応募

修正したらダメ?バイトの履歴書を書き間違えた時の対処法

修正したらダメ?バイトの履歴書を書き間違えた時の対処法のイメージ

バイトの履歴書を書いている時に、後から間違いに気づくことがあります。

 
ウサくん

修正したらダメかなぁ?

せっかく書いたんだから、書き直さずに修正したいという気持ちわかります。

少しのミスなら修正液やテープを使ってもバレないんじゃないか?と思いますよね。

しかし、履歴書を修正して提出するのはよくありません。マナー違反だと思われ、採用に響きます。

どうして履歴書を修正するのはいけないのでしょうか?その理由を解説するとともに、間違えた時の対処法をご紹介します。

基本的に履歴書は修正しない

NGを書く人

正式な書類は改ざんを防ぐため、修正液や修正テープを使用しないのが一般的です。

履歴書もバイト先に提出する正式な書類であるため、基本的には修正しないようにしてください。

また、修正した履歴書は見た目が悪いです。修正箇所だけ用紙の色が変わるため、明らかに「直した」と気づかれます。

面接官によっては「いい加減な性格をしている」「こんな履歴書を提出して馬鹿にしているのか!」と思う人もいます。

働きたいという意欲が低いと見なされることもあるため、注意してください。

消せるボールペンを使うのもNG

ボールペンと消しゴム

特殊なインクが使用された「消せるボールペン」というものがあります。

消せるボールペンを使えば書いた文字を消せるため、履歴書を書く時に使おうと考えるかもしれませんが、それもNGです。

書いた文字が簡単に消せるということは、簡単に改ざんできるということになります。履歴書のような正式な書類には使えません。

また、消せるボールペンのインクは摩擦や熱で消えやすいため、保管状況によってはにじんだり、かすれる可能性があります。

面接で履歴書を渡したらインクが薄くなって読み取れなくなった、という事態は避けたいですよね。

間違った時に修正できなくても、履歴書を書く時は必ず消えにくい黒のボールペンを使用してください。

どうしても修正する時は二重線&訂正印

面接の直前で間違いに気づいたり、書き直す時間がない時もあるでしょう。

そんな時は間違えた箇所に二重線を引き、訂正印を押してください。そして余白に正しい内容を記入すればOKです。

この修正方法であれば、履歴書のような正式な書類でも認められています。

※訂正印とは、一般的によく使用される認め印より一回り小さい印鑑になります。無ければ認印でも代用可能です。

ただし、訂正する時は一箇所のみにしてください。複数箇所を間違った際は、書き直した方が無難です。

また、この方法を使って修正しても見栄えは良くないです。正しい修正方法ではあるものの、印象は良くないので注意してください。

郵送後に間違いに気づいた時の対処法

履歴書と封筒

バイト先によっては、履歴書を先に郵送するように言われることがあります。

郵送した後に履歴書の書き間違いに気づいた時は、どうすればいいのでしょうか?

まず、バイト先の採用担当者に連絡してください。

「履歴書を書き間違えたのですが、どうすれば良いでしょうか?」と、電話やメールで聞きましょう。

誤字脱字程度であれば問題視されませんが、住所や電話番号を間違えたり、職歴を間違うと書き直すように言われるかもしれません。

書き直しの指示があれば、ただちに新しい履歴書を作成して郵送してください。

履歴書の再提出が間に合わないのであれば、面接時に新しい履歴書を持っていきましょう。

面接で書き間違いがあったことを謝罪し、新しい履歴書を提出してください。

面接直前に間違いに気づいた時の対処法

驚く女性

さぁこれから面接だ、という時に限って履歴書の書き間違いに気づくものです。

間違いがあるとわかった時は、パニックになって面接に集中できなくなるでしょう。

面接直前だと修正する時間は無いです。修正を諦め、履歴書を渡す際に「○○の部分を書き間違えました」と言って謝罪してください。

誤字脱字程度なら言わなくてもバレないかもしれませんが、自分で気づいたのであれば言ったほうが良いです。

むしろ、言わずに後から面接官に気づかれる方が問題です。いい加減な人だと思われるでしょう。

履歴書に間違いがあった時は、正直に「間違いがある」ということを伝え、その場で謝罪してください。

そうすれば大目に見てもらえるし、「素直な人物」だとして受け取ってもらえるでしょう。

履歴書を書き間違えないようにする対処法

ノートとペン

履歴書を書くのに慣れていない人は、内容を考えながら書いたり、書くスペースが無くなったりしがちです。

「丁寧に書こう・間違えないようにしよう」と思えば思うほど、焦って失敗することになるでしょう。

そこで履歴書を書き間違えないようにするには、どうすれば良いのでしょうか?対処法をご紹介します。

下書きをする

履歴書を書くのが苦手な人は、一度下書きをしてから書くことをオススメします。

鉛筆で薄く下書きをしてから、ボールペンでなぞってください。この方法なら間違えても消しゴムで消せるため、失敗しません。

ただし、消しゴムを使う時に紙がよれたり、上手く消えずに汚れる可能性があります。跡が残らないように薄めの鉛筆を使って書きましょう。

また、別の紙に下書きをしてから、本番用の履歴書を書く方法もあります。

メモ用紙でも良いし、文字の大きさやスペースの配分を確認したいのであれば、履歴書の用紙を使っても良いでしょう。

一通り書いたら読み直し、間違いがないか・誤字脱字がないかを確認してください。

それから本番の用紙に記入していくと、書き間違いを防止することができます。

パソコンで作成する

履歴書の書き方に指定がないのであれば、パソコンで作成しましょう。

パソコンなら間違えてもすぐに修正できるし、手間にはなりません。

むしろパソコンで履歴書を作成したほうが文字も見やすくなり、わかりやすいです。

ITのスキルがあると判断されることもあるため、バイト先によっては歓迎されるでしょう。

親にチェックしてもらう

自分では完璧に書けたと思っても、第三者が見ればそうでもないということはあります。

特に言葉の言い回しや誤字脱字は自分では気づきにくいです。人から指摘されて初めて気づくこともあります。

履歴書を提出した後に、誤字脱字や間違いを指摘されたら恥ずかしいですよね。

面接で恥をかかないためにも、履歴書を作成したら親や家族にチェックしてもらいましょう。そうすれば見落としは減ります。

履歴書は書き直すのがベスト

履歴書を書く人

履歴書の修正方法や書き間違いを防止する方法をご紹介しましたが、なんと言っても一番良いのは書き直すことです。

修正した履歴書はどうしても見た目が悪くなるため、面接官に良い印象を持たれません。

履歴書が原因で不採用にならないためにも、書き間違えた時は修正するのではなく、書き直した方が無難です。

履歴書を書く時は、時間に余裕がある時にしてください。時間がない時に書くと、書き間違えたり雑な字になりがちです。

また、失敗した時のために用紙は複数用意しておきましょう。たとえ間違えてもすぐ書き直そうという気になるし、買いに行かなくても良くなります。

授業のノートを取る時と同じで、履歴書も書けば書くほど慣れてきます。

一回で成功させようとは思わずに、「失敗してもいいや」という気持ちで取り組んでください。

まとめ

履歴書を書き間違えることはよくありますが、修正してそのまま使用すると印象が悪くなります。

できるだけ新しく書き直し、丁寧に仕上げた履歴書で面接に臨むようにしてください。

 
ウサくん

やっぱり修正しないほうが良いんだね

修正液や修正テープを使うと簡単に修正できますが、見た目が変わり、汚らしくなります。

消せるボールペンは簡単に改ざんできるようになるため、正式な書類には不向きです。

時間がなくてどうしても修正する必要がある時は、間違えた箇所に二重線を引き、訂正印を押してから、余白に正しい内容を書きましょう。

面接の直前に間違ったことに気づくこともありますが、そんな時はごまかすのではなく、正直に伝えて謝罪してください。

履歴書ひとつで合否に影響を与えることがあります。誰に見られても恥ずかしくないように、間違いのない履歴書を作成してください。

今回のポイント

どれだけ丁寧に書いても、修正した履歴書だと常識がないと思われます。履歴書を書き直すのは面倒で手間がかかりますが、できるだけ新しく書き直してください。間違いがない履歴書が用意できれば、少なくとも履歴書が原因で不採用になることはありません。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事