面接・採用

バイトで平日のみは受からない?落ちる理由と受かるコツ

バイトで平日のみは受からない?落ちる理由と受かるコツのイメージ

バイトの面接に行くと「土日出勤できますよね?」と聞かれることが多いです。

しかし、土日は習い事や趣味の活動などで休みたい人もいるでしょう。

 
ウサくん

平日のみだと受からないかな?

バイトで平日のみは受からないのではないか?と心配になる気持ち、わかります。

できることならバイトは平日のみにして、土日はプライベートのことがしたいですよね。

実際のところ土日働ける人の方が有利ですが、平日のみでも受からないわけではありません。

そこで今回は、なぜ平日のみだと落とされやすいかを解説するとともに、平日のみでも受かるコツをご紹介します。

接客業は土日に働ける人を求めている

料理を運ぶアルバイト女性

飲食店やスーパーなど、接客がある仕事は基本的に土日働ける人を求めます。

土日(および祝日)はお客さんの来店が増えるため、人手が足りなくなるからです。

接客業が出す求人には「土日に入れる人歓迎」「土日のみOK」と書かれている事が多いです。

何も書かれていなくても土日に働ける人を優先的に採用するため、平日しか働けない人は不利です。

そのため、接客がある仕事や土日に営業している職種は、平日のみだと受からないといっても過言ではないです。

接客業に応募する時は、土日勤務を求められることを前提にしておきましょう。

平日のみOKはウソ?求人の落とし穴

パソコンを見て不安そうな女性

接客業でも「平日のみOK」とアピールされている求人があります。

平日のみOKと書かれているのであれば、平日しか働けなくても大丈夫だと思いますよね。

しかし、平日のみOKと書かれていても、面接では「土日も入れる人が良い」と言われることがあります。

平日のみOKなのはあくまで隔週であり、絶対に平日しか働けない人を求めているわけではありません。

そのため、平日のみで契約しても土日に入ってほしいと言われたり、休日出勤を要請されることがあります。

また、悪意がなくても先に面接した人が平日希望で、採用枠が埋まってしまったということもあるでしょう。

求人情報に「平日のみOK」と書かれていても、できるだけ応募する時に確認してください。

受かりたくても面接で嘘はつかない

口を手で覆っている女性

どうしても受かりたいからといって、本当は平日しか働けないのに土日も入れると嘘をついてはいけません。

土日入れると言えば採用される確率は上がりますが、後で必ずトラブルになります。

シフト提出の際にいつも土日を休みにしていると、不信に思われます。

「面接では土日に入れると言っていたのに、嘘ついた?」と思われ、あなたの評価が低くなってしまうでしょう。

採用後に土日出勤を拒否し続けることで、店長に苦言を言われたり、バイト先に居づらくなるかもしれません。

受かりたくても面接では嘘をつかずに、正直に「平日しか働けない」と伝えてください。

土日の出勤が無理なら最初から断る

頭を下げている女性

平日しか出勤できない人も、場合によっては土日に入れることもあるでしょう。

趣味やサークル活動が理由なら都合がつけやすいし、習い事や学校に行ってる人なら休みの日もあります。

そのため、面接で土日出勤できないかと聞かれた時に「たまになら…」と答えてしまうかもしれません。

しかし、この「たまに」が誤解される原因になります。

人によって「たまに」の基準が異なるため、月1回が2回、3回へとなっていくからです。

1度受け入れたら最後、「この人は土日も働ける人だ」と思われ、何度もお願いされることになるでしょう。

本当に平日のみ・土日は働けないのであれば、最初から「絶対に平日しか働けない」ということを伝えてください。

そうすれば面接官に余計な期待をされることなく、判断してもらえるでしょう。

受かりやすい時期に応募する

3月のカレンダー筆記用具

実はバイトには「受かりやすい時期」というものがあります。

例えば、春先(3月・4月)は就職や進学、転勤などで辞める人が多くなります。

この時期は求人が増える傾向にあるため、平日のみという条件でも受かりやすいです。

また、夏休みがある8月や年末年始のように、忙しくなる時期も受かりやすいです。

人手不足になりやすいため、「平日のみでも良いから働いて欲しい」と思われるからです。

職種によって受かりやすい・受かりにくいの時期は異なりますが、人手不足になる時期は求人サイトでの求人数も増えてくるため、チェックするようにしてください。

平日のみでも受かりやすいバイトの特徴

ガッツポーズをする女性

平日のみだと受かりづらい一方で、平日のみでも受かる・働けるバイト先もあります。

どんなバイト先であれば受かりやすいのかご紹介します。

土日が休み

事務や受付、コールセンターのバイトは土日が休みのことが多く、平日のみでも受かりやすいです。

会社であれば土日祝日は休業しているし、病院だと土曜日は午前中まで・日曜は休診なところが多いです。

また、飲食店でも個人経営なら週末が定休日のお店もあります。

どうしても平日しか働けないのであれば、平日しか営業していないバイト先を選びましょう。

そうすれば採用後も土日出勤は求められないため、シフトで困ることはないでしょう。

人数が多い

ファミレスやファーストフード店など、人数が多いバイト先はシフトの都合がつきやすいです。

人数が多いバイト先だと誰かが休んでも代わりの人が見つかりやすいため、比較的自由なシフトを組むことができます。

平日だけ、特定の曜日だけ、週1日だけなど、限られた条件でも受け入れてもらいやすいです。

そのため、「土日は用事があるから平日のみ勤務したい」という理由でも落とされることは少ないです。

主婦が多い

スーパーや飲食店など、主婦が多いバイト先は平日のみでも受け入れてくれることがあります。

平日は子供が学校に行っているため働く時間がありますが、土日は学校が休みであるため忙しいからです。

主婦が多い職場だと家庭の事情を考慮して採用活動を行っているため、応募者が平日のみを希望しても落とされることは少ないです。

ただし、バイト先によっては「平日は主婦のみ、土日は学生」と分けていることもあります。あなたが学生であれば、注意してください。

経験者を優遇

バイトでも経験者は有利です。特に医療や介護の資格を持っている人は少ないため、なかなか獲得できません。

そのため、経験者だとシフトの希望が通りやすいです。平日のみでも融通してくれるため、落とされることはありません。

また、バイト先と関係する専門学校に通っている人も、経験者と同等に見てもらえることがあります。

例えば、土日に料理の専門学校に通っているのであれば、平日のキッチンバイトで勉強の成果を披露しやすいし、覚えも早いです。

バイト先としてもメリットがあるため、平日のみでも採用してもらえます。

時給が低い

時給が低いバイト先は応募者が少ないです。求職者には不人気であるため、なかなか応募してもらえません。

そんな不人気求人に応募すると、シフト面で優遇してくれることがあります。

人がいないと経営に支障が出るため、時給以外の要求には応えてくれやすく、平日のみでも受かることがあります。

ただし、中には従業員に過酷な労働を強いるブラックバイトもあります。

不人気求人に応募する時は、仕事内容や条件を確認し、怪しい点がないか注意してください。

まとめ

接客業は土日が忙しくなるため、平日のみを希望する人は受かりづらいです。

そのことを前提に入れてバイト先を選び、面接対策をしてください。

 
ウサくん

平日のみでも受かるバイトはあるんだね

バイト探しをする時は、土日休みや人数が多いバイト先を選ぶと、平日のみでも受かりやすいです。

また、3月・4月や忙しい年末年始など、人手不足になりやすい時期に応募すると、平日のみという条件でも受け入れてもらえることがあります。

ただし、「平日のみOK」とアピールされている求人でも、土日入れる人を期待している場合があります。求人情報を鵜呑みにせずに、応募する時に確認してください。

どうしても平日しか働けないのであれば、面接では嘘をつかずに正直に希望を伝えましょう。

平日のみだと受かりづらいのは確かですが、条件やタイミングによっては希望が通ることもあります。

あなたの希望を受け入れてくれるバイト先は必ずあります。諦めないで探してみましょう。

今回のポイント

平日のみという条件は、雇用主からすると厳しい条件になります。あなたを雇うメリットがないとなかなか受け入れてもらえません。そこで、平日のみでも長時間働けるとか月~金まで働けるなど、アピールポイントを用意しておきましょう。そうすれば受かりやすくなります。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事