応募

バイトする勇気がない高校生に贈る7つの秘策

バイトする勇気がない高校生に贈る7つの秘策のイメージ

高校生になるとバイトがしたくなりますが、なかなか勇気が出ませんよね。

 
ウサくん

バイトするのが怖い…

失敗して怒られるのは嫌だし、働くのが怖いという気持ちわかります。

だからといって諦めたくないし、いい加減なんとかしたいですよね。

実は、バイトをする勇気が出ないのは「勇気を出す方法」を知らないからです。

勇気の出し方が分かれば、思い切って挑戦できるようになるでしょう。

そこで今回は「バイトする勇気がない高校生に贈る7つの秘策」をご紹介します。

勇気がなくてバイトができない人は、ぜひ参考にしてください。

1)友達と一緒に働く

ひとりでバイトするのが不安な人は、友達を誘ってください。

友達と一緒なら心強いため、人間関係の不安を払拭することができます。

友達と協力しあいながら働くことで、友情も深まるでしょう。

また、すでにバイトをしている友達を頼って、バイト先を紹介してもらうのもありです。

友達が働いているバイト先なら事前に内容がわかるため、バイトへの恐怖心は薄れます。

2)問い合わせ電話をする

応募電話がかけられない人は、まず問い合わせの電話をしてください。

「○○はありますか?」「何時まで開店してますか?」など、客として質問しましょう。

かんたんな質問なら口下手でも聞きやすいし、相手も答えやすいです。

飲食店なら毎日たくさん電話がかかってくるため、声を覚えられることもありません。

一度お店の人と話せば緊張がほぐれるため、次に応募電話しやすくなります。

3)街を散策する

スマホでバイト探しをしている人は、一旦スマホを止めて街を散策してください。

ショッピングモールや商店街を歩き、気になるお店を探してみましょう。

店の中に入らなくても、外から観察するだけで雰囲気を掴むことができます。

実際に体を動かしてバイト探しをすることで、モチベーションは高まります。

同年代の人が一生懸命働いている姿を見れば「自分も頑張らなければ!」となり、やる気も出てくるでしょう。

4)履歴書を買いに行く

今すぐ応募するのが難しいのであれば、履歴書を買いに行ってください。

バイトに必要なものを買いに行くことで「無駄にしたくない」という意識が働き、応募する気になれます。

また、証明写真を撮りに行くのも効果的です。

証明写真は履歴書よりも金額が高いため、無駄にしたくない想いが強くなります。

バイトをするための態勢を整えていけば、気持ちを奮い立たすことができるでしょう。

5)良い体験談を見る

バイト体験談を見るときは、ネガティブな体験談ではなく、ポジティブな体験談を見るようにしてください。

「バイト代でほしいものを買った」「バイトから正社員になれた」「バイト先で恋人ができた」など、さまざまな良い体験談を投稿している人がいます。

良い体験談を見ると「自分も同じようになりたい!」という気持ちになり、バイトをする気になれます。

反対にネガティブな体験談は気持ちを暗くさせ、バイトをするのが怖くなるので注意してください。

6)お小遣いをもらわない

親からお小遣いをもらっている人は、一時的にもらうのを止めてみましょう。

毎月お小遣いをもらっているとお金に困らないため、なかなかバイトする気にはなりません。

しかし、お小遣いをもらえなくするとお金がなくなり、やりたいことができなくなります。

友達と遊びに行けないし、好きなものを買うこともできません。

あえて「バイトするしかない」という状態を作れば、勇気がなくても働けるようになるでしょう。

7)パンフレットを取り寄せる

習い事や欲しい物を買うためにバイトがしたい人は、パンフレットを取り寄せましょう。

パンフレットを見ることで「やりたい!欲しい!」という感情が強くなるため、バイトをするモチベーションになります。

また、将来の夢が決まっている人は、関連する企業の会社案内を取り寄せたり、見学に行くのもありです。

バイト経験が自分の夢に必要なものだと感じられれば、勇気を出して応募できるようになるでしょう。

好きな人ができるとバイトもできる?

実は、好きな人ができるとバイトする勇気が持てるようになります。

好きな人ができると自分の見た目が気になるようになり、良い格好をしたくなるからです。

たとえ相手が見た目で判断しない人でも、好きな人の前ではカッコよく・かわいくなりたいですよね。

また、ご飯を食べに行ったり、遊びに行ってもお金が必要になります。

せっかく会えるのに「お金がないから今日はいけない」というわけにはいきません。

片思いでも両思いでも、好きな人と一緒に過ごすことを想像すれば、バイトする勇気が湧いてくるでしょう。

単発バイトなら勇気がなくてもできる

学校との両立や人間関係が不安でバイトできない人は、単発バイトをおすすめします。

単発バイトは1日~数日程度で終わるため、人間関係の煩わしさがありません。

たとえ嫌な人がいてもその日限りで終わるため、気が楽です。

また、仕事内容は単純作業が多く、複雑な仕事をまかされることもないので安心です。

イベント設営、食品販売、引っ越しアシスタント、サンプリング、巫女など、さまざまな職業を体験できます。

一度バイトをすれば仕事に対する恐怖心は薄れるため、長期のバイトもできるでしょう。

高校生は失敗を恐れなくても良い

バイトをする勇気がない人は、やる前から失敗をおそれています。

「怒られたらどうしよう…」という恐怖心から、思い切った行動に移せません。

しかし、高校生は失敗を恐れなくても良いです。

高校生はあくまで学業が本分であり、社会人とは異なります。

最初からスキルやマナーが求められるわけではなく、失敗することを想定した上で雇われています。

そのため、やる前から失敗を恐れて落ち込む必要はありません。

失敗は成功のもと」ということわざにもある通り、失敗して学べることはたくさんあります。

何事もやってみなくては結果はわかりません。やってみれば意外とかんたにできる場合もあります。

ぜひ「バイトがしたい」と思った気持ちを大切にし、勇気を出して挑戦してください。

まとめ

高校生になるとバイトがしたくなりますが、勇気がなくて出来ない場合があります。

しかし、ちょっとしたきっかけで勇気は湧いてくるため、勇気を出す方法を試してみてください。

 
ウサくん

やれることから始めてみよう

人間関係が不安な人は、友達にバイト先を紹介してもらいましょう。友達と一緒なら不安も軽減します。

応募電話が苦手な人は、問い合わせ電話をして会話に慣れるようにしてください。

その他、街を散策してバイトをしている人を観察したり、履歴書を買いに行くのもありです。

人生は勇気を出して後悔するよりも、勇気を出さずに後悔する方が圧倒的に多いです。

未来の自分を輝かせるためにも、勇気を出して行動してみましょう。

今回のポイント

バイトをする勇気がないのは環境も影響します。親がバイトに反対だったり、友達がバイトの愚痴ばかり言ってると、勇気を出せなくなります。新しいことをするときは、ネガティブな意見に流されないように気をつけましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事