ぼくのわたしのバイト体験談    

複合型の飲食店でバイトした体験談!複数のお店で効率的に稼げました

115閲覧数
0評価数
飲食複合施設のバイトイメージ

仕事内容

ひとつの店舗にお寿司屋、食べ放題のバイキング、居酒屋が入っている広い飲食店で、基本的にお寿司屋の接客担当として勤務していました。

お寿司屋は10時開店21時まで、バイキングは12時開店22時まで、居酒屋は17時開店0時までのように、開店時間がそれぞれ異なります。

お寿司屋の仕事内容は開店前の掃除、開店後お客さんが来てから接客対応、寿司以外の食べ物の提供、レジ対応、閉店後の片付けなどです。

応募したきっかけ

大学生で時間があるので、何かしらバイトをしたかったからです。

人数が多い店だったので、あまりシフトに入れなくても、何も言われないのではないかと思って選びました。

駅から近くてアクセスしやすい場所にあったのも良かったです。

勤務体系・給与

週6日、時給1000円で働いていました。

やる気さえあれば朝から深夜まで長く働くことができるので、効率的に稼ぐことができます。

結構シフトに入っていたので、月に10万円以上稼げた月もありました。

思い出に残っていること

当時は大学4年生で授業もほぼ取り終わり、時間が余っていました。

かつ海外旅行が好きでとにかくお金が欲しかったので、普段からバイトしていたお寿司屋だけではなく、店長にお願いしてバイキングと居酒屋でも働かせてもらいました。

3つの店を合わせると従業員が多くいたので話したことがない人もたくさんいましたが、それぞれの店で働くことで色んな従業員の人と話すことができました。

それがきっかけで友達になった人もいたし、とても楽しかったです。

また、お寿司屋の閉店作業が終わった後もまだ働きたかったので、バイキングと居酒屋それぞれに行って、「手伝うことはありませんか?」と聞いていました。

自由で効率的に働けたので、楽しくて思い出に残っています。

バイトをした感想

お客さんから優しくされると嬉しくなったので、私自身も飲食店に行くときは店員さんに優しくしようと思いました。

逆にお客さんの中には変わった人もいたので、「世の中にはこんな人もいるんだな」と社会勉強にもなりました。

編集者のコメント:

気軽に職場を変えていたという体験者さん。職場が変わるといつもとは違った気持ちで働けますよね。他のバイトをかけもちするよりも融通が利きますし、無駄なく稼げそうです。色んな職場を体験したことで、コミュニケーション能力も磨かれたのではないでしょうか。

この体験談が参考になった方はクリック!