ぼくのわたしのバイト体験談    

遊園地のレストランで働いたバイト体験談!リゾート気分で働けました

329閲覧数
0評価数
レストランのバイトイメージ

仕事内容

遊園地のプールサイドにあるレストランにて、夏だけ期間限定のバイトをしました。

レストランはオーダー後に料理を渡すスタイルだったので、食事を運ぶような作業はありません。

席へのご案内などもなく、初めてのバイトには挑戦しやすい条件が揃っていました。

また、期間限定で終わりが見えているということもあり、多少の嫌なことがあっても我慢して過ごせるので、人間関係はとても良好でした。

応募したきっかけ

学校の授業が忙しく、課題も多かったので、普通のバイトは難しい状態でした。

夏休みになると自由に使える時間があったので、夏のプール開園時飲みのバイトは、条件にぴったりでした。

苦労したこと

初めてのバイトだったので、自分でやるべきことや、仕事の範囲がわからずに苦労しました。

店が暇なときに洗い場の仕事を勝手にして、店長に注意されたこともありました。

苦労を乗り越えた秘訣

慣れてくると周りの人に確認するのがスムーズに出来るようになりました。

バイト先で時間を過ごすうちに、自分のやるべき事がだいたいわかるようになります。

仕事がわかるようになってくると、暇な時間の使い方も上手になりました。

思い出に残っていること

バイト先は遊園地の中にあり、同世代の仲間が多く、レストランや周りの施設に、お友達がたくさん出来ました。

休憩時間や自分が休みの時に友達の持ち場を訪ねたり、遊園地内で一緒に遊んだりしました。

職場でありつつも、リゾート感もあったので、楽しい夏の思い出ができたと思います。

また、天気や気温によって来園数がまったく異なるので、暇な日と驚くほど忙しい日がありました。

そんな状況も職場の仲間や友達と共有しながら、楽しく乗り切ったこともとても良い思い出になっています。

今も夏に情報番組などで「プールの来園者数が多かった・少なかった」などのニュースを見ると、懐かしくなって思い出しています。

バイトをした感想

初めてのバイトだったのでとても緊張しましたが、踏み出したその一歩は大きな一歩で、その後のバイトや社会生活に大きく影響しています。

失敗やどんな仕事も、自分にとってとても良い経験になるという事を痛感しました。

編集者のコメント:

最初は失敗を繰り返しても、回数を重ねる内に慣れてくるものです。お客さんの動向を見ながら、今何をすべきかが見えるようになると楽しいですよね。職場の人とも協力しながら仕事ができるようになってくると、成長を感じられたのではないでしょうか。

この体験談が参考になった方はクリック!

関連する体験談