ぼくのわたしのバイト体験談    

イトーヨーカドーのバイト体験談!コミュ力がアップしました

647閲覧数
0評価数
靴販売のバイトイメージ

仕事内容

イトーヨーカドー内にある靴屋の店員として働いていました。主な仕事内容は商品の補充です。

商品の整理整頓も必要なので、補充をしながら店内を巡回しているような感じです。

その際にお客さんから声をかけられ、質問される場合もあります。

バイトを始めてしばらくすると、レジ打ちの研修がありました。

技能が基準に達した時点で、実際にレジ打ちの業務に入ります。

プレゼント用に購入される場合もあるので、包装の仕方も学びます。

お客さんとの基本的な対応方法も、研修のときに教えてもらいました。

応募したきっかけ

もともと人と接するのが好きということもあって、スーパーでの接客業を選びました。

時間も遅くまで営業しているので、授業が終わった後にバイトできます。

駅の近くに店舗があって、通いやすいところも大きな魅力でした。

勤務体系・給与

週4~5回勤務し、時給1100円でした。

たくさん出勤していた月は、10万円以上稼ぐことができました。

思い出に残っていること

月10万円の収入は、大学生にとって大きな金額です。

お小遣いが増えることで、友人たちとの交流が深まりました。

好きな服を買ってオシャレを楽しんだり、時々旅行に行くことも楽しみの一つでした。

また、職場には同じ大学の仲間もいて、話が弾んだのも記憶に残っています。

当然ではありますが年上の社員もいて、社会的な礼儀を学べたのも良かったです。

部署内でも忘年会などのイベントがあって、チームワークが深まりました。

仕事はお客さん相手ということで、気を遣う場面が多かったです。

ただ、コミュニケーション能力の向上につながり、人間関係を学ぶきっかけになったと思います。

サービス業ならではの笑顔も必要ですが、自然と身につけることができました。

バイトをした感想

人との交流が好きであれば、とても向いているバイト先です。

お客さんの笑顔を見ていると、こちらも自然と笑顔になれます。

社交的な人が多く働いているので、明るい雰囲気があります。

言葉遣いや礼儀を学べたので、その後の社会人生活でとても役立ちました。

編集者のコメント:

総合スーパーには色んなお客さんが訪れるため、接客は特に重視されていたと思います。最初は上手く行かないこともあったと思いますが、持ち前の明るさで乗り切られたのではないでしょうか。バイト代で好きなこともできたようですし、良い大学生活になりましたね。

この体験談が参考になった方はクリック!

関連する体験談