掲載日:

寝坊した!バイトで遅刻してしまった時の対処法

寝坊した!バイトで遅刻してしまった時の対処法のイメージ

寝坊した!気づいたらもうこんな時間!バイトに遅刻してしまう!という経験をしたことはないでしょうか。どんなに時間を気にしていても、不意のトラブルで遅刻してしまうことはあります。

 
ウサくん

遅刻するかもしれない!どうすればいいんだろう・・・

バイトであっても遅刻は厳禁です。特に何度も遅刻するような人は「だらしない人間だ」と思われ、信用を失います。バイト先にも居づらくなるかもしれません。

遅刻した時間を取り戻すことはできませんが、少しでも信頼回復のために努め、誠意ある行動を取りましょう。

そこで今回は「バイトに遅刻してしまったときの対処法」についてご紹介します。

遅刻しそうになったらすぐ連絡する

バイトに遅刻しそうになった時はすぐに連絡しましょう。出勤時間をすぎてから連絡するのは駄目です。一緒に働く人の迷惑になりますし、心配をかけることになってしまいます。

少しでも遅刻しそうだと思ったら、すぐにバイト先に連絡するようにしましょう。前もって連絡することで、一緒に働いている人たちの不安を和らげることができるし、あなたが来るまでフォローしててもらえます。

仮に寝坊などで完全に出勤時間が過ぎていたとしても、躊躇せずに連絡しましょう。怒られることを想像してためらってはいけません。

連絡をする時は迷惑をかけているという自覚を持って、しっかり謝るようにしてください。真っ先に謝ることで、過度に怒られることはありません。

連絡方法はバイト先に電話がおすすめ

遅刻しそうになったときの連絡方法としておすすめなのは電話です。メールやメッセージ送信は相手が気づかない場合もあり、連絡をしなかったのと同じ扱いになる可能性があります。

遅刻しそうな時は必ず電話で連絡しましょう。バイト先や上司、同僚などに伝え、どんな理由であっても誠心誠意謝るようにしてください。

仮に電話が繋がらない場合、仲の良い同僚にスマートフォンのショートメールやLINEなどのメッセージを送りましょう。

しかし、送って満足せずに定期的に電話をかけるようにしてください。あくまで直接話して遅刻する事を伝えるのが一番です。

遅刻する理由を正直に伝える

バイトに遅刻してしまうときは、「遅刻します」とだけ伝えるのは不誠実です。必ず遅刻する理由と、遅刻することへの謝罪も一緒に伝えるようにしてください。

遅刻する理由で嘘をつくのは駄目です。特に電車の遅れなどは便利な言い訳ですが、調べればすぐに遅延状況は分かってしまいます。

多少印象が悪くなってしまうような理由でも、1度だけなら許してもらえるかもしれません。しかし、何度も続くとさすがに呆れられてしまいますので、2度と遅刻しない覚悟を持ちましょう。

そして忘れてはいけないのが出勤時間です。何分くらい遅刻するのかも明確に伝えるようにしましょう。それもギリギでは駄目です。

10分後に着きそうでも、「15分後に着きます」と多めに伝えるようにしましょう。(伝えた時間より遅れるようなことがあってはいけません)

遅刻の理由をどう伝えればよいのか?

寝坊は遅刻でよくある原因の一つですが、正直に話すのはちょっと恥ずかしいかもしれません。しかし、下手に嘘をつくと怪しまれてしまいますので、正直に打ち明けるのがベターです。

恥ずかしくても「寝過ごしてしまいました。出勤時間に間に合いそうにありません」と、正直に伝えましょう。

その他、シフトの確認ミスやスケジューリングミスなども正直に伝えたほうが無難です。自分の落ち度を認め、繰り返さないようにしましょう。

また、理由もあまり長々と話しすぎると言い訳めいて聞こえてしまいます。できるだけ簡潔に伝え、詳細は出勤してから伝えましょう。

バイト先に着いたら真っ先に謝罪する

遅刻をしてバイト先に着いたら、まずは一緒に働いている人に謝罪しましょう。店長や上司だけでは駄目です。

今後同じような理由で遅刻をしないために、どんな対策を考えたのかも伝えると良いでしょう。あなたの決意を感じ取ってもらい、あとに残りません。

あなたが遅刻したことで、前のシフトの人が残ってくれている可能性もあります。謝罪後に感謝を伝え、速やかに交代しましょう。

遅刻したという悪い印象を取り除くのは難しいことですが、しっかりと仕事をすることで軽減することができます。あまり気にせずに、一生懸命働きましょう。

遅刻キャラになってはいけません

よく遅刻する人は「遅刻キャラ」として認識されることがあります。上司や同僚も「○○はいつも遅刻するから仕方ない」と茶化してきたり、諦めるような発言をしているかもしれません。

そういったキャラ付けに「自分は遅刻する人間だ(おっちょこちょいだ)」と開き直っている人もいますが、これは大きな誤解です。決して同僚は良い気をしていません。

職場の信用を失うだけでなく、シフトをあまり入れてもらえなかったり、満足に働けなくなるかもしれません。

バイト生活をエンジョイするためにも、決して遅刻キャラになってはいけません。何度も遅刻しないように気をつけましょう。

まとめ

人間なので遅刻は誰でもあることです。問題は「遅刻した影響を最小限におさえ、どう対処するか?」です。そのためには常日頃から時間を厳守し、時間前行動を心がけましょう。

 
ウサくん

遅刻しないようにしっかり準備して、早めに出勤するようにしよう

せっかくバイトに受かったのに、遅刻が原因で職場に居づらくなったり、クビになるような事態は避けたいですよね。

万が一遅刻してしまった時は、きちんと誠意ある態度で謝罪して、もう2度と同じような理由で遅刻を繰り返さないようにしましょう。

今回のポイント

遅刻を避けるためには、日頃の行動が影響します。就寝前にアラームをしっかり設定し、寝坊しないようにしましょう。そして、できるだけ出勤時間より10前には到着するようにしましょう。いつも早めに出勤している人なら、1度遅刻したぐらいでは大きく批判されることはありません。

この記事をシェアする