掲載日:

採用に効く!バイトの面接で好印象を与える3つの要素とは

採用に効く!バイトの面接で好印象を与える3つの要素とはのイメージ

バイトの合否を大きく左右するのは面接です。応募したバイト先に行き、面接官となる店長やバイトリーダーと会って、仕事のことやあなた自身のことを話します。

バイトの面接は正社員と比べてスキルや経験を求められることは少ないです。その分、あなたがどんな人物なのか?働いていけるのか?といった人物評価を重視する傾向にあります。

 
ウサくん

面接ってどうやって受ければいいんだろう?人と話すのは苦手だし、緊張しそう…

面接が苦手で上手く話せなかったり、終始緊張したままでいると、あなたの魅力を面接官に伝えることはできません。そうなると採用されるのも難しくなるでしょう。

面接で過度に緊張しないようにするためには、事前の準備が必要です。最低限の知識を身に着け、しっかり準備しておくことで、緊張を緩和することができます。

そこで今回はバイトの面接で好印象を与える方法として、重要な3つの要素である「身だしなみ」「態度」「話し方」についてご紹介します。

身だしなみを整える

身だしなみを整える男性

清潔感のある身だしなみをしていることは信頼の証につながります。服に汚れやシワがついてないか注意し、派手な格好や露出を避けて落ち着いた服装にしましょう。

具体的には男女ともに襟付きのシャツにスラックス(ロングパンツ)がおすすめです。トップスは白系のシャツで、ボトムスは黒や紺系のパンツを選べば清潔感がでます。可能ならクリーニング済みのシャツを着てください。

バイト先によってはTシャツにジーンズでもOKということもありますが、通勤時はともかく面接ではできるだけしっかりした服装のほうが無難です。

襟付きシャツでもボーダーやチェックが入っているものなど、堅すぎないデザインのもあります。無地のシャツが地味だと感じたら、少し工夫すると良いでしょう。

靴は服装に合えばスニーカーでも構いませんが、泥や汚れには注意しましょう。女性であればパンプス程度なら問題ありませんが、ハイヒールを履いていくのは場違いだと思われるかもしれません。

職種や業態にもよりますが、男性の無精髭はNGであることが多いです。特に飲食店や接客業では、従業員の髭は好まれません。髭を伸ばしている方は剃ってから面接に行きましょう。

女性ならメイクの仕方には注意しましょう。アパレル系など業種によってはブランドイメージに合ったメイクが有利に働くこともありますが、基本的にはナチュラルメイクにしておくのが賢明です。

その他、香水やピアス・イヤリングなども控えましょう。帽子も被っていかないほうが無難です。おしゃれがしたくても我慢して、面接官に不快感を与えない身だしなみを心がけてください。

もし、自分の服装に不安を感じたら、面接に行く前に家族や友人に見てもらってください。他人の目から見て違和感がなく、合格点をもらえた服装であれば大丈夫です。

態度に気をつける

笑顔で面接を受ける女性

面接ではあなたがどんな態度で受けているかも見られています。清潔感のある身だしなみをし、表面上は実直に取り繕っていても、人間性そのものを現す態度が悪ければ意味がありません。

まず面接を受けるにあたって約束の時間より早く行くようにしましょう。時間ギリギリや、遅刻するようなことがあってはいけません。10分前行動を心がけ、できるだけ早めに面接会場に到着するのが望ましいです。

時間を厳守する姿勢は信用に大きく影響します。面接に遅刻するような人間は採用しても遅刻する人間だと思われるからです。早く到着しすぎるのも問題ですが、迷惑がかからない程度に時間に余裕を持って行動しましょう。

次に面接を受ける前には携帯電話の電源はオフにしてください。面接中に電話がかかってくるような状況はとても印象が悪いです。マナーモードであっても振動で伝わる可能性があるので、必ず電源を切りましょう。

面接中はできるだけ背筋を伸ばし、正しい姿勢で受けるようにしてください。髪や爪を触ったり、腕組み・脚組みなどをしてはいけません。座り方や姿勢が悪いと「態度が悪い」と判断されます。

また、面接官が話している時は、ちゃんと相手の目を見て話を聞きましょう。緊張しているからと下ばかり向いていては、やる気が無いと思われるかもしれません。

そして面接官の話には適度にあいづちを打ち、真剣に聞いていることをアピールしてください。何もリアクションがないと、興味がないと思われたり、不快感を与えます。

これは面接だけに限りませんが、相手に嫌悪感を与えない態度・コミュニケーションを心がけましょう。それが面接官への好印象にもつながります。

丁寧な話し方をする

丁寧な話し方をしている女性

面接ではあなたの話し方も見られています。話し方が雑であったり無礼であれば、採用した後にトラブルを起こす人物だと思われるからです。

特に接客業やサービス業などの客商売であれば、従業員がどんな話し方をするのかというのは大変重視されます。

たとえばタメ口や乱暴な言葉遣いは、社会人として最低限のマナーを持ち合わせていないと判断されるので駄目です。たとえ面接官が年下に見えても敬語を使い、丁寧に話すようにしましょう。

話している最中に「えー」や「あー」と口癖のように繰り返す人もいますが、これは聞き手に取って非常に聞き苦しい話し方です。つい癖で言ってしまう人は注意してください。

また、緊張しているからと言って早口になったり、小声になるのもいけません。適度なボリュームで、ハキハキと喋るようにしましょう。話すのが苦手であっても落ち着いて、ゆっくり喋れば相手に伝わります。

話し方に自信がない人は面接前にご家族(両親や祖父母)に見てもらいましょう。目上の方に対して失礼な言い方をしていないか、理解できるような話し方をしているか指摘してもらえるでしょう。

また、自分の話し方を録音するのも参考になります。スマートフォンには録音機能があるので、話し方の確認にはもってこいです。面接の練習も兼ねて試してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。あらかじめ面接で好印象を与えるポイントを知っておけば、過度に緊張することはないし、面接の不安も減ります。

 
ウサくん

清潔感のある服装をして、真剣な態度で丁寧な話し方をすれば良いんだね

面接を受ける時はあくまで自分を良く見せようと思うのではなく、「相手に不快感を与えない」ということを心がけてください。特別難しいことはありません。今回ご紹介したポイントを押さえるだけで十分です。

それができていることで、緊張する面接も自信を持って臨むことができるでしょう。

今回のポイント

「身だしなみ」「態度」「話し方」を気をつけることで面接官には「信用できる人物」だという印象を与えることができます。面接官が好印象を受けていれば、仕事経験の少なさもカバーでき、採用につながりやすくなるでしょう。

この記事をシェアする