面接・採用

なぜ?バイトの面接で「不採用は連絡しない」と言われる理由

なぜ?バイトの面接で「不採用は連絡しない」と言われる理由のイメージ

バイトの面接を受けた時に、「不採用の場合は連絡しません」と言われたことはないでしょうか?

 
ウサくん

これって不採用になるサイン?

わざわざ不採用について言われたということは、落とされるのではないか?と心配になる気持ちわかります。

合格なら言わないはずだし、どこが悪かったのかと落ち込みますよね。

実は、面接官が「不採用の場合は連絡しません」と言うのには理由があります。

面接後にこのように言われたからといって、不採用が確定したわけではありません。

そこで今回は「バイトの面接で『不採用の場合は連絡しません』と言われる理由」について解説します。

不採用になるのではないかと心配な人は、どんな理由があるか見ていきましょう。

不採用は連絡しないと言われる理由

面接をする男性

バイトの面接が終わった時に、「不採用の場合は連絡しません」と言われることがあります。

このような言い方をされると、不採用になる確率が高いのではないか?と心配しますよね。

しかし、結論から言って選考に関係ありません

「不採用の場合は連絡しません」と言われても採用されることはあるし、必ず不採用になるわけではないからです。

不採用時に連絡しないのは、大きく分けて次のような理由があります。

ルールに従っている

「不採用の場合は連絡しません」と言うのは、会社のルールに従っているだけであり、基本的にはどの応募者にも言っています。

人事で定められたルールやマニュアルに則って行動しているだけであり、それ以上でもそれ以下でもありません。

あくまで形式的に不採用になる可能性を伝えているにすぎず、不採用のサインやフラグには当たらないため、気にしなくても良いでしょう。

経費削減がしたい

電話にしろ、メールにしろ、不採用の連絡をするには手間暇がかかります。

会社としては採用担当者の人件費が気になるところであり、余計な仕事をさせたくありません。

ドライな会社なら、「不採用者のためにお金を使いたくない」という考え方をするところもあります。

そのため、経費削減目的で「不採用の場合は連絡しない」ということにしているのです。

応募者が多い

有名企業や人気があるバイト先だと、1回の求人に応募者が殺到します。

1人の採用枠に数十人が応募してくるということも少なくありません。

すべての人に不採用の連絡をするのは大変であるため、「不採用の場合は連絡しない」ということにしているのです。

秘密保持のため

不採用の連絡をした時に、応募者から不採用の理由を聞かれる可能性があります。

しかし、選考基準は企業秘密にあたるため、安易に教えるわけにはいきません。

そこで、あらかじめ「不採用の場合は連絡しません」と伝え、理由を聞かれなくしているのです。

トラブルを回避したい

まれに不採用の連絡をした時に、しつこく食い下がってきたり、悪態をつく応募者がいます。

「採用されると思って他のバイトを断ったのに、どうしてくれる!」と逆恨みされても困ります。

過去に応募者とトラブルがあった会社ほど、不採用の対応に頭を悩ませています。

トラブルを未然に防ぐために、「不採用の場合は連絡しません」としているのです。

不採用だと連絡しないのは違法ではない

開いた本の上に手を置くビジネスマン

不採用だと連絡しないというのは、違法行為に当たると考える人がいるかも知れません。

しかし、不採用通知をしないことが違法に当たることはありません。

面接したからといって、必ず連絡しなければいけない義務はないし、そのような法律もありません。

雇う・雇わないは雇用主の自由であり、連絡する・しないも自由に決められます。

そのため、不採用だと連絡しないというルールを決めている会社は多いです。

応募者としては、「不採用なら連絡しないのは失礼だ」と思うかもしれませんが、このように伝えてくるからと言って、不誠実であるとは限りません。

むしろ、「不採用の場合は連絡しません」と事前に通告している分、正直であるとも言えます。

採用基準や連絡方法はそれぞれの会社・雇用主によって異なります。

「不採用だと連絡してもらえない」ということは、あり得ることだと認識しておきましょう。

不採用で連絡しないのはブラック会社?

はてなマークを浮かべる女性

応募者の立場としては、不採用でも応募した人物に対して連絡するのが、マナーだと思うでしょう。

最低限の礼儀すらしないような会社は、ブラック会社だから働かない方が良いと思うかもしれません。

しかし、応募者を大事にしてないから連絡しないのではなく、申し訳ないという気持ちから言っている場合があります。

どんなに良い人物でも採用人数に限りがあるため、必ず採用できるとは限りません。

中には面接が上手く行ったから、採用されると確信している人もいるでしょう。

そのような人に対して、「誠に残念ながら、採用を見送らせていただきます」と伝えるのは心苦しいです。

そのため、「あなたが悪いわけではないので、気にしないでください」という意味で、不採用なら連絡しないと伝えているのです。

連絡しますと言ったのに何日も連絡して来ないのは問題ですが、事前に通告されたのであれば、いい加減なブラック会社だとは言えません。

実際に不採用のサインになることもある

バツサインをする男性

面接官が「不採用の場合は連絡しません」と言うのは、主に会社のルールに則っているからです。

形式的に言っている発言ではありますが、本当に不採用にしたいから言ってくる場合もあります。

例えば、応募者が面接に遅刻してきたり、身だしなみに問題があったり、質問してもはっきりと答えなかったりするケースです。

このような人物は「不採用にしたい」と思われるため、今後のやり取りを拒否されてしまいます。

しかし、その場で「不採用です」と言えば角が立つため、「不採用の場合は連絡しません」と言って、誤魔化すのです。

連絡をしなければ不採用を通告していることと同義であるため、時間を無駄にすることはなく、トラブルも回避することができます。

もし、あなたが面接で失礼な態度を取ったという自覚があるのであれば、不採用のサインと認識しても構わないでしょう。

反対に、失礼な態度をとっておらず、面接もそこそこ盛り上がったというのであれば、気にする必要はありません。

不採用でも連絡がほしい時は交渉する

面接官に質問する女性

「不採用の場合は連絡しません」と言われたら、今後の見通しが立ちづらいです。

待ってる間はソワソワするし、他のバイトに応募するのもためらってしまうのではないでしょうか。

もし、不採用でも連絡してほしいと思うのであれば、次のように交渉してください。

生活費を理由にする場合

家賃を払うためにすぐ働けるところを探しています。不採用なら別のところを探したいので、お手数ですがご連絡いただけないでしょうか?

日程を理由にする場合

学校が休みの間だけ働きたいと思っています。採用結果がわからないと働ける期間が短くなるため、ご連絡いただけないでしょうか?

このようにお願いしても連絡してもらえるかはわかりませんが、相応の理由があれば配慮してくれるかもしれません。

また、「こちらから連絡をしてお聞きするのは可能ですか?」と聞いてみるのもありです。

採用担当者から連絡するのは時間も手間もかかりますが、応募者から連絡してくるのであれば、その限りではありません。

「それなら良いですよ」と言ってもらえる場合があります。

どちらにしても、「不採用でも連絡がほしい」という事情を伝え、真摯にお願いしましょう。

不採用でも連絡してくることはある

スマートフォンの着信記録を見る男性

実は、「不採用の場合は連絡しません」と言われても連絡してくることはあります。

採用者に連絡するついでに連絡してくるケースもあれば、あなたに特別な感情を抱いたから連絡してくるケースもあります。

面接で好印象を受けた人物であれば、直接連絡をして説明したいと思っても不思議ではありません。

採用担当者も人間であるため、失礼な態度を取りたくないという考え方の人もいます。

そのため、たとえ不採用であったとしても、連絡してもらえる可能性はあります。

もし、「不採用の場合は連絡しません」と言われたのに連絡が来た時は、連絡してもらったことに感謝してください。

逆に言えば、バイト先から電話の着信があったからと言って、採用になったと決めつけてはいけません。

実際に電話に出て話を聞くまで真意は不明であるため、早合点しないように注意しましょう

まとめ

「不採用の場合は連絡しません」と言われたら不採用のサインではないか?と心配になりますが、気にする必要はありません。

あくまで会社のルールとして言っているだけであり、採用・不採用の選考はきちんとされます。

 
ウサくん

気にする必要はないんだね

ただし、会社のルールになくても面接態度が悪い人には「不採用の場合は連絡しません」と言うことはあります。

もし、心当たりがあるのであれば、不採用の可能性が高いと覚悟しておきましょう。

基本的には面接がスムーズに行われたのであれば、気にしなくてOKです。

正式に結果が出るまで心配になるかもしれませんが、落ち着いて採用結果を待つようにしてください。

今回のポイント

もし、「不採用の場合は連絡しません」だけしか言われなかった時は、期限がいつまでか聞いてください。「3日以内」「1週間以内」など期限が定まっていないと、いつまで待てば良いかわからなくなります。必ず連絡を待機するべき期間を確認し、無駄な時間を過ごさないようにしましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事