職種・仕事内容

アパレルバイトはきつい?初心者が楽しんで働けるコツ

アパレルバイトはきつい?初心者が楽しんで働けるコツのイメージ

ファッションや洋服が好きだと、アパレル関係のバイトがしたくなりますよね。

 
ウサくん

アパレルはきつそう…

アパレルショップに行くと店員さんが立ちっぱなしであるため、きついのではないか?と思う気持ちわかります。

できることなら、きついバイトはしたくないですよね。

しかし、アパレルの仕事だからといって、必ずしもきついわけではありません。

ポイントを抑えることで、初心者でも楽しんで働くことができます。

そこで今回は「アパレルバイトで初心者が楽しんで働くコツ」をご紹介します。

アパレルバイトに興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

アパレルバイトとは

アパレルショップの店内

アパレルとは、衣服を表す英単語「apparel」が由来であり、アパレルバイトは衣料品を販売しているお店で働くことを指します。

洋服だけでなく、帽子や靴などを販売するお店もアパレルといい、時計やアクセサリーも含くまれる場合があります。

アパレルバイトの主な仕事内容は、接客、レジ、品出し、タグ付け、掃除などになります。

ショップによっては、コーディネートを考えたり、在庫管理をすることもありますが、バイトは雑用を任されることが多いです。

仕事を通してファッションの勉強になり、流行やトレンドを知ることができます。

接客でコミュニケーション能力を身につけることもできるため、将来の役に立つでしょう。

アパレルバイトがきついと言われる理由

レジで接客する女性店員

アパレルには華やかなイメージがあるものの、「アパレルバイトはきつい」と言われることがあります。

アパレルバイトは立ち仕事であるため、長時間働くと体力を消耗します。

年末年始やセール時期はお客さんが殺到するため、休む暇もなく店内を駆けずり回ることになるでしょう。

また、ノルマに厳しく、バイトスタッフにも売上アップを要求されることがあります。

売上を上げるために積極的な声かけが必要になり、コミュニケーション能力が求められます。

それでいて時給は決して高い方ではないため、長時間労働をしないと十分な給料を得られません。

このように、アパレルバイトにはデメリットがあるため、華やかなイメージだけで選ぶと後悔するでしょう。

初心者でも大丈夫!アパレルバイトのコツ

洋服を持って接客している女性店員

アパレルバイトはきついと言われますが、初心者でも働くことはできます。

実際に「未経験者歓迎」とされる募集も多いため、アパレル経験がなくても問題ありません。

そこで、初心者はどのようにして働けば良いのか、アパレルバイトのコツをご紹介します。

売り上げを意識しない

ショップで扱っているブランドによって、店舗ノルマや個人ノルマがあります。

ノルマを達成するための接客が求められるため、プレッシャーを感じるでしょう。

しかし、売上を意識するよりも「できる限りの接客をしてお客さまに気持ちよく帰っていただく」ことを意識してください。

おもてなしの心で接客をすれば、結果も変わってきます。

売上ばかり気にした接客をしてしまうと、お客さんに窮屈な思いをさせてしまいます。

お客さんがセールス(売り込まれている)と感じたら、どんなに良い商品でも購入されることはありません。

過度に売上を意識せずに、お客さんが気持ちよく帰れるような接客を心がけてください。

できる人の真似をする

アパレルバイトで売上を上げるには、仕事ができる人の真似をするのが一番です。

あなたが働くお店で売上トップの人を真似るのもいいし、トップセールスマンの書籍を見て学ぶのもありです。

店舗売り上げNo1の店に行って接客を観察したり、ディスプレイを見るのも勉強になるでしょう。

仕事で成果を出したいのであれば、自ら行動する気持ちが大切です。

できる人の真似をして、自身の成長へとつなげてください。

店長や先輩を頼る

初心者は最初から上手くできなくて当然です。

バイトを始めたばかりの頃は、失敗したりお客さんに怒られたりすることもあるでしょう。

だからといって、すべて一人で抱え込む必要はありません。困ったときは店長や先輩を頼ってください。

わからないことがあれば積極的に質問し、学ぶ姿勢を見せることが大切です。

バイト先に頼れる存在がいれば、安心して働くことができるでしょう。

周りに感謝して働く

きつい仕事だったとしても、人間関係が良ければ乗り越えられます。

バイト先の人間関係を良くするためには、周りに感謝して働くことが大切です。

当たり前だと思うことでも、誰かに何かをしてもらったら必ず「ありがとう」と伝えてください。

たとえ自分の仕事ではなかったとしても、「お掃除ありがとうございます」「在庫整理助かります」などと言いましょう。

どんな些細なことでも「ありがとう」の気持ちを忘れずにいると、周りの見る目が変わります。

クレームを恐れない

アパレルバイトをするとクレームが不安になるかもしれませんが、実際のところクレーマーはそこまで多くありません。

商品について軽く文句を言われることはあっても、怒鳴ったり、暴力行為を働いてくる人はごく少数です。

常に丁寧な対応を心がけていれば、ハラスメント行為を受けることは滅多にありません。

ただし、お客さんへの対応を間違えたときは別です。

お客さんが一人で商品を見たいのにしつこく追いかけ回したり、欲しくもない商品を勧めたりしていると、クレームの原因になります。

お客さんと接するときは何が必要化かを見極め、冷静に行動してください。

無視されても気にしない

お客さんに声をかけても、無視されたり、冷たくあしらわれることがあります。

だからといって、深刻に受け取る必要はありません。

1日に何十人ものお客さんに声をかけることもありますが、その都度へこんでいては身が持たないからです。

たとえ無視されても「今はタイミングが悪かった」と受け取り、深く考えないようにしましょう。

淡々と声をかけ続けていれば、そのうち慣れて気にならなくなります。

固定観念にとらわれない

ファッションは「カジュアル」「フェミニン」「モード」など、さまざまな系統に分かれています。

そのため、お客さんを見て「この人にはこの服が合う」と、決めつけたくなるでしょう。

しかし、好みや価値観は人それぞれ異なります。

カジュアル系の服装を着ている人が、デートに着ていくモード系の服を買いに来ることもあるし、年配の人がストリート系の格好をすることもあります。

見た目で判断して「こうあるべき」だと決めつけてしまうと、上手く行かなくて当然です。

固定観念にとらわれるのではなく、柔軟な発想で接客するようにしてください。

初心者が働きやすいアパレルバイトの特徴

アパレルショップの売り場

初心者がアパレルバイトをするときは、バイト選びに気をつけなければいけません。

知名度や見た目だけで判断すると、働きだしてから後悔するでしょう。

そこで、どんなバイト先なら初心者にも働きやすいのかご紹介します。

量販店

高級ブランド店よりも、商品を大量に仕入れて安く販売している量販店がおすすめです。

高級ブランド店だとバイトでも厳しく指導され、マナーや身だしなみにうるさいです。

しかし、量販店だとそこまで厳しくないため、一般的なビジネスマナーがあれば問題ありません。

経験で判断されることも少ないため、未経験者や学生でも採用してくれます。

郊外にある

初めてアパレルバイトをするのであれば、郊外にあるお店を選びましょう。

駅前やデパート内にあるお店だと、土日祝日はお客さんが殺到します。

常に忙しく動き回らなければいけないため、体力的にきついです。

しかし、郊外にあるお店だと土日祝日でもそれほど多くはならないため、マイペースに働くことができます。

家から近い

アパレルバイトは激務であるため、家から近いお店を選ぶようにしてください。

家から遠いと通勤に時間がかかるし、負担も大きいです。

しかし、家から近いと通いやすくなるし、すぐ帰って疲れを癒せます。

日によって就業時間が変わることもあるため、自宅から近い方が安心できるでしょう。

自由シフト

学生や主婦であれば、自由シフトのバイト先がおすすめです。

自由シフトなら希望の日時で働くことができるため、学業や家庭に影響することはありません。

事前に申告することで、テスト期間中は休ませてもらうこともできます。

土日どちらか休みたいときでも希望が通りやすいため、仕事とプライベートを両立することができるでしょう。

残業がない

繁忙期は人手不足になるため、バイトでも残業を頼まれる場合があります。

残業代はもらえるものの、体力的にきつく、予定が狂います。

しかし、すべてのアパレル店で残業があるわけではありません。

雑貨屋やカバン屋など、長時間接客することがないと残業になりづらいです。

「残業なし」とアピールしている求人もあるため、残業したくない人は選ぶようにしてください。

下見に行って接客を体験する

アパレルショップに下見に行く女性

気になるアパレルバイトを見つけても、自分にできるか不安ですよね。

応募するか迷うときは、実際にお店まで行って接客を体験してください。

平日なら18時以降、土日祝日なら午前中に行くと良いでしょう。

忙しくなる時間帯に行くことで、どれだけ大変なのか客観的に判断することができます。

忙しい時間帯なら店員さんに顔を覚えられることも少ないため、後から面接に行っても気まずい思いをすることはありません。

たとえ覚えられていたとしても、「気持ちの良い接客をしていただいたので、ここで働きたいと思いました」と言えば、印象は良いです。

まとめ

アパレルバイトにはきついイメージがあるため、なかなか踏み出せない人は多いです。

しかし、働き方を工夫することで、初心者でも問題なくこなすことができるでしょう。

 
ウサくん

バイトでオシャレになれたら最高だね

アパレルバイトで初心者が楽しんで働くコツは、売上を意識しすぎないことです。

売上よりもお客さんの感情を意識し、丁寧な接客を心がけてください。

わからないことがあれば店長や先輩を頼り、助けてもらったら必ず感謝の言葉を伝えましょう。

接客で声かけしても無視されることはありますが、気にせず淡々とこなしてください。

お客さんと真剣に向き合い、熱意を持って接していれば、次第に話を聞いてもらえるようになるでしょう。

アパレルバイトをすれば、コミュニケーション能力は上がり、ファッションセンスも磨かれます。

ぜひ、憧れのショップ店員を目指して、チャレンジしましょう。

今回のポイント

初心者がアパレルバイトを継続させていくためには、時給以上の魅力も重要です。社員割引で安く買えたり、ファッションの勉強ができると、モチベーションを保つことができます。ぜひ、あなたなりのやりがいを見つけて、アパレルバイトを楽しみましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事