面接・採用

バイトの面接に行かないのはあり?辞退したい時の断り方

バイトの面接に行かないのはあり?辞退したい時の断り方のイメージ

バイトの面接が決まっていても、どうしても行きたくない時がありますよね。

 
ウサくん

面接をキャンセルしたいなぁ

他に良いバイトを見つけたり、応募先の嫌な評判を聞いた時は、面接を辞退したくなる気持ち、よくわかります。

しかし、これから面接がある場合、当日にキャンセルしても良いのか?辞退したいと言ったら怒られないか心配になりますよね。

そこで今回は「バイトの面接を辞退したい時の断り方」をご紹介します。

どのようにして辞退すれば良いかわからないという人は、ぜひ参考にしてください。

辞退を決めたらすぐに連絡する

スマホを操作している女性

面接を辞退することが決まったら、すぐに応募先まで連絡してください。できるだけ面接日の前に連絡するのがマナーです。

辞退の連絡をする時は、応募方法と同じ手段を取りましょう。

求人サイトに登録して応募したのであれば、メールやサイト上にあるメッセージ機能から連絡してください。

面接のスケジュール管理機能があるサイトなら、面接予定日をキャンセルすることで、簡単に辞退することができるでしょう。

直接電話をして応募したのであれば、辞退を決めたその日に電話してください。

飲食店ならランチタイムやディナータイムを避け、午前中か昼過ぎ(14時~17時頃)に電話するのがベストです。

小売店なら平日はあまり混雑していないため、午後や夕方からでも良いでしょう。

遅くなればなるほど怒られる可能性も高まるため、辞退を決断した時はすぐに連絡してください。

当日辞退する時は電話する

電話している女性

面接当日まで辞退するか否か迷って、当日に決断することもあるでしょう。そんな時もできるだけすぐに連絡してください。

メールや求人サイト上から連絡するのは止めたほうが良いです。当日だと、担当者が連絡を見逃してしまう可能性があるからです。

確実に辞退の意向を伝えるためにも、応募先まで直接電話をかけて辞退を伝えてください。

当日に辞退の連絡をする時は、午前中がベストです。応募先の始業時間が10時であれば10時半~11時の間にかけると良いでしょう。

もし、担当者が不在であったとしても、電話に応対してくれた人に辞退の意向を伝えてください。担当者が戻ってくるまで待つ必要はありません。

当日の辞退は、面接時間に近づけば近づくほど迷惑がかかります。できるだけ早めに連絡するようにしましょう。

面接を辞退したい時の断り方

Sorry

面接を辞退したい理由は様々あると思います。

正直に言うと怒られたりしないか不安になるかもしれませんが、だからといって嘘を付いてはいけません。

適当な言い訳をして誤魔化すのではなく、正直に辞退したい理由を伝えた方が相手も納得してくれます。

そこで、どのような断り方をすれば良いのか見ていきましょう。

他で採用が決まったので辞退したい場合

他で採用が決まった時は、面接をしても働けなくなります。以下のトーク例を参考に、すぐ断りの連絡を入れてください。

電話のトーク例

○月○日の○時から面接をしていただくことになっていた、(あなたの名前)と申します。実は、他に応募していたところで採用が決まりましたので、今回の面接を辞退させていただければと思います。お忙しい中お時間をいただいたのに、誠に申し訳ありませんでした。

メール例文

件名:○月○日の面接辞退のお願い
本文:
(応募先の会社名)
採用担当者様

お世話になっております。(あなたの名前)と申します。

○月○日の○時から面接をしていただくことになっていたのですが、他で採用が決まってしまったため、今回の面接を辞退したく思います。

お忙しい中、面接の予定をしていただいたにも関わらず、このような形になってしまい、誠に申し訳ありません。

ご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

(あなたの名前)

なお、他で採用が決まったからと言って、具体的な会社名・店名を伝える必要はありません。

あくまで「他で採用が決まったから辞退したい」という理由を伝えるだけで大丈夫です。

学校や家庭の事情で辞退したい場合

一方、学校や家庭の事情で辞退したいこともあるでしょう。このような理由の場合、なかなか正直に話しにくいですよね。

個人的な事情を細かく話す必要はありません。以下のトーク例を参考に、シンプルに辞退を伝えてください。

電話のトーク例

○月○日の○時から面接をしていただくことになっていた、(あなたの名前)と申します。大変申し訳ありませんが、事情があってバイトをすることができなくなりました。そのため、面接の予定を辞退したく思います。勝手な都合で申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。

メール例文

件名:○月○日の面接辞退のお願い
本文:
(応募先の会社名)
採用担当者様

お世話になっております。(あなたの名前)と申します。

○月○日の○時から面接をしていただくことになっていましたが、一身上の都合により、面接を辞退したく思います。

お忙しい中、面接の予定をしていただいたにも関わらず、このような形になってしまい、誠に申し訳ありません。

私情によりご迷惑おかけしますが、何卒よろしくお願い致します。

(あなたの名前)

メールだと「一身上の都合により~」と説明することで、大体は納得してもらえます。

電話だとその場で対応するため「どうして?」と聞かれ、詳しい理由を追求されるかもしれません。

言えることであれば、正直に伝えた方が納得してもらいやすいです。学生なら「親に反対された」「学校の先生にバレた」でもいいでしょう。

そこまで言いたくないのであれば、「都合が悪くなりました」と伝えるだけでも構いません。相手が納得していなくても、丁寧に謝罪すれば諦めてもらえます。

その他の理由で辞退したい場合

特別な理由がなくても、なんとなく面接を辞退したいこともあるでしょう。

そんな時は正直に理由を説明する必要はありません。上記2つのうち、どちらか適当な理由を述べるようにしてください。

嘘も方便です。正直に理由を伝えても得しないばかりか、相手の怒りを買うこともあります。

特に理由なく辞退をすると、怒られたり説教される可能性があります。そのため、適当な理由を作って穏便に断るようにしてください。

紹介してもらったバイトの面接を断る方法

謝っている女性

友達や知り合いなど、誰かに紹介してもらったバイトであれば、辞退することを先に伝えておきましょう。

連絡せずに勝手に辞退すると、今後の人間関係にヒビが入る可能性があります。

余計なトラブルを招かないためにも、紹介してもらったバイトを断る時は、まず紹介者を通すようにしてください。

正直に辞退したい理由を伝えれば、きっとわかってくれるはずです。もしかしたら、紹介者の方から断ってくれるかもしれません。

なお、当日の辞退はできるだけ避けたほうが良いです。場合によっては紹介者も面接に同席する可能性があるからです。

当日、急に辞退したいと言われても応募先はもちろん、紹介者も困るし、恥をかかせてしまうことになります。

穏便に済ませるためにも辞退することを決めた時は、できるだけ早めに連絡しましょう。

面接のドタキャンは絶対にダメ

バツサインをする男性

辞退するのが面倒だからといって、面接をドタキャンするのは絶対に止めてください。無断キャンセルすることで、応募先に迷惑がかかります。

採用担当者はわざわざ時間を作って面接の準備をしています。もしかしたら、他の応募を断ってあなたを待っているかもしれません。

そんな中で勝手に無断キャンセルされると多大な迷惑がかかります。求人に要した時間やお金を損失するため、怒りを買ってもおかしくありません。

親切な人であれば、「何かあったのではないか?」と心配になり、電話をしてくることもあるでしょう。

その電話も無視するのはとても居心地が悪いですよね。「またかかってきたらどうしよう…」と心配にもなると思います。

不要なトラブルを避けるためにも、面接を辞退したい時は必ず連絡してください。

働く意思が無いことを正直に伝えれば、きっとわかってくれます。勇気を出して辞退を伝えてください。

面接を辞退して怒られても気にしない

電話で怒られている女性

まれに辞退の連絡をした時に怒られる(説教される)ことがあります。特に当日辞退すると怒られる可能性も高まります。

応募先はあなたを面接するために時間を作って段取りを組んでいます。急に辞退されたことで不快感を持たれても仕方ありません。

もし、辞退の連絡をした時に怒られても言い返したりせずに、素直に謝りましょう。あなたの都合で辞退するわけですから、相手の批判は真摯に受け取ってください

一通り怒られたらそれで済みます。次回から面接を辞退することが無いよう、計画的にバイト探しをすればいいだけです。

怒られた時は恥ずかしいやら悔しいやらで、複雑な感情が残るかもしれませんが、これも勉強です。気にする必要はありません。

まとめ

面接の辞退を決めても緊張してなかなか連絡できないと思います。

しかし、悩めば悩むほど時間が経ってしまうため、辞退することを決めたのであれば、すぐ応募先まで連絡してください。

 
ウサくん

すぐ連絡するのが大事なんだね

怒られるのを想像するとなかなか言いづらい気持ちはわかりますが、応募先の都合を考えると早いほうが良いです。

辞退を伝えるのは面接日前の方が良いですが、場合によっては面接当日に辞退したいこともあるでしょう。

当日に辞退する時は、必ず電話で連絡してください。メールだと担当者に見てもらえない可能性があります。

応募先に迷惑をかけるわけですから、自分の都合ではなく応募先の都合を考えて行動しましょう。

くれぐれもドタキャンして「面接に行かなかった」ということがないようにしてくださいね。

今回のポイント

辞退するのが面倒だから面接だけ受けるという人もいますが、働く気がないのに面接を受けてはいけません。もし、採用されることになったら、今度は採用の辞退で悩むことになります。あなたも応募先も無駄なやりとりをしないためにも、辞退を決めたら必ず事前に伝えましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事