応募

迷惑になる?一度断ったバイトに再応募する時の見極め方

迷惑になる?一度断ったバイトに再応募する時の見極め方のイメージ

都合が悪くなって採用を辞退したバイト先で、やっぱり働きたいと思ったことはないでしょうか?

 
ウサくん

やっぱり働きたくなってきた

事情があって一度は断ったものの、心変わりをして働きたくなることもありますよね。

できることなら再応募したいけど、もう一度応募するのは迷惑ではないか?怒られたりしないだろうかと不安になると思います。

実は、一度断ったバイト先でも再応募することは可能です。再び募集しているのであれば、応募しても構いません。

ただし、一度は断っている以上、再応募しても採用されるかはわかりません。初めて応募する時以上に気を使わなくてはいけないでしょう。

そこで、どのようなことに注意して再応募すれば良いのかについて解説します。

一度断っても再応募は可能

スマートフォンを持ってOKサインをする女性

一度断った(採用を辞退した)バイト先でも再応募するのは可能です。再び人材を募集しているのであれば、改めて応募しても構いません。

一度断ったからといって絶対に応募できないわけではないし、あなたが断ったことをどう思うかは相手次第です。

「断ったくせにまた応募するとはどういうつもりだ!」と憤りを感じる人もいれば、「やっぱりうちで働きたかったんだね!」と好感を持ってもらえることもあります。

よほど失礼な断り方をしていなければ、再応募しても怒られることはありません。

心変わりをして「やっぱり働きたい!」と思ったのであれば、勇気を出して応募してください。

期間を空けると再応募しやすくなる

複数のカレンダー

採用を断ってから数日しか経っていないのに、再応募するのは良くないです。

再応募しても「なぜあの時に断ったのか?」と聞かれるし、不誠実だと思われます。良い印象を持たれないでしょう。

再応募する時は、なるべく3ヶ月は空けるようにしてください。3ヶ月もするとあなたの記憶が薄れるし、採用担当者も代わっているかもしれません。

期間を空けることで「当時は都合が悪かった」と説明することができるし、断った理由を正当化することもできます。

それまでバイトしないのは辛いと思うかもしれませんが、すぐ再応募しても採用される可能性は低いです。

同じバイト先で働きたいのであれば、ほとぼりが冷めるまで我慢したほうが良いでしょう。

早めの辞退は再応募がしやすくなる

バイト先に断りの電話を入れる女性

どのタイミングで断ったかで、再応募のしやすさが変わります。

例えば、採用が決まった後に辞退するのは迷惑になります。バイト先は他の人を断ってあなたを採用しているため、求人のやり直しになるからです。

求人サイトを利用していた場合、改めて求人広告費が必要になるため、損害を与えることにもなります。

しかし、面接が終わった直後や選考中の段階であれば、辞退しても他の人を採用することができます。

早めの辞退は採用担当者にとってもありがたいし、誠実な人だという印象を与えられます。再応募もしやすくなるでしょう。

条件違いで断った時は再応募しやすい

謝罪する女性

「希望したシフトで働けない」「キッチンがしたいのにホールで採用された」など、条件違いを理由に断った時も、再応募しやすいです。

再応募した理由を尋ねられた時に、「前回は条件が合わなくて断りましたが、今回は希望通りに働けると思ったので、再応募しました」と言えるからです。

ただし、「時給が低い」とか「あまり休めない」などの理由で断った場合、再応募は難しくなります。

採用担当者は批判されたと思っているため、あなたに対して良い印象を持っていません。

そのため、再応募しても受け入れてもらえない可能性が高いです。

引き止められたら再応募しやすい

採用を辞退した時に、「どうしても働けない?」と相談されたり、引き止められたのであれば、再応募しやすいです。

採用担当者がそのような態度を取るということは、少なからずあなたに好感を持っている証拠です。

断ることでその気持ちを裏切ることにもなりますが、再応募することを歓迎しくれるかもしれません。

また、「あの時、誘ってもらったので、やっぱりこちらでお世話になろうと思いました」といった説明をすることもできます。

個人の飲食店など、「働けるようになったら連絡して」と言ってくれることもあるため、断ったバイト先でも採用してもらえるチャンスはあります。

失礼な断り方をした時は再応募を諦める

NOと拒否している男性

一度断った後に再応募できるか否かは断り方にもよります。

断る理由が見つからないからと言って嘘をつく人もいますが、採用担当者は人事のプロです。

適当な嘘はすぐに見破られます。「失礼な人だ」という印象しか残らないでしょう。

また、採用の連絡があったのに無視して「なかったこと」にする人もいますが、このような対応もマナー違反です。

失礼な断り方をしているのに再応募するのは虫が良すぎます。心当たりがある人は、再応募を諦めたほうが良いでしょう。

再応募する時に前回断った理由を伝える

説明するスーツを着た女性

再応募する時は、必ず「再応募であること」と、「なぜ前回は断ったのか?」という理由を伝えるようにしてください。

「どうせ覚えていないだろう」と甘く見てはいけません。

前回と同じ採用担当者かもしれないし、バイト先で情報共有していれば再応募なのはバレます。

何も伝えずに面接をした結果、「どうしてまた来たの?」とか「断った人は採用できない」などと言われ、冷たくあしらわれることもあります。

しかし、あらかじめ再応募だということを伝えていれば、誤解されることはありません。

一度断った人を受け付けないという方針であれば、面接になることもないため、嫌な思いをすることもないでしょう。

同じ会社の別店舗に応募するのもあり

お店の外観

一度断ったバイト先がチェーン店である場合、別の地域にある店舗に応募するのもありです。

採用基準が同じであることが多いため、別店舗に応募しても受かりやすいからです。

よほど揉めたりしていない限り、ブラックリストに入ることはありません。一度断ったからといって、応募を拒否されることはないでしょう。

別店舗でも仕事内容や雇用条件は一緒であるため、バイトする分には問題ないはずです。

一度断ったバイトに再応募するするのは気まずいという人は、別店舗に応募しましょう。

まとめ

一度断ったバイトでも再応募することは可能です。断った時の状況を振り返り、再応募できるか否かを見極めてください。

 
ウサくん

きちんと断っていれば再応募しやすくなるんだね

再応募する時は、「どんな理由で断っていたのか」を判断基準にすると良いでしょう。

体調の問題であったり、シフトが合わないなどの理由で断らざる得なかったのであれば、再応募しても問題ありません。

反対に、嘘をついたり連絡を無視するなど、失礼な断り方をしていれば、再応募しないほうが良いです。

誠意を持った断り方をしていれば、再応募しても受け入れてもらえるでしょう。

ただし、一度断ったバイトに再応募しても採用される可能性は低いです。応募者から断るというのは、少なからず相手に嫌悪感を与えるからです。

再応募は他の応募者と比べて不利になりますが、それでも働きたいと思うのであれば、今度こそ働くつもりで応募しましょう。

今回のポイント

一度断ったバイトに再応募する時は、「本当に働きたいのか?」を自問自答してください。安易な理由で再応募してもまた断ることになるかもしれません。何度も断ると怒りを買います。二度と断ることが無いよう、真剣に取り組みましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事