ぼくのわたしのバイト体験談    

ディズニーランドのバイト体験談!交通誘導をしていました

54閲覧数
0評価数
テーマパークのバイトイメージ

仕事内容

東京ディズニーランドの駐車場で、来園されゲストの車やバスの誘導をしていました。

早番だったので、朝6時45分に出勤をして来園された方の車を誘導します。

ピーク時には二車線で車の誘導を行わないといけなかったので、とても大変でした。

車との距離も近かったので危ないこともありましたが、接触事故を起こすことはなかったです。

基本的には誘導を中心とした仕事になりますが、しっかりとした研修もあるため、問題なく行えました。

応募のきっかけ

以前からディズニーランドでの仕事に憧れがありました。一度バイトをしてみようという気持ちになり、求人雑誌を見て応募しました。

その時は応募シーズンではなかったものの、面接は直接オリエンタル本社で行いました。

接客は前々から好きだったのと、朝が強いのもあり、それをアピールすることで採用されました。

学んだこと

配属された場所は広い駐車場だったので、夏は暑い・冬は寒いという、他の職種と比べても過酷な場所だったと思います。

人と車、観光バスを相手にするので、少し間違えば事故を起こす危険性があり、集中して仕事をしなければいけません。

私はみんながやりたがらないポイントも率先して行いました。結構難しい二車線もできるようになったので、社員から褒められることもありました。

駐車場の誘導といってもチームで動くので、チームワークの大切さや協調性が身につきました。

思い出に残っていること

バイトをしてからすぐに友達ができて、その方といつも一緒にいたことで、班分けで別れることは少なかったです。

友達がいたので休憩時間は楽しく会話をしたかったのですが、みんな疲れており、休憩時間は睡眠時間と化していました。

私がバイトをしていた時は、ディズニーシーができていなかった時なので、混雑時には仮設の駐車場まで行って、誘導をしていたのが懐かしく思います。

毎日出勤する朝は、まだ星が出ている時間で4時起きでした。

はじめはとても辛く感じましたが、友達ができたことで楽しくバイトを続けることができました。

バイトを体験して

夏は太陽からの日射、車からの反射、アスファルトからの熱風が来て、日陰というものがなかったので、休憩時間が多かったのを覚えてます。

冬は防寒着を着て仕事をするわけですが、それでも寒かったをのを覚えてます。

体力面ではキツイ部分もありましたが、子供たちの笑顔やみんなの幸せが集まる場所であり、他のバイトとは違った魅力がある仕事だと思います。

編集者のコメント:

交通が多い場所で車の誘導をするのは大変だったと思います。夢の国で事故を起こすわけにはいかないので、細心の注意を払って仕事をしていたでしょう。園外の裏方になる仕事ではありますが、体験者さんのような人のおかげで、みんながディズニーランドを楽しめるんだなと、しみじみ感じました。

この体験談が参考になった方はクリック!

テーマパークのバイト探しなら「マッハバイト」

マッハバイトは、地域や路線、職種、特徴などこだわりの検索条件で、あなたが気になるバイトを探すことができます。

採用されたら、最大1万円!最低でも5000円マッハボーナスが貰えます!

体験談を見て「テーマパーク」のバイトに興味が出た方は、マッハバイトで求人を探してみましょう。

関連する体験談