ノウハウ

あなたは大丈夫?バイトを適当にすると損する7つの理由

あなたは大丈夫?バイトを適当にすると損する7つの理由のイメージ

バイトだと責任が軽いため、適当に働けば良いと思っていませんか?

 
ウサくん

バイトだから適当で良いよね

正社員と比べて給料が低いし、責任もないため、適当で良いと思うかもしれません。

一生懸命働いても疲れるだけだし、できるだけ楽したい気持ちはわかります。

しかし、バイトを適当にすると損します。肉体的な疲れはなくても、精神的に疲れることが多くなるからです。

そこで今回は「バイトを適当にすると損する理由」を解説します。

バイトで損したくないという人は、あらかじめ気をつけましょう。

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

なぜ「バイトは適当でいい」と言われるのか

疑問に思っている女性

そもそも、なぜ「バイトは適当でいい」という人がいるのでしょうか?

バイトでも正社員でも仕事は仕事です。労働力の対価にお金をもらうという仕組みは変わりません。

しかし、バイトは正社員と比べて責任が希薄です。一生懸命やってもやらなくてもお金がもらえます。

正社員なら適当に仕事をしていると人事の査定に響き、出世することはありませんが、バイトならそういう事はありません。

どれだけサボっても出勤している限りは時給分のお金がもらえます。減給されることもありません。

そのため、真面目に働くのが馬鹿らしく感じ、適当にやれば良いという人が出てくるのです。

バイトを適当にすると損する7つの理由

驚いている女性

バイトを適当にやってもお金がもらえるからといって、それで良いわけではありません。

精神論ではなく、現実的に損することが多くなるからです。

バイトを適当にすることで、どんな損があるのか見ていきましょう。

スキルが身につかない

バイトをすることでたくさんのスキルを身につけることができます。

挨拶やビジネスマナーが身につくし、仕事で経験した技術を身につけることができます。

しかし、バイトを適当にすることでスキルが身につきません。ただ時間を消費しているだけです。

スキルが身につかないといつまで経っても成長しません。ゲームで言えばレベル1のままです。

たとえ別の職場に行ったとしても、また一から覚える必要があります。年だけ重ねて成長しないのは虚しいです。

バイトを適当にすると将来に響くため、注意してください。

バイト仲間に嫌われる

バイトを適当にする人は、バイト仲間から嫌われます。

困ったことがあっても誰も助けてくれなくなるし、バイト先で孤立してしまうでしょう。

いくら「友達を作るためにバイトをしているわけじゃない!」と強がってみても、他人から嫌われるのは辛いものです。

仕事もやりにくくなるし、しんどい仕事も全部ひとりでやらなければいけません。

人間関係が上手く行かないことで、仕事の疲れ以上にストレスを感じることになります。

時給が上がらない

バイトでも経験や立場によって昇給しますが、バイトを適当にしている人は時給が上がりづらいです。

同期は時給が上がってるのに、あなただけ採用時のままということもあります。

どんなに仕事ができる人であっても、適当にしていると思われた時点で評価されることはありません。

お金を稼ぐためにバイトをしているのに、いくら働いても稼げないのは本末転倒です。

いつまでも時給が変わらないことでモチベーションは上がらず、働く意味を見いだせなくなるでしょう。

休みたい時に休めない

バイトを適当にする人は、休みたい時に休めません。

店長から信頼されていないため、休みのシフトを出しても却下されやすいです。

代わってくれる人を探そうとしても、バイト仲間から信頼されないので、見つからない可能性が高いです。

休みたい時に休めないことで、万が一の時が大変です。体調不良でも無理に出勤せざるを得なくなります。

休めないと予定が入れづらくなり、シフト管理が難しくなるでしょう。

時間が遅く感じる

バイトを適当にすることで、時間の流れが遅く感じやすいです。

目の前の仕事に集中していればあっという間に時間が過ぎますが、適当にすることで脳が刺激を受けないからです。

「1時間ぐらい経ったと思ったら、10分も経ってなかった」ということがよくあります。

予想以上に時間が経っていない事に気づいたら、精神的に疲れるし、苦痛を感じるでしょう。

バイトを適当にやってストレスを溜めるのであれば、一生懸命働いて肉体的に疲れる方が、精神的に楽ではないでしょうか。

責任のある仕事を任されない

バイトを適当にする人は責任のある仕事を任されません。

責任のある仕事を任せて手を抜かれたり、失敗されたら困るからです。

そのため、責任がない単純作業や誰でもできるような仕事しかさせてもらえません。

責任がない仕事は楽かもしれませんが、やりがいを感じられず、面白くないです。

モチベーションも上がらずに、いつか辞めたくなるでしょう。

社会に出た時に困る

バイトは学生にとって、社会人になる前の予行演習でもあります。

与えられた仕事をきっちりこなし、敬語やビジネスマナーを身に着け、お客さんへの接し方を覚えれば、社会に出てから困ることはありません。

しかし、バイトを適当にしていると社会に出るための心構えができません。

仕事をする責任感がないまま社会に出ても、トラブルに巻き込まれるだけです。

せっかく良い会社に就職できても、周りの雰囲気に溶け込むことができず、すぐに辞めたくなるでしょう。

バイトを適当にするとクビになる?

クビを宣告している男性

バイトを適当にするとクビになることがあります。

遅刻が多かったり、勤務態度に問題がある人は、職務怠慢だと捉えられるため、解雇通告されることがあるからです。

ただし、一度や二度注意されたからと言って、いきなりクビになることはないです。

従業員の職務怠慢は雇用側にも責任があるため、指導して改善させることが求められるからです。

そのため、ある日突然「辞めてくれ」と言われるのではなく、何度か注意を受けることになります。

店長にガミガミ怒られたり、嫌味な先輩に皮肉を言われることが多くなるでしょう。

何度か注意を受けているのに改善しない場合、シフトを減らされたり、退職を促されることもあります。

いつも一生懸命にやる必要はない

職場で笑顔の女性

バイトを適当にやっている人は、「一生懸命にやるとしんどい、疲れる」と思いがちです。

何時間も集中し続けるのは難しいため、適当にやらないと身が持たないと思うでしょう。

ただし、いつも一生懸命にやる必要はありません。

暇な時間帯はのんびりやってもいいし、結果が出せるなら手を抜いても良いです。

大切なのは、やらなければいけない時にやれるようになることです。

必要な時にきちんと働いているのであれば、周りからネガティブな評価を受けることはありません。

しかし、普段から適当な人は力の抜き加減がわかりません。0か100かになりやすく、上手く調整できないでしょう。

いつも一生懸命にやる必要はありませんが、一生懸命にやったことがないと、手の抜き方がわからなくなります。

肝心な時に動けるようになるためにも、できるだけ真面目に働くようにしてください。

バイトで得るものがない時は辞める

前向きに歩いている女性

真面目に働くのは疲れるから適当にしているという人もいれば、適当にやってもできてしまうからという人もいるでしょう。

適当にやってもできるのは、慢性になっている証拠です。それ以上成長することはありません。

バイトで成長することがないのであれば、思い切って辞めることも考えてください。

いつまでもダラダラ仕事をしても得るものはありません。時間を損するだけです。

バイトをしている時間も、あなたの人生で大切な時間の一部です。それを適当に使うのはあまりにももったいないです。

貴重な時間を有効活用するためにも、適当に働いているバイトは辞めましょう。

まとめ

バイトだからといって適当にしていると損します。

どんな仕事でもお金をもらっている以上は、真面目に取り組むようにしてください。

 
ウサくん

やっぱり適当では駄目だね

バイトを適当にすることでスキルが身につかないし、時給も上がりません。

店長やバイト仲間にも嫌われるため、休みたい時に休めなくなるでしょう。

適当にやってもお金がもらえれば良いですが、職務怠慢を疑われ、クビになることもあります。

いつも一生懸命やる必要はありますが、適当にすると損することが多いため、注意してください。

ただし、バイトは嫌々やるものではありません。

適当にやるぐらいなら、思い切って辞めることも視野に入れてください。

今回のポイント

給料しか見ていないと、適当にやっても変わらないように感じます。しかし、バイトはあなたの貴重な時間を使って行っているため、給料をもらうだけでは損します。給料以外の価値を得るためにも、真面目に働いた方がお得です。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事