面接・採用

バイトの履歴書をコピーして使うのは駄目?印象が悪くなる理由

バイトの履歴書をコピーして使うのは駄目?印象が悪くなる理由のイメージ

毎回履歴書を書くのが面倒だからといって、履歴書をコピー(使い回し)しようと思っていませんか?

 
ウサくん

履歴書のコピーは駄目なの?

わざわざ書き直すのは大変だし、用紙を買うのもお金がかかるため、コピーして安く済ませたいという気持ちはわかります。

しかし、履歴書をコピーして提出するのは印象が悪いです。やる気がないと思われ、不採用になることもあります。

どうして履歴書のコピーは駄目なのでしょうか?その理由を説明するとともに、どうすれば履歴書作成の手間を軽減できるかご紹介します。

履歴書の使い回しは印象が悪い

静止をする男性

履歴書を毎回手書きで書くのは面倒だからといって、以前の履歴書をコピーして使用するのは印象が悪いです。

履歴書は現時点での最新情報を伝える書類であり、使い回したものを提出するのは失礼にあたります。

また、不採用になったバイト先から返却された履歴書があるからといって、それを使い回しするのも駄目です。

志望動機や自己PRが他のバイト先と同じ内容になるし、「本当にここで働きたいと思っているのか?」と疑われてしまいます。

たとえ同じ業界の系列店に応募するとしても、志望動機や自己アピールが同じものを提出すると、手を抜いていると思われます。

もちろん、修正液で日付だけ書き換えたり、新しい用紙にコピーして使うのも駄目です。

履歴書が返却されたのは、もう一度使ってくださいという意味ではなく、個人情報保護によるためです。

返却された履歴書を使用するのではなく、新しく書き直しましょう。

印刷よりも手書きの方が好印象を得られる

履歴書を書く

バイトに限らず、履歴書は手書きのものを提出するのが一般的です。

手書きの履歴書からは個人情報や志望動機がわかるだけでなく、応募者の人となりを感じる事ができるからです。

きれいな文字で丁寧に書かれている履歴書は、真面目な人物であるという印象を受けます。

反対に字が汚かったり、乱雑に書いていると、いい加減な人物ではないか?と不安にさせてしまいます。

誤字・脱字が多いと、注意力がない・細かいことに気づけないような印象を与えることもあるでしょう。

手書きの履歴書はとても個性が出ます。読みやすいように工夫された履歴書は誠実さを感じるし、「この人と働きたい」と思ってくれるかもしれません。

履歴書を単なる個人情報用の資料だと思ってはいけません。

面接官が見ることを意識し、好印象を与えられるような履歴書を心がけましょう。

印刷した履歴書を受け付けるバイト先もある

プリンタ

手書きの履歴書の方が好印象を与えられますが、近年はパソコンで作った履歴書を受け付けるバイト先も多くなりました。

パソコンで作成した履歴書だと文字がわかりやすくなるし、フォーマットが統一していることで、管理しやすくなります。

パソコンで履歴書を作るためには、ある程度のパソコンスキルが必要であるため、パソコンを使うバイトであれば、スキルを見るという利点もあるでしょう。

そのため、外資系の企業やIT・Web業界ではパソコンで作った履歴書を受け付けることが多く、手書きではないからといって、マイナスになることはありません。

ただし、パソコンを使用する機会の少ない業界では、まだまだ手書きの履歴書が一般的です。

飲食業界や美容業界、社員年齢が高い企業など、手書きではない履歴書を持っていくと、印象が悪くなることもあります。

応募先がどのような社風か迷った時は、手書きの履歴書を持っていったほうが無難です。

パソコンで履歴書を作成する時の3つの注意点

パソコンとプリンタ

パソコンで作った履歴書でも受け付けてくれるからといって、ただ作れば良いというわけではありません。

作り方を間違えると、面接官に悪い印象を与えることもあります。

パソコンで履歴書を作成する時は、以下の3つに注意してください。

JIS規格のテンプレートを使う

ネットで検索すると、色んな履歴書用のテンプレート(雛形)が見つかります。

中にはオリジナル性の高い履歴書もありますが、そのようなテンプレートを使用すると印象が悪くなるかもしれません。

履歴書のテンプレートは、必ず「JIS規格」と呼ばれる標準的なもの使用してください。

JIS規格であれば全国的に共通化されたものであるため、無難です。どこの会社でも通用するでしょう。

いくらアピールしたいと言っても、履歴書で奇をてらう必要はありません。JIS規格以外の履歴書は使用しない方が良いです。

厚手の上質紙を使う

履歴書は見た目や質感も重要な判断材料になります。

普通紙(コピー用紙)で印刷したペラペラの履歴書を提出すると、質感が安っぽくなります。

そのため、履歴書を印刷する時は厚手の上質紙を使用してください。良い紙質の用紙を使えば、安っぽく感じません。

なお、自宅にプリンタがないからといって、コンビニで印刷するのは止めましょう。コンビニは普通紙であり、用紙の入れ替えができないからです。

用紙の持ち込みができるコワーキングスペースなどを利用してください。

純正のインクを使う

履歴書を印刷する時は純正のインクを使用しましょう。

百均などに詰め替えができる安いインク(互換インク)が売られていますが、純正ではないインクを使用すると、線がにじんだり、乾きが悪かったりすることがあります。

印刷した時点では綺麗に作成できたと思っても、カバンに入れてバイト先に行き、提出する時になって「汚れていた!」ということはよくあります。

純正のインクは値段が張りますが、良い履歴書を作るための先行投資だと思ってください。

履歴書のコピーが必要になる場合もある

複数の履歴書

手書き・パソコンに限らず、履歴書のコピーが必要になる場合もあります。

面接官が複数人いる場合、面接官それぞれに履歴書を渡すために、「コピーして持ってきてください」と言われることがあるからです。

コピーの指定がある場合、写真を貼った原本を完成させてから、必要枚数をコピーしてください。用紙の数だけ写真を貼る必要はありません。

ただし、コピーする時もペラペラの用紙で印刷してはいけません。普通紙で受け取った面接官は嫌な印象を抱くおそれがあります。

できるだけ原本と紙質に差が出ないようにして、安っぽく見えない厚手の用紙を使用してください。

なお、原本とコピーが必要だと言われても、最低3枚は印刷したほうが良いです。面接官の数が増える可能性があるし、足りないよりは多いほうが安心です。

たとえ使用しなかったとしても、自身の控え用として取っておくことができます。後から見直す時に役に立つため、次の面接に活かすことができるでしょう。

まとめ

コピーした履歴書を使用すると印象が悪くなります。面接官に「誠意がない」と思われ、不採用になる可能性が高いです。

特別な理由がない限り、履歴書の使い回しはしないようにしてください。

 
ウサくん

やっぱり手書きが無難だね

履歴書を書く時は緊張して間違いやすくなるものですが、ゆっくり落ち着いて書けばミスは減らせます。

どうしても履歴書を書くのが苦手だという人は、パソコンで作成した履歴書でも受け取ってもらえるバイト先を探しましょう。

なお、応募の際にどんな履歴書を持参すれば良いか聞くのは失礼ではありません。わからないことがあれば質問してください。

履歴書のコピーを使い回して不採用になることを考えれば、新しく用意した履歴書の方が熱意は伝わります。

手書き・パソコンに限らず、履歴書はあなた自身の事を伝える大切な資料になります。面倒くさがらずに作成しましょう。

今回のポイント

履歴書はただ自分の情報を伝えるだけではなく、「ここで働きたい!」という熱意を伝えるものでもあります。そのため、コピーした履歴書は印象が悪く、論外だと思われます。履歴書を見る人がどう感じるかを意識し、相手に好感を持たれるように作成しましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事