ノウハウ

決まった後でも大丈夫?バイトのシフトを変更する方法

決まった後でも大丈夫?バイトのシフトを変更する方法のイメージ

バイトのシフトが出た後に、「やっぱりこの日は入れない」となることはないでしょうか?

 
ウサくん

テストがあるのを忘れてた!

学校でテストがあると勉強しなければいけないし、バイトをするわけにはいきませんよね。

できることなら休みたいけど、シフトが決まった後に変更してもらえるか心配です。

基本的にバイトのシフト変更は難しいことが多いですが、伝え方を工夫することで認めてもらえる場合があります。

そこで今回は「バイトのシフトが決まった後に変更する方法」についてご紹介します。

どうしてもシフト変更してほしい日がある時は、早めに対処してください。

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

シフト変更が必要な時はすぐ相談する

上司にスケジュールを相談する女性

シフトの希望を出した時は予定がなかったのに、後から急に用事ができる場合があります。

特にシフトを出してから決定するまでの期間が短いと、出した後に思わぬ予定が入りがちです。

学校のテストなら避けることはできないし、部活の試合ならどうしても出たいですよね。

シフト変更をお願いする時は、入れない日がわかった時点ですぐバイト先に伝えてください。

急であればあるほどシフト変更は難しくなります。言いづらいからといって先延ばしにしていると、手遅れになるかもしれません。

体調不良や身内の不幸などの緊急時を除き、前日(または当日)になってから相談しないようにしましょう。

シフト変更するための5つのプロセス

5の番号を持つ女性

シフト変更してほしいからといって、ただ店長に「その日は入れません」と言うだけでは不十分です。

店長はあなたが出勤できると思ってシフトを組んでいるため、入れないと言われても困惑します。

シフト変更をお願いする時は、以下の流れで相談するようにしてください。

1)職場のルールを確認する

シフト変更をお願いする時は、まず職場のルールを確認してください。

・シフト変更がある時は○日以内に伝える
・届け出の書類を書いて店長に渡す
・シフト管理のシステムに入力する

など、バイト先でシフト変更の方法が指定されている場合があります。

ルールが定められているのであれば、できるだけルールに従って行動するようにしてください。

そうすれば自分勝手な行動を取っていると責められることはないでしょう。

2)納得してもらえる理由を考える

シフト変更をお願いする時は、シフトを決めている店長やマネージャーが納得できるような理由を考えましょう。

単に「用事があるから休みたい」では納得してもらいにくく、わがままを言っているように思われる可能性があります。

「学校で中間テストがある」「部活の試合が組まれた」「病院で検査をする」など、具体的な理由を考えてください。

ただし、休みたいからといって嘘を付くのはNGです。嘘の理由を考えても、経験豊富な店長から見ればバレバレです。

学校関連の出来事や家庭の事情など、どうしても外せない用事であることを伝えられるようにしてください。

3)代わりに入ってくれる人を探す

店長にシフト変更を相談する前に、あなたの代わりに入ってくれる人を探しましょう。

仲の良いバイト仲間や休みの人に声をかけて、シフトを代わってもらえないか相談してください。

シフトを交代してくれる人が見つかれば、シフト変更を伝えてもスムーズに手続きしてもらうことができます。

もし、代わりに入ってくれそうな人が見つからなくても、声だけはかけるようにしてください。

そうすれば後から「暇だから入っても良い」という人が見つかることもあります。

4)店長にシフト変更を相談する

自分でできる限りの努力をしてから、店長にシフト変更を相談しましょう。

勤務が終わった後や、忙しくないタイミングを見計らって、直接声をかけてください。

あらかじめ納得してもらえそうな理由を考えておけば、相談した時に疑われるようなことはありません。

どうしても出勤できないという理由を伝えることで、渋々ながらも納得してもらえるでしょう。

また、口頭で伝えるだけだと忘れられたり、日を間違えられたりする可能性があります。

変更内容を書いたメモを渡したり、店の掲示板に書いておくなど、他の人にも伝わるようにしておくと安心です。

5)感謝の気持ちを伝える

なんとかシフト変更を了承してもらったら、店長やバイト仲間に感謝の気持ちを伝えましょう。

一度決まったシフトを変更してもらうのは、たやすいことではありません。店長だけでなく、バイト仲間にも迷惑がかかっています。

素直に「迷惑をかけて申し訳ありませんでした。おかげで助かりました」という気持ちを言葉で伝えるようにしてください。

そうすれば代わりに入ってくれる人も、良い気分で働くことができます。

法事や帰省などで休ませてもらう場合、後からお土産を持っていくのもありです。

感謝の気持ちを形で示すことで、今後も良好な人間関係を築くことができるでしょう。

シフト変更をしやすくするための条件

笑顔で働く女性

シフト変更をしてほしいと言っても、どんな人でも希望が通るわけではありません。

シフト変更を通りやすくするためには、バイト先でのあなたの評価が影響します。

シフト変更するためには、どんな条件が必要になるのか見ていきましょう。

勤務態度を良くする

シフト変更をお願いするためには、普段の行いが大切です。

遅刻が多かったり、仕事をサボったりしていると、肝心な時に誰も協力してくれなくなります。

普段から真面目に働き、勤務態度を良くするようにしてください。

嫌な仕事も一生懸命頑張り、みんなの役に立つように心がけましょう。

予定を伝えておく

学校のテストや部活の試合など、明確な日時は不明でも、ある程度の目処が立っている予定もあります。

そんな時は前もって「来月はテストがある」などと伝えておきましょう。

そうすれば万が一、シフトに入れられたとしても「用事があると言っていたな」と思われ、シフト変更してもらいやすいです。

良好な人間関係を築く

店長やバイト仲間に嫌われていると、シフトを代わってもらいにくくなります。

シフト変更をお願いしても「あのひとの代わりは嫌だ」と思われ、交代を断られてしまうでしょう。

しかし、バイト先で良好な人間関係を築いていれば、いざという時に力になってもらえます。

自分から積極的にコミュニケーションを取り、バイト仲間から信頼される人物になるように努めてください。

他人の変更を引き受ける

シフト変更したいと思うのはあなただけではありません。他の人も急に用事ができることがあります。

バイト仲間からシフト変更を頼まれた時は、できるだけ受けるようにしてください。

そうすればあなたがシフト変更をしたい時に、助けてもらえるようになります。

もちろん、無理やり引き受ける必要はありませんが、一切交代は受けないという態度を取るのは駄目です。

みんなで欠員のカバーをすることでチームワークも深まり、いざという時に助かるでしょう。

シフト変更が難しい時の対処法

時計と黒板

代わりの人が見つからず、どうしてもあなたに働いてもらわなければ困る、という場合もあるでしょう。

店長の手違いでシフトに入れられてしまったら納得できませんが、自分のミスでシフトに入っていたらどうしようもありません。

そんな時は、まるまる一日休ませてもらうのではなく、勤務時間や時間帯を変更してもらえるように交渉してください。

フルタイムで働いている人なら、午前中だけにしてもらうとか、用事が終わった後に出勤しても良いか聞いてください。

飲食店ならランチ・ディナータイム以外は暇な時間もあるため、早上がりを認めてくれるかもしれません。

丸一日代わってもらうのは難しくても、短時間なら代われるという人もいるはずです。

臨機応変に行動して、できるだけバイト先に迷惑をかけないように工夫しましょう。

絶対にシフト変更できない決まりはない

花とノート

シフトが決まった後だからといって、絶対にシフト変更ができないわけではありません。

遊ぶためにシフト変更をするのは職務怠慢や契約違反にあたりますが、やむを得ない事情であれば、その限りではないです。

ましてや、代わりの人を自分で見つけなければいけないという義務もありません。

代わりの人間を見つけろというのは、業務命令権の範囲を超える就業規則です。法律的に正しくないため、無効になります。

ただし、いくら法的に欠勤する権利が認められているといっても、バイト先に迷惑をかけていることに変わりはないです。

シフト変更は当たり前だと思わずに、できる限りの努力をするようにしてください。

まとめ

シフトが決まった後でも、交渉次第でシフト変更に応じてもらえます。

勤務日に急な予定が入った時は、諦めずに相談するようにしてください。

 
ウサくん

伝え方と普段の態度が大切なんだね

どうしても外せない用事がある時は、なるべく早めに店長やマネージャーにシフト変更を相談してください。

相談する時はバイト先のルールを確認し、店長やバイト仲間が納得しやすいような理由を用意しましょう。

普段から真面目に働き、みんなと良好な人間関係を築いていれば、いざという時に助けてもらえます。

シフト変更が通った時は、申し訳ないという謝罪の言葉と感謝の気持ちを忘れないようにしてくださいね。

今回のポイント

休みの希望を出したのに出勤になっていた時も、シフト変更の申し出が必要です。シフトを組むというのは大変な作業であるため、担当者も間違えることはあります。「どうしてシフトに入っているのですか!」と責めるような言い方をするのではなく、やんわりと事実を伝え、変更してもらえるようにお願いしましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事