ぼくのわたしのバイト体験談    

トリマーのバイト体験談!ペットの性格や癖を理解できました

336閲覧数
0評価数
トリマーのバイトイメージ

仕事内容

ショッピングモール内のペットショップで、トリマーのバイトをしました。

事前にお客さまからカットのスタイルやペットの体質、性格などをお伺いし、肌質などもチェックします。

グルーミング(爪切り、足裏の毛のカット、耳掃除など)をしながら、ペットの体調を確認していました。

どのようなカットをするのかお伝えした上で、肌や毛の状態に合ったシャンプーを使ってカットを行います。

応募したきっかけ

元々、動物が大好きで自宅でも犬を飼っているし、動物関連の仕事がしたいなっと思っていました。

トリマーは以前から興味があったので、資格を取得していました。

動物の健康に関する知識も学べるし、毎日接することで動物が愛らしくなるので応募しました。

苦労したこと

シャンプーをするときにワンちゃんが暴れる場合が多々あるので、上手にシャンプーできずに困りました。

ドライング(乾かす作業)も、ペットの体が冷えないように素早く行うため、タイミングが難しいです。

苦労を乗り越えた秘訣

何度も練習することで、ペットの性格や癖などが理解できるようになりました。

最初は上手くできなくても次第にできるようになるので、ペットに話しかけながら気持ちを伝えるようにしました。

思い出に残っていること

お客さまから預かったペットが、人見知りの激しいワンちゃんでした。

最初はシャンプーする度に嫌がって大暴れしていましたが、毎月トリミングに来る時に担当させてもらい、話しかけながらシャンプーしました。

3ヶ月目にやっと気持ちよさそうにシャンプーを喜んでくれるようになり、大人しく懐いてくれたので、気持ちが伝わったんだなぁと嬉しくなりました。

ドライングも最初は嫌がっていましたが、次第に気に入ってくれるようになりました。

毎回、仕上げのときに気持ちよさそうにしてくれるので、こちらの気持ちをペットに話しかけながら行うことで、理解してくれるんだなっと学ぶことができました。

バイトをした感想

トリマーのバイトは、動物が好きな方に最適な仕事です。

ペットの性格や肌質、健康状態について学ぶことが沢山あるため、仕事をしながら様々な知識が増えます。

トリマーの仕事は楽しいので、長く続けることができました。

編集者のコメント:

最初は暴れていたワンちゃんが懐いてくれるのは嬉しいですよね。それだけ体験者さんが真剣に向き合ってきたからこそ、好意を示してくれたのだと思います。ペットでも人間でも、相手の気持ちを思いながら働くことの大切さを学べたのではないでしょうか。

この体験談が参考になった方はクリック!