掲載日:

今度こそ続けたい!バイトを長続きさせるコツ

今度こそ続けたい!バイトを長続きさせるコツのイメージ

バイトに受かってもなぜか長続きせずにすぐ辞めてしまう…とお悩みではありませんか?バイトが長続きしないと働くのが嫌になったり、就職する時に不安を感じたりしますよね。

 
ウサくん

自分は飽きやすい性格だから長続きできるか不安・・・

でも、長続きしないのはあなたが悪いというわけではありません。さまざまな要因が重なり合い、環境や人間関係による部分も大きいのです。

そこで今回はバイトが長続きしない人のために、「バイトを長続きさせるコツ」についてご紹介します。

バイトをはじめる前に下調べする

下準備をしている男性

面白そう・楽そうと思ってはじめたバイトが想像していたよりも過酷だったり、自分がやりたいことと違うとなれば、すぐに辞めたくなってしまいます。

人には得手・不得手があります。親や友人がすすめてくれたからといって、そのバイトが自分に合うとは限りません。

たとえ他人からすすめされたとしても、本当に自分に合った仕事内容なのか?長く働ける条件なのか?などを、冷静に見極める必要があります。

不安な時は事前に客としてバイト先に行き、お店の雰囲気を確認してみましょう。スタッフ同士の関係性や働きぶりを見ると、仕事の大変さが見えてくる部分があります。

もし、そのバイトをしている友人・知人がいれば、楽しいことと大変なことを聞きましょう。そして話を聞いた上で、自分に合うのか働いていけそうかよく考えるのが大切です。

お金を意識しすぎない

収入を意識している女性

基本的にはみなさんお金が欲しいからバイトをします。しかし、時給が安かったり早めにタイムカードを切らされるような職場だと思うようにお金を稼ぐことができません。

希望通りのシフトに入れないというのも辞めたくなる原因の一つです。いくら働きたくてもあまり出勤できないとなれば、お金を稼ぐことはできません。

しかし、バイトは長く続ければそれだけ時給もアップします。長く働くことで雇い主からの信頼性もアップし、シフトにもたくさん入れるようになります。

思ったより稼げないからといって早々に辞めてしまうのはもったいないです。あまり給料や報酬にとらわれるのではなく、長い目で見て働ける仕事にしましょう。

怒られたら人に話してスッキリする

友達と会話を楽しむ女性

上司や先輩に強く怒られると、一緒に働くのが怖くなってバイトを辞めたくなってしまいます。

職場の人間関係は実際に働いてみないとわかりません。相手の性格や価値観もありますし、事前の確認もしようがありませんよね。

また、お客さんの中にもクレーマーと呼ばれる人がいます。特に失敗してなくても突然起こってきたり、嫌味を言ってくる人がいるかもしれません。

人間誰しも最初はわからないし、できないことがあって当然です。もしそれで怒られても「自分は新人だから仕方ない。最初はみんなこうだったはず」と割り切るのも大切です。

もしバイト先に嫌な人がいるという場合は、同僚やバイト仲間に相談すれば意外と共感を得られるかもしれません。

嫌なことがあっても溜め込まずに、人に話してスッキリし、気持ちを切り替えましょう。

自分の得意分野を活かせるバイトを選ぶ

得意なパソコンをしている人

バイトを長続きさせるには、自分の得意分野である仕事を選ぶのが大切です。経験があれば失敗することも減るし、労働条件が多少悪くても働けるようになります。

みんなでワイワイ働きたいのか、静かな環境で黙々と作業を進めたいのか、趣味に関わる仕事をしたいのかなど、給料や条件だけでなく仕事内容にも目を向けてみましょう。

得意分野がないという人は、単純に好きなことや興味のあることに関するバイトをすると良いでしょう。深くその仕事について知れるきっかけになるかもしれません。

モチベーションを上げる理由を作る

モチベーションを上げている女性

バイトを長く続けるには心身の充実が大きく影響します。ただなんとなく働いているだけではやる気も起きませんし、すぐ辞めたくなってしまうでしょう。

「バイト代をもらったら○○を買う!」や「休みの日には友達と旅行に行く!」というように、モチベーションを上げる理由を作りましょう。

多少嫌なことがあっても給料は必ずもらえます。給料や休みのことを考えれば、辞めるのを思いとどまることもできるのではないでしょうか?

いつでもモチベーションを上げられるように、紙に書いて自室に貼っておいたり、スマホの待受画面やアプリに表示しておいても良いかもしれません。

ぜひあなた自身の性格に合ったモチベーションの上げ方を考えてみてください。

少しずつ会話をして人間関係に慣れる

職場で会話を楽しむ女性

人間関係が億劫でバイトをすぐに辞めてしまう人がいます。プライベートをさらけ出すような会話が苦手だったり、バイト後の付き合いをしたくない人も多いでしょう。

しかし、多少の人間関係は生きていく上で必要です。同僚との何気ない会話や上司・先輩へのご機嫌取りなど、ちょっと面倒と思うこともできるだけ続けてみてください。

口下手であっても挨拶をしっかりし、悪口や余計なことは言わず、わかることだけ少しずつ話すようにすれば大丈夫です。聞き上手に徹しれば嫌われることはありません。

会話を通して人間関係は良くなります。人間関係が良好で、違和感なく馴染むことができれば、バイトも続けやすくなるでしょう。

辞めたくなったときの対策も考えておこう

YES・NOチェック

バイトを辞めたくなってしまったら、すぐに辞める事を考えるのではなく、「辞めない対策」も考えておきましょう。

たとえば、自分の中でいくつか条件を決めます。

  • あと一ヶ月だけ働いて様子を見る
  • 怖い先輩がいることを店長に報告し、改善されなければ辞める
  • 貯金が目標金額に達したら辞める(考え直す)

など、少しでも辞める期間を先延ばしにすることで、「あと少し・もうちょっとだけ働こう」とバイトを長引かせることができます。

長引かせている間にバイトが好きになることもあります。誤解が解けて人間関係が良くなることもあります。

何事も焦りは禁物です。慎重に行動しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回ご紹介したバイトを長続きさせるコツを意識することで、バイトを辞めたくなる気持ちを抑えられるようになります。

 
ウサくん

せっかく決めたバイトだからできるだけ長く働きたいよね

自分には合わないと感じても、すぐに辞めようと考えるのではなく、少し気持ちを切り替えてみてください。

十分に対策をし、それでもやっぱり辞めたいとなってからでも遅くはありません。そうすれば後から後悔することもなく、前に進めるでしょう。

今回のポイント

バイトが続けられずにお悩みの方は、今回ご紹介した「長続きさせるコツ」を意識して、どうすれば続けられるか考えましょう。バイトを長続きできるようになると、大きな達成感や成長を実感できるようになります。また、就職した時にも有利に働くでしょう。

この記事をシェアする