コミュニケーション

口下手でもOK!バイト先で会話が弾む7つの定番ネタ

口下手でもOK!バイト先で会話が弾む7つの定番ネタのイメージ

バイト中にやることもなく暇な時間があると、何をしたら良いか困りますよね。

ぼーっと突っ立っているわけにもいかないので、バイト仲間と何か話をしたいところですが、口下手だと会話に困ります。

 
ウサくん

何を話せばいいかわからない…

バイト仲間といってもそれほど親しくない相手だと、何を話せば良いか悩みますよね。

適当な話をしてすぐ会話が終わったら気まずいし、変な空気が流れないか心配です。

たとえ雑談であったとしても、できるだけ相手が興味のある話題を出して、楽しく会話したいところです。

実は、あまり親しくない相手でも会話を続けることができる「定番ネタ」というものがあります。

定番ネタを用いることで、会話が苦手な人でも話が続けやすくなり、適度な時間つぶしをすることができます。

口下手でバイト仲間と何を話していいかわからないという人は、ぜひ今回ご紹介する定番ネタを活用してください。

1)仕事の話をする

バイト先での会話に困った時は、まず仕事の話をしましょう。仕事の話であれば、親しくないバイト仲間とも話をすることができます。

仕事のやり方や商品・サービスについて尋ねたり、店内のことやお客さんのことなどを話してみましょう。

仕事のことであれば相手も経験があるため、同調してもらいやすいです。会話がすぐに終わるということはないでしょう。

仕事の話をしていく内に、知らなかったことや誤解していたことが判明するかもしれません。

また、仕事の話をしているのであれば、傍から見て雑談しているようには思われません。急にお客さんが来た時も焦らず対応することができるでしょう。

2)地元の話をする

コンビニや飲食店のバイトであれば、主に近隣に住む人が働いています。そのため、地元に関する話題を出すことで、会話も弾みます。

例えば、地元にある名所や公共施設の話であれば、相手も利用経験があるため、イメージしやすいです。

「あそこはいつも人が多い」とか「あそこで変な帽子を被った人を見た」など、地元あるあるネタをきっかけに、話が広がるかもしれません。

また、近所にある飲食店や美容室などの話をするのも定番です。どこそこのお店が良かった・良くなかったなど、お店の批評をすることで、情報交換にもなります。

他の地域から働きに来ているのだとしても、土地勘を学べば仕事にも良い影響を与えます。通勤時に気になる場所を見かけたら、バイト仲間に聞いてみましょう。

3)学校の話をする

あなた(または話し相手)が学生であれば、学校の話をしても良いでしょう。誰もが学生経験があるため、話しやすいです。

学校の近くにあるバイト先であれば、同じ学校の生徒がバイトをしていることも多いため、話も合わせやすいでしょう。

テストや受験の話から、部活やサークルの話、学校にいる面白い生徒や先生の話など、学校に関する様々な話のネタがあります。

話し相手が年上であれば将来のことや、やりたい仕事について相談しても良いでしょう。きっと良いアドバイスをしてくれるはずです。

4)時事ニュースの話をする

ニュースは基本的にみんなが関心のあることを取り上げているため、どんな人でもネタとして扱うことができます。

ニュースと言っても政治や経済など難しい話ではなく、季節やイベントに合わせた話で構いません。

春なら「花見に行きました?」とか「ゴールデンウィークはお客さんが多いですかね」など、イベントに絡めた話題を出すと話しやすいでしょう。

夏なら「毎日暑いですね」という出だしから、エアコンの話、アイスの話、海水浴の話など、涼み方に絡めた会話をすると共感してもらえます。

単に季節の話をするのではなく、タイムリーな時事ニュースを絡めることで、会話として続けやすくなるでしょう。

5)趣味の話をする

スポーツ、音楽、ゲーム、料理、旅行など趣味に関する話も定番です。

まず自分が好きなスポーツ選手やアーティストの名前を出して、相手に興味があるか聞いてみましょう。

例えば、お店で流れている有線を参考に「このバンド好き?」とか「この曲よく流れているね」と言って、音楽の話に誘導することができます。

あるいは「この前の休みどこか行きました?自分は野球を観に行ってきました」などと切り出して、相手に興味があるか探ることもできます。

共通の趣味が見つかると話が盛り上がるし、次からの会話にも困りません。その人と一緒に働くのが楽しみになるでしょう。

ただし、団体スポーツの話は注意が必要です。それぞれ応援しているチームが異なると、対立してしまう場合があります。あまり熱く語りすぎないように注意しましょう。

6)食べ物の話をする

飲食店のバイトであれば、好きな食べ物に関する話はしやすいです。基本的に食べることが嫌いな人はいないため、話を切り出しやすいです。

お店で出している料理をきっかけに、どんな食べ物が好きなのか?昨日・今日は何を食べたのかなど、話を広げることができます。

美味しかったお店の情報を聞ければプライベートでも役に立ちます。もしかしたら、一緒に食べに行くこともあるかもしれません。

コンビニバイトであれば、お店で売っている弁当やお菓子を見せて「これ食べた?」と話を切り出しても良いです。

好きな食べ物の話は意外と熱く語れるものです。美味しい物好きな人は、話し相手に何が好きか聞いてみましょう。

7)過去のバイトの話をする

過去のバイト体験談は他人の興味を惹きやすいです。同じアルバイト同士ですから、「バイトをする」という事自体に関心が高いからです。

過去に体験したバイトの思い出話や失敗した話をきっかけに、僕も私もとそれぞれの体験談を語り合うことができるでしょう。

実際にバイトをしていなかったとしても、興味があるバイトなら話のネタとして十分通用します。

例えば、「ファミレスのバイトって家族連れが多くて忙しそうだけど、実際どうなのかな?」と、訪ねたとします。

話し相手にファミレスバイトの経験があるなら教えてくれますし、無ければ想像で語り合うこともできるでしょう。

自分がやっているバイト以外の話をするのも気分転換になって良いものです。今のバイトで話すことがない時は、過去のバイト話をしましょう。

話すと面倒になるNGネタとは

定番ネタとは反対に「このネタを扱ってはいけない」というNGネタも存在します。

家族や仲の良い友達など、深い付き合いであれば話すことができても、バイト仲間のように仕事上の付き合いであれば、控えたほうが良いでしょう。

誤ってNGネタを取り上げてしまったがために、誤解されたり険悪な雰囲気になってしまうかもしれません。

バイト仲間と喧嘩しないためにも、NGネタは避けるようにしましょう。

店長や上司の悪口を言う

日頃のストレス発散のため、偉そうな店長や嫌味な上司の悪口を言ってしまいがちです。悪口は共感を生みやすいだけに、つい口走ってしまう人もいるでしょう。

しかし、バイト先で悪口を言うのは禁物です。どこで誰が聞いているかわからないし、もしかしたら目の前の話し相手が告げ口する可能性もあります。

相手が笑いながら聞いてくれるからと言って、どんどん悪口を言い続けると、あなたの評判を落とすきっかけになるかもしれません

店長や上司だけでなく、他のバイト仲間や社員さん、お客さんなどの悪口も言わないようにしてください。

お金の話をする

時給やバイト代の話をするぐらいなら良いのですが、貯金や副収入、株や投資などのお金に関する話をするのは良くありません。

誰もがお金については関心があるし、欲しています。それだけにお金の話は人間性が現れます

お金の有り無しで力関係を測ろうとする人もいるため、安易に話題に出すのは良くありません。

もちろん、借金の話をするのも駄目です。バイト先でのお金の貸し借りはご法度であり、嫌われます。

お金の話はデリケートな話題であるため、できるだけしないようにしましょう。

政治や宗教の話をする

人それぞれ信仰しているものは異なります。特に政治や宗教の話は争いの種になりやすく、むやみに話題にしない方が良いです。

よくあるのが時事ニュースをしようとして、政権批判に繋がるような発言をしてしまうことです。

「消費税アップして大変だね」程度なら良いのですが、「○○党の××さんが駄目だから大変だ」などと特定の団体・人物を話に出すのは良くありません。

相手がその団体・人物を支持しているなら反論してくるし、逆に他の団体・人物を支持しているなら同調して語気も強くなります。

どちらにしろリスクが高いため、バイト先で政治や宗教の話をしないようにしましょう。

自慢話をする

成功体験や得した話など、何か良いことがあったら誰かに聞いて欲しいものです。しかし、自慢話は相手に良い印象を与えません。

特に年配の方は注意が必要です。若者と話が合わないからと言って、過去の栄光を自慢気に語ると嫌悪されてしまうでしょう。

聞かされる方は「凄いですね」「良かったですね」と言う他なく、受け身を強いられます。自身は何も得ることがないため、ストレスが溜まります。

嬉しかったことを誰かに聞いて欲しい気持ちもわかりますが、できるだけ話を短く切って、長々と続けないように注意しましょう。

会話は共感が大切

以上、バイト先での会話で使える7つの定番ネタとNGネタをご紹介しました。

どのネタもバイトのみならず、家族や恋人、友人などとコミュニケーションをとる際にも使えることでしょう。

ただし、どんなネタであっても一方的に話すのではいけません。あなたは楽しく会話をしているつもりでも、相手がその話題に共感できなければ苦痛を与えるだけです。

自分だけ一方的に話すのではなく、相手にも話すタイミングを与え、言葉のキャッチボールができるようにしてください。

会話は共感が大切です。共感してもらえそうなネタを振り、相手の反応を見つつ、会話を広げていきましょう。

そうすることで、バイト中の暇な時間も楽しく過ごせるようになるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介した定番ネタであれば、口下手のあなたでも話題に出しやすいのではないでしょうか。

 
ウサくん

お互い学生だと学校の話はしやすいね

バイト仲間と会話をする時は、事前に何を話すか考えておきましょう。相手が好きそうなネタをいくつか用意しておくことで、長い沈黙を避けられます。

自分から声をかけるのは勇気がいるし、恥ずかしいかもしれませんが、これもコミュ力UPの修行だと思い、積極的に声をかけましょう。

何度も会話を重ねることで口下手も直り、交友関係も広がっていくことでしょう。

今回のポイント

会話を続けるコツは、自分と相手の共通点を見つけることです。共通点が見つかると会話が盛り上がり、心地よい雰囲気を作ることができます。会話の中で質問したり、適度に相槌を打ちながら、相手が何に興味あるか探ってみましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事