掲載日:

これで安心!バイトを円満に辞める方法

これで安心!バイトを円満に辞める方法のイメージ

勉強や部活で忙しくなったり、仕事内容が自分に合わなかったりなど、人それぞれバイトを辞める理由があります。

しかし、バイトを辞めたくなった時に正しく行動しないと、後々トラブルになる可能性があります。

 
ウサくん

揉めて辞めるのは嫌だなぁ・・・

どんな事情があるにせよ、今までお世話になった職場ですから、できるだけ円満に退職したいですよね。

そこで今回は誰でも円満に退職するために、「バイトを辞める方法・バイトの辞め方」についてご紹介します。

バイトを辞めたいと言うタイミングは?

バイトを辞めたくなったからといってすぐに辞められるわけではありません。タイミングを見計らって辞めないと、後々トラブルになる可能性があります。

辞める意思(退職願)を伝えるタイミングは、法律上、退職希望日の2週間前となっています。

民法第627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:民法第627条 - Wikibooks

ただし、会社によっては「1ヶ月前に願い出ること」など、雇用契約書に記されている場合があります。辞める意思を伝える前に、事前に確認しましょう。

なお、会社が規定より長く設定しているのは嫌がらせのためではありません。早期に辞められると業務に支障をきたす恐れがあるからです。

自分の都合だけで突然バイトを辞めたいと言うのは人としてもよくありません。よほどの事情がない限り、期間に余裕を持ったタイミングで退職の意思を伝えましょう。

バイトを辞める時は責任者に伝える

バイトを辞めたいと願い出る場合、基本的にはそのお店や会社の責任者(店長や社長)に伝えましょう。

コールセンターや工場作業員など、大量募集で採用されたバイトの場合、直属の上司か人事の担当者に伝えると良いでしょう。

バイトを辞めるか悩んでいることをバイト仲間に相談するのは良いですが、バイト仲間に言ってもらうのは駄目です。必ず自分の口で伝えるようにしてください。

バイトを辞めるときの伝え方

バイトを辞める時は必ず口頭で直接会って言いましょう。上手く言えないからといって、電話やメールなどで伝えると非常識だと思われてしまいます。

言った・言わない問題も起きやすく、あなたの退職意思を正しく汲み取ってもらえないかもしれません。確実に正しく伝えるためにも、直接会って伝えるのがベターです。

たとえ相手が忙しそうにしていても、休憩時など少し時間のありそうなときに「少しお話したいことがあるのですが」とタイミングを見計らって伝えてみてください。

伝える際は今までの感謝の気持ちと、突然退職願をして申し訳ないという気持ちで臨むと良いでしょう。

バイトを退職する理由を用意する

バイトを退職するためには理由を用意しておく必要があります。「ただなんとなく辞めたい」では、受け入れてもらえませんし、叱られる可能性があります。

また、明確な理由がないと「今度改善するから」といって辞めるのを引き止められたり、はぐらかされる可能性があります。

誰が聞いても「それならバイトを辞めても仕方ない」と思えるような理由を用意しておきましょう。

それではよくあるバイトの退職理由についてご紹介します。

よくある退職理由(1)勉強

「学校の勉強が疎かになっている」「大学受験が控えている」「資格の勉強をする必要がある」など、勉強を理由にすることがあります。

特に高校生・大学生は勉強がメインですので、勉強を理由に退職願をしても引き止められることは少ないでしょう。

よくある退職理由(2)部活動

「部活動やサークル活動が忙しくなったから辞めたい」というのもよくある理由のひとつです。

試合や発表会が控えていたり、練習があるから不定期でシフトが組めないなど、部活動の忙しさをアピールすることで、無理な引き止めを避けることができます。

ただし、普段から「部活を頑張っている」ことを話しておく必要はあります。面接でも勤務中でも何も言っていないのに、ある日突然「部活が忙しいから辞めたい」といっても信用してもらえません。

よくある退職理由(3)家庭の事情

少し曖昧な表現ではありますが、「家庭の事情で辞める」ということもあります。たとえば家族で引っ越しをする場合、バイトを辞めざるを得ないでしょう。

その他、実家が自営業で家の手伝いをしなくてはいけなくなったり、両親からバイトを反対されているなどの事情で辞めることもあるでしょう。

家族にはそれぞれ事情がありますから、詮索されたくないものです。特別な家庭の事情がある場合も、上記のように「親が反対してるから」などと上手くはぐらかすと良いでしょう。

バイトを退職する前に確認しておくこと

バイトを退職する前には、必ずあなたが辞めても不備がないか、あとからみんなが困らないかを確認するようにしましょう。

最終の出勤日までに滞りなく仕事の引き継ぎが行えるように準備し、書類関係の手続きも行いましょう。名札や制服を返却しなければいけない場合、その準備もしましょう。

他のバイト仲間や仲の良いお客さん(常連さん)にもできるだけ自分の口から伝えるようにしましょう。

感謝の気持ちを伝えておくことで、街でばったり会ったときも、良い関係を維持したまま挨拶できるようになります。

すべて準備万端にしておくことで、スムーズに辞められるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。バイトを円満に辞めるための言い方やタイミング、辞める理由についてご紹介しました。

 
ウサくん

バイトを辞める時もしっかり準備しておくことが大切なんだね

バイトを円満に辞めるためには、今までお世話になったお店や仲間にできるだけ迷惑がかからないようにしましょう。“飛ぶ鳥跡を濁さず”の気持ちが大切です。

めんどくさいと思わずに、きっちりと手順を踏んで行いましょう。そうすることで、あなたも気持ちよく退職できるようになり、次にバイトするときも前向きに頑張れるでしょう。

今回のポイント

バイトを辞める時もマナーは必要です。人間同士ですから、いい加減な辞め方をするのではなく、お店やバイト仲間に失礼のないようにしましょう。円満に辞めることができれば、あなたの印象も良くなるし、今後にもつながりますよ。

この記事をシェアする