ノウハウ

どうすればいい?服装自由なバイトの身だしなみとは

どうすればいい?服装自由なバイトの身だしなみとはのイメージ

バイト先が服装自由だった場合、どんな服装で行ったら良いか迷いますよね。

 
ウサくん

服装自由ってどこまでOKなの?

店長から「普段着でいいよ」「エプロン以外は自前でお願い」などと言われることもありますが、どこまでOKなのかよく分かりません。

仕事にふさわしくない格好をすると怒られそうだし、判断基準が難しいです。できれば「これならOK」という目安が欲しいですよね。

そこで今回は、服装自由のバイトではどんな服装が適しているのか、何を着ていけば問題ないのかについてご紹介します。

バイト先に着ていく服でお悩みの方は、ぜひご参考ください。

服装自由のバイトとは

白い服のコーディネート

制服を着て働くバイトと、私服のまま働くバイトがあります。

接客業では、コンビニ、塾講師、個人経営の飲食店、アパレル店員などは私服で働くことが多いです。

接客業以外だと、工場の軽作業、イベント設営、郵便局の仕分けなどは私服のまま働くことが多いです。

どこまで自由なのかはバイト先によって異なります。どんな格好でもOKな場合もあれば、髪は染めてはいけないとか、アクセサリーは時計のみという場合もあります。

大まかなルールは決められているものの、「こんな格好をしてください」と言われることが少ないため、どんな服装でバイトに行けば良いか悩むでしょう。

服装自由と言っても何でも良いわけではないので、注意しましょう。

服装自由のメリット

服装自由なバイトのメリットは「お金がかからない」ということです。

服装指定があればそれを揃えるためにお金が必要です。お金が欲しくてバイトを始めるのに、何かと費用がかかるのは嫌ですよね。

その点、服装自由のバイトであれば、自分が普段着ている服装をすれば良いので、基本的にお金はかかりません。

また、服装自由であれば着替える時間も必要ありません。通勤時の服装のまま働くことができます。遅刻する可能性も減るでしょう。

自分の好きな服装で働けるとテンションが上がるし、やる気にもなります。センスの良い服装をしていれば、バイトで注目を浴びること間違いなしです。

服装自由なバイトは気軽に働けるため、求人で「服装自由」とアピールしているバイト先も多いです。

服装自由のデメリット

一方、服装自由のバイトにはデメリットもあります。それは「服の選択が難しい」ということです。

白いワイシャツのみとか、革靴を履くなどある程度指定があれば別ですが、自由だと毎回どういう服装をすれば良いか悩みます。

いつも同じ服を着るわけにはいかないし、変な格好をしてバイト仲間にダサいと思われるのは嫌です。

かといって、バイトをするための服を買うのはもったいないです。いくらお金があっても足りなくなります。

お気に入りの服を着て行っても汚れる可能性があるし、毎日となれば選ぶのも大変です。

そのため、服装自由と言われても、逆に困るという人も多いのではないでしょうか。

服装自由でも何でも良いわけではない

派手な服のコーディネート

服装自由とアピールされているバイトでも、何でも良いわけではありません。バイト先のTPO(時と所と場所)に応じた服装が求められます。

接客バイトはお客さんから見てふさわしいと思う格好をしなければいけません。

大きなアクセサリーを付けていたり、短いスカートを履いたりしていると、「チャラチャラしている」と思われ、避けられる可能性があります。

また、肌の露出が多い服やダメージジーンズのような汚れた服を着るのも良い印象を与えません。

不必要なアクセサリーは避け、できるだけ清潔感を感じさせられるような服装を心がけましょう。

接客以外のバイトなら服装はさらに緩くなりますが、作業をするのにふさわしくない格好はNGです。

品を傷つけてしまわないようにアクセサリーは控え目にして、動きやすい服装にしましょう。

人目に触れないからといって、ラフすぎる格好も考えものです。ノースリーブではなく袖のある服にしたり、サンダルではなく靴を履くなどしましょう。

このように服装自由といっても文字通り受けると大失敗する可能性があります。バイトの種類に応じた服装ができるように考えていきましょう。

接客バイトにおすすめの服装とは

私服で働くウェイトレス

接客が必要なバイトでは、お客さんの目を気にした服装をしなければいけません。

明るい色や派手に見える服装は控え、できるだけ清潔感を感じさせる服装を心がけましょう。

例えばトップスは白(または淡いブルー)の襟付きシャツがおすすめです。白いシャツは清潔感を感じさせるので、男女ともにおすすめです。

ボトムスはジーンズやストレートパンツ、女性ならロングスカートでも構いません。色は黒、茶、紺などが無難です。

コンビニ店員の場合、上にはおるユニフォームがあり、中に着る服とズボンが自由です。

中に着る服は見えることがないので何を着てもOKですが、パーカーなどフード付きで厚みのあるものだとごわついてしまいます。

見栄えが悪く、動きにくくなるため、薄手のTシャツなどシンプルなものにしておいた方が良いでしょう。

また、掃除や品出しで汚れてしまうことがあります。白い服だと汚れが目立つ可能性があるため、作業によって暗めの色にしましょう。

アクセサリー類は付けない方が無難です。ピアスやネックレスをしていると、「チャラチャラしている」と不快感を持つお客さんもいます。

靴はスニーカーだと動きやすいです。女性ならパンプスでも良い場合もありますが、動きやすさを重視して、スニーカーの方が良いでしょう。

少しオシャレにこだわりたいなら、靴屋さんに売っているブランドもののスニーカーだとテンションが上がること間違いなしです。

靴元は案外見られていますので、ボロボロな靴は止めておきましょう。

接客以外のバイトでおすすめの服装とは

私服で働く作業員

接客が必要ではないバイトの場合、お客さんの目を気にしなくても良いので、自由度は高まります。

例えば工場や荷物の仕分けをするバイトは、服装をうるさく言われません。髪型やアクセサリーも自由な場合が多いです。

ただし、あまりにも個性的な格好だと動きづらいかもしれません。髪が長い人は結んだ方が良いし、ピアスも小ぶりな方が良いでしょう。

重たいものを持ったり危険な作業をする時は、露出が少ない服にしておいた方が安全です。半袖ではなく、長袖を着ましょう。

作業場所や作業内容によっては、温度が極端に高かったり低かったりすることもあります。どのような環境で働くのか事前にチェックして服装選びをするようにしましょう。

作業しやすい服装だと、Tシャツやカットソー(冬ならスウェットなど)にジーンズやストレッチパンツが無難です。

もし、地味に感じる時は部分・部分でこだわりましょう。女性なら、髪をポニーテールにすると、すっきり可愛く見せられます。

トップスを少し大きめにして、ボトムスはスキニーなど細身のパンツにすると、イマドキでオシャレです。

アパレルバイトは先輩の服装を参考にする

アパレルショップの陳列

服装自由なバイトの中でもアパレルは特に難易度が高いです。アパレル店員はお店の顔であるため、ダサい格好はできません。

お店の雰囲気やターゲットとする年代に合わせた服装が求められるでしょう。

とはいえ、どんな服装にすれば良いか悩みますよね。お金があればお店に飾っている服をマネキン買いしても良いですが、毎日のことになると大変です。

そんな時は先輩の服装を参考にしましょう。先輩はこれまでバイト先に勤務していたわけですから、どんな服装をすれば良いかポイントを理解しています。

先輩に直接「どんな服を着れば良いですか?」とか、「いつも可愛い服を着ていますが、どこで買ったのですか?」と聞けば、教えてくれるでしょう。

ただし、先輩の真似をするのではなく、少し外すのがポイントです。服装が被ってしまうと先輩に迷惑をかけてしいまいます。

先輩がピンクや黄色の服を着てくる時が多い場合、オレンジや赤系など少し色味が違う服を選びましょう。

白系の服はどんなシーンでも清潔感がある一方、被りやすくなります。トップスは白でもボトムスは黒など、上下で変化をつけると無難にまとまります。

アパレルバイトは個性的な服装をすると目立ちますが、あくまで主役はお客さんです。お客さんを引き立てるためにも、派手すぎない服装を心がけましょう。

高校生なら学生服でもOK

笑顔の女子高生

高校生であれば学校の行き帰りは学生服になります。学校が終わってから学生服のままバイト先に行き、そのまま働くということもあるでしょう。

学生服であれば校則の関係から無難な見た目であるはずです。接客バイトでもお客さんから非難されることはないでしょう。

学生服でバイトをする場合、汚れには気をつけてください。汚れやすい仕事をすると、明くる日の学校に着ていく服がなくなります。

上着は脱いでシャツやブラウスで働くとか、女性ならスカートからズボンに履き替えるなどして、できるだけ学校に影響が出ないようにしましょう。

学生服の着方にも注意しましょう。シャツがズボンから出ていたり、スカートが短すぎると不格好に見えます。

学校で流行っている着こなしがあったとしても、バイト先では違います。学生服でバイトに行く際は、一旦服装を整えてから出勤しましょう。

服装自由でも面接では注意

求人情報には服装自由と書かれていても、面接に行くときは注意が必要です。

どんな服装でも大丈夫だろうと誤解して、いつも着ている格好で面接に行くと不採用になるかもしれません。

バイトの面接では第一印象が肝心です。たとえ服装自由のバイトであっても、私服のイメージが悪ければ採用されることはありません。

面接を受ける時はバイト先の職種や業種にあわせて、場違いにならないような格好を心がけましょう。

なお、以下の記事ではバイトの面接でどんな服装をすれば良いのか?スーツを着るべきか否かの判断基準を説明しています。

バイトの面接でスーツを着ると浮く?迷った時の判断基準
バイトの面接に行く時に、スーツを着て行くか私服にするかで悩んだことはないでしょうか?正社員ならともかく、バイトの面接でスーツを着るのはおかし...

面接を受ける時の服装に悩んだ時は、こちらの記事を参考にしてください。

面接で問題ない服装であれば、勤務時の服装も似たような感じで構いません。面接でどんな服を着て行ったのか覚えておきましょう。

まとめ

服装自由のバイトについて、どのような身だしなみをすれば良いかご紹介しました。

服装自由であっても、なんでも良いわけではないため、清潔感を重視して他人に不快な思いをさせない身だしなみを心がけましょう。

 
ウサくん

どんなバイトでも清潔感を意識した方が良いね

接客バイトなら襟付きシャツやストレートパンツなどシンプルな服装にすると無難です。お店のイメージを壊さないように、派手な服装は避けましょう。

接客ではないバイトなら、動きやすさを重視して、Tシャツやジーンズなど作業のじゃまにならない服装を選びましょう。

オシャレをしたい気持ちもわかりますが、「仕事をしに行っている」ということを忘れないようにしましょう。

清潔感を意識していれば、極端に奇抜な服やボロボロの服でない限り、仕事中にダサいと思われることはありません。

服装自由と言ってもある程度そのバイトに相応しい格好は決まっています。お気に入りの格好を見つけて、気持ちよく働けるといいですね。

今回のポイント

どんな服を着ていけば良いか迷った時は、親に相談しましょう。親は年配者であるため、社会人にふさわしい格好というのがわかっています。普段着ている服装を見てもらい、客観的な意見をもらうことで、失敗する可能性は減ります。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事