ノウハウ
掲載日:

気まずい!バイトで知り合いに会いたくない時の解決策

気まずい!バイトで知り合いに会いたくない時の解決策のイメージ

バイトをしている時に、近所の人や同級生に会うと気まずいですよね。

 
ウサくん

知り合いには会いたくない…

別に悪いことをしているわけではないのに、働いている姿を知り合いに見られるのは嫌だという気持ち、わかります。

どうせバイトをするなら、同級生や知っている人がいない環境で働きたいですよね。

実は、バイト探しの時にいくつか気をつけることで、知り合いに遭遇することなく働くことができます。

仕事中に知り合いに声をかけられるのが嫌だという人は、どんな点に注意すれば良いのか見ていきましょう。

1)遠い場所で働く

一駅離れた町並み

自宅や学校から近い場所にあるバイト先だと知り合いに遭遇しやすくなります。

お客さんとして来店したり、バイトスタッフとして入社してくるかもしれません。

また、バイトをしていない時でも、学校帰りやプライベートな様子をバイト仲間に見られる可能性もあります。

どちらにしろ、近場で働くと恥ずかしい思いをするのは間違いないです。

知り合いに会いたくない人は自宅や学校から離れたバイト先で働きましょう。

ただし、あまりにも遠いと通勤に不便です。通うのが大変になり、長く続けられないかもしれません。

通いやすくするためにも、1駅ほど離れた場所がおすすめです。

2)接客以外のバイトをする

キッチンで調理をする女性

コンビニや飲食店など、接客があるバイトをすると知り合いに会いやすくなります。

バイト中に学校の同級生や先輩・後輩に会うと、何かと面倒です。

「まけてくれ(値引きしてくれ)」と言われたり、過剰なサービスを求められるかもしれません。

友達ならまだマシですが、少し知っている程度の人が現れた時は、どんな対応をしたら良いか困ります。

毎日、誰が来るかビクビクしながら仕事をするのは疲れるでしょう。気疲れをしないためにも、接客以外のバイトを選びましょう。

飲食店ならキッチン、スーパーなら品出しなど、接客があるバイトでも接客をしない仕事もあります。

3)早朝・深夜に働く

深夜のコンビニ

接客業でも早朝・深夜のバイトはお客さんが少なくなります。たとえ近所にあるお店で働いたとしても、知り合いに会う可能性は低くなるでしょう。

たとえば深夜のコンビニやスーパーは接客もありますが、それよりも掃除をしたり品出しをするなど、店を整える作業が多くなります。

レジでお客さんと接する機会は減るため、知り合いに会う可能性は減ります。

また、新聞配達や倉庫内作業であれば、接客そのものがないため、知り合いに会うこともありません。

早朝・深夜のバイトは時給が高いため、知り合いに会わずに稼ぎたい人にはおすすめです。

4)平日だけ働く

カレンダー

知り合いと会わないようにするためには、バイトをする時間帯だけでなく、曜日選びも大切です。

土日祝日は外出する人が多くなるため、必然的に知り合いと会う可能性も高まります。

友達がデートしている時にあなたのバイト先に訪れるかもしれません。想像しただけでも気まずいですよね。

一方、平日であれば土日祝日と比べて来客数は減ります。そのため、平日だけ働くようにすれば知り合いに会う可能性は減ります。

ただし、バイトで平日しか働けないというのは面接で不利になります。接客業だとなかなか受け入れてもらえないかもしれません。

平日だけ働きたい時は、会社の事務や病院の受付など、土日祝日は休みのバイト先を選ぶようにしましょう。

5)個人経営の店で働く

店の前に立つ店主

個人経営のお店はチェーン店と比べて客層が異なります。

チェーン店は若者や家族連れが多くなる一方、個人店は常連さんや中高年が多くなります。

ファミレスやファストフード店で働くと学校の同級生に会いやすくなりますが、定食屋や居酒屋などで働くと会う機会は少なくなるでしょう。

ただし、個人経営店だと近所に住む人がよく利用します。自宅近くにあるお店でバイトをすると、知り合いに会いやすくなります。

個人経営店で働く時も、自宅から遠くにある店や郊外にある店など、少し離れた場所にあるお店を選びましょう。

6)人通りが少ない店で働く

郊外の店

駅前やショッピングモールにあるお店は多くの人が往来します。

土日祝日になると利用する客が増えるため、知り合いに会う可能性が高まります。

仮に客として来なくても外から見られることもあります。

ショッピングモールに入っているお店は開放的な作りになっていることが多いため、通行人に見られやすいです。

一方、人通りの少ない郊外にあるお店だと、知り合いに会う機会は減ります。人があまり通らないため、あなたが働いていても気づかれにくいです。

郊外にある店は駅前の店と比べて時給は低くなりがちですが、知り合いに見られるリスクは減ります。

7)プチ変装して働く

帽子、メガネ、マスク

「どうしても接客業がしたい!人と接する仕事がしたい!」という人は、プチ変装できるバイト先で働きましょう。

変装といってもちょっと雰囲気を変える程度でOKです。

裸眼(またはコンタクトレンズ)からメガネに変え、長髪なら短く束ね、帽子を被っていると雰囲気が変わります。

新型コロナウィルスの影響でマスクをしながら働けるバイト先も増えてきました。

マスクをすると顔半分が隠れるため、あなただとバレる可能性はかなり低くなります。知り合いが来店しても見つからないでしょう。

ただし、やりすぎるのはよくないです。ウィッグを着けたり、濃いメイクをしていると、怪しい雰囲気に映るかもしれません。

あくまでバイト先のルールで許可されている範囲内の変装をしてください。

知り合いに会った時の対処法

カフェで働く女性

知り合いに会わないように工夫しても、絶対に会わない保証はありません。人前に出る仕事をしていれば、少なからず会う可能性はあります。

知り合いが来たらバックヤードに入ったり、トイレに駆け込むこともできますが、仕事に支障が出るため、おすすめしません。

あなたから話しかける必要はありませんが、目が合ったら軽く会釈をして、挨拶しましょう。

何か話しかけられても「仕事中だからすみません」と言えばOKです。そこからは普通に接客をすれば変に思われることはありません。

また、知り合いだからといって無理に対応する必要もありません。品出しや掃除をしている最中であれば、その作業に没頭しましょう。

見てみないフリをして、黙々と目の前の仕事に打ち込んでください。

そうすれば知り合いに気づかれても「真面目に仕事をしているんだな」と思われ、好印象を持たれます。

まとめ

バイトをしている時に知り合いに会うと気を使います。仕事モードの自分を見られるのも恥ずかしいですよね。

バイト中に余計な心配をしないためにも、バイト探しをする時は知り合いに会いにくいバイトを選びましょう。

 
ウサくん

自宅から離れたバイト先を探してみます

接客業だと知り合いに会う可能性が増えるので、接客以外のバイトをすることも視野に入れてください。

どうしても接客のあるバイトがしたい人は、働く時間帯や曜日を変えたり、個人経営のお店を選ぶなどして、知り合いに会う確率を減らしましょう。

また、バイト中は普段と見た目を変えていれば、知り合いに見つかりにくいです。プチ変装をしてイメージチェンジしましょう。

仮に万が一知り合いに会ったとしても、気にする必要はありません。普段通り働いていれば済みます。

知り合いでも特別扱いせずに、一人の客として接することで、何事もなく帰っていくでしょう。

今回のポイント

自宅から遠い場所にあるバイト先で働くと、面接の時に「どうしてうちにしたの?」と聞かれるかもしれません。そんな時は「以前利用した時に好感を持ちました」と伝えてください。そうすれば面接官も悪い気はしないし、それ以上詮索されることもありません。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事