といわれ、無理やり出勤させられる恐れもあります。

あくまで忘れ物を取りに来ただけという立場を取るためにも、バイト先に到着したら「忘れ物を取りに来ました。すぐに帰ります」と伝えてください。

サッと入ってサッと出ればそれで済みます。くれぐれも雑談したり、ウロウロしないように注意しましょう。

バイト先に忘れ物をしない5つのルール

チェックリスト

バイト先に忘れ物をすると面倒なことが増えます。家から遠いと交通費がかかるし、休みの日に取りに行くと時間が潰れます。

今回のようにいつ忘れ物を取りに行くのか?連絡した方が良いのか?と悩む原因にもなります。

余計なストレスを抱えないためにも、自分の中でルールを作り、バイト先に忘れ物をしないようにしましょう。

持ち物リストを作る

忘れ物をしやすい人は持ち物リストを作りましょう。

制服、ネクタイ、帽子、鍵、書類など、バイトで使うものは様々あります。衣類だと使用後は家に持って帰って洗濯することもあるでしょう。

バイトで必要なもの・忘れては困るものをリスト化し、帰る前に確認するようにしてください。

持ち物リストはスマートフォンのアプリを使ったり、メモ帳に書いておくと便利です。

置き場所を決めておく

私物を適当な場所に置くと忘れ物をしやすくなります。必ず何をどこに置くか決めるようにしましょう。

自分のロッカーがあれば、全部ロッカーの中に入れるようにしてください。メガネやピアスなどアクセサリーも忘れやすいため、小物ケースに入れて保管しておきましょう。

傘やコートなど、ロッカーに入れられない物は、いつも置く場所(定位置)を決めておくと忘れにくいです。

時間に余裕を持つ

バイトが終わったらすぐに帰りたくなる気持ちもわかりますが、急いで帰ろうとすればどうしても忘れ物をしやすくなります。

バイト先から出る前に、一旦忘れ物がないか確認するようにしましょう。制服から私服に着替える際に、物を落とすことが多いので、注意してください。

時間に余裕を持って確認すれば、忘れ物をする確率はグッと下がります。

バイト仲間に伝えておく

忘れないように注意したつもりでも、どうしても忘れてしまうことがあります。そんな時はバイト仲間を頼りましょう。

「この前、傘を持って帰るのを忘れてしまった。また忘れるかもしれないから、帰る時に教えてくれない?」というように、お願いしておくのです。

普段から忘れ物をしやすい人間だと伝えておけば、バイト仲間が注意してくれるようになります。

余計な物は持っていかない

そもそもバイト先に無くしては困るような物は持っていかないようにしましょう。

バイト後に友達と遊ぶからといって、アクセサリーやゲーム機など仕事に関係ないものを持っていくと、忘れ物をしやすいです。

必然的に持っていくものを減らせば忘れ物をする可能性は減ります。

最低限必要な財布と携帯電話のみにし、できるだけ余計な物は持っていかないようにしてください。

まとめ

バイト先に忘れ物をした時は、連絡してから取りに行ったほうが良いのか?それとも連絡せずに取りに行っても良いのか悩みますよね。

基本的には連絡してから取りに行くようにし、休みの日に取りに行くときは時間帯に気をつけて行くようにしましょう。

 
ウサくん

あらかじめ連絡しておくと安心だね

また、いつ取りに行くか迷った時は、忘れ物がどれだけあなたにとって大切な物であるかで判断しましょう。

財布や指輪など貴重品であれば、すぐに取りに行ったほうが良いです。取りに行けない時は店長に連絡して保管してもらいましょう。

逆に、イヤフォンや文房具などちょっとした小物であれば、次の出勤日まで待っても良いでしょう。

忘れ物をすることが多い人は、持ち物リストを作ったり、置き場所を決めて忘れない工夫をしてください。

帰宅する前にしっかり確認しておけば、忘れ物をすることはなくなります。

今回のポイント

休みの日に忘れ物を取りに行くと、何か言われるかもしれません。そんな不安がある時は事前に連絡しておきましょう。いつ頃なら行っても良いか聞けば、文句を言われることはありません。また、友達や同僚に付き添ってもらうのもありです。そうすればこれから出勤しろと言われることもないでしょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事