探し方

遅くても大丈夫!スピードが求められないバイト10選

記事内にプロモーションが含まれています
遅くても大丈夫!スピードが求められないバイト10選のイメージ

バイトはスピードが求められるため、不器用だとついていけるか心配ですよね。

 
ウサくん

ついていく自信がない

仕事が遅いと怒られそうだし、クビになるのではないかと不安になります。

できることなら、スピードが求められないバイトがしたいですよね。

実は、バイトで必ずしもスピードが求められるわけではありません。

スピード以外の要素を重視するバイトもあるため、選び方が重要になります。

そこで今回は「スピードが求められないバイト」をご紹介します。

みんなについて行けるか不安な人は、スピードが求められないバイトをしましょう。

バイトでスピードが求められる理由

忙しく仕事をする女性

バイトでスピードが求められる理由は、仕事の効率化と顧客サービス向上にあります。

顧客の期待に応えるためには、時間を効果的に使う必要があるからです。

たとえば、ファストフード店では注文から提供までの時間が重要になります。

お客さんは待ち時間を短くしたいし、早く食事を受け取りたいと期待しています。

早く提供できればお客さんは満足するし、回転率が上がって店の売上にも寄与します。

逆に時間がかかるとお客さんの不満は募り、リピーターにもなってくれません。

時間を短縮することでさまざまな利点があるため、バイトでもスピードが求められるでしょう。

スピードが求められないバイト10選

笑顔で働く書店員

バイトでもスピードが求められるのが一般的ですが、スピードが要求されないバイトもあります。

スピードが求められなければ焦る必要はなく、じっくり仕事に取り組むことができるでしょう。

どんなバイトならスピードが求められないのか見ていきましょう。

書店員

本屋の書店員は、焦らずにマイペースで仕事ができます。

本の魅力を伝えるのが大切であり、スピードよりも丁寧なサービスが求められるからです。

お客さんから相談を受けた際に、話しながらその人の好みに合った本を提案しなけばいけません。

コミュニケーションが大切になるため、速さは求められないでしょう。

図書館司書

図書館司書は、静かな環境で本と共に過ごすことが好きな方にピッタリです。

本の管理や利用者のサポートが主な仕事であり、利用者への案内も静かに行われます。

新しい本の仕入れや蔵書の整理をする際も、どこに何を置くか慎重に見極めなければいけません。

スピードが求められないため、ゆったり働きたい人に向いているでしょう。

美術館の監視員

美術館の監視員は、芸術作品の監視や来館者の案内が主な仕事です。

作品には時間をかけてじっくりと目を向け、安全を確保する必要があります。

訪れる人々は静かに作品を楽しみたいと思っているため、監視員はその雰囲気を保たなければいけません。

騒がしくすると気分が損なわれるため、ゆっくりと歩きながら巡回することになるでしょう。

個人の喫茶店

個人の喫茶店は、接客や料理の提供が主な仕事です。

チェーン店よりも顧客との距離が近く、お客さんとのふれあいを楽しむことができます。

お客さんは安らぎを求めて店にくるため、店員も雰囲気に合わせて行動しなければいけません。

注文さえ間違わなければ、クレームになることはないでしょう。

デパートの受付

デパートの受付では、お客さんからへの対応や案内業務が主な仕事です。

的確に案内することが求められ、焦ることなく慎重に対応することが期待されます。

たとえば、お客さんが場所を訪ねてきた際は、スピードよりも正確な情報提供ができなければいけません。

お客さんとの対話が得意で、細やかな気配りができる人に向いてるでしょう。

工場のライン

工場のラインは、製品の組み立てや梱包などが主な仕事です。

作業はリズムよく進むため、じっくりと仕事に取り組むことができます。

製品のパーツを組み立てる作業では、一定の手順に従って進めるため、焦る必要はありません。

黙々と作業することが求められるため、作業のリズムを守りながら進めれば問題ないでしょう。

試験監督

試験監督は、試験室内で学生たちの行動を監視する仕事です。

試験中は静粛が求められるため、試験監督はじっくりと学生たちの様子を見守ります。

集中力を保ちながら、試験の進行を円滑にサポートしなければいけません。

勤務時間も決まっているため、スピードを求められることはないでしょう。

家庭教師

家庭教師は個別指導が主体になるため、のんびりと生徒に寄り添えます。

生徒の能力や理解度に合わせて、慎重に指導しなければいけないからです。

生徒が理解できない箇所があれば立ち止まり、丁寧に説明しなければいけません。

一人ひとりに合わせた教育を提供していれば、スピードは関係ないでしょう。

警備員

警備員は、施設内外での巡回や来訪者の対応が主な業務です。

建物や施設の安全を守る必要があり、慎重な行動が求められます。

施設内で異常があった場合、迅速かつ冷静に対処しなければいけません。

スピードよりも冷静な判断力と、慎重な行動が求められるでしょう。

巫女

巫女さんのバイトは、スピードが求められにくいです。

神聖な雰囲気を壊さないよう、慎重かつ優雅な動きが要求されます。

年末年始になるとお客さんが殺到しますが、売り場は決まっているので動き回る必要はありません。

自分勝手な行動をせず、神聖な雰囲気を大切にできる人に向いてるでしょう。

スピードが求められないバイト先の特徴

お客さんがいない店内

上記でご紹介したバイト先以外にも、条件によってスピードが求められない場合があります。

どんな特徴があればスピードが求められないのか見ていきましょう。

客が少ない

お客さんが少ないバイト先は、スピードが求められにくいです。

一人ひとりに時間をかけて接することができるため、早くできなくても良いからです。

たとえば、飲食店のランチ・ディナータイムはお客さんが多くなりますが、それ以外の時間帯は暇になります。

お客さんの数がまばらになるため、急いで作業する必要はありません。

スピードを求められるのが嫌な人は、お客さんが少ない時間帯に働きましょう。

静かな環境

本屋や美術館など、静かな環境の職場もスピードが求められにくいです。

従業員が急かせかと行動していると、雰囲気が台無しになるからです。

お客さんはゆっくり過ごすために訪れるため、焦らされることはありません。

多少仕事が遅くても、怒られることはないでしょう。

完全予約制

完全予約制のバイトは、スピードが求められない場合が多いです。

お客さんの数が限られているため、早く終わらせる必要がないからです。

たとえば、完全予約制のエステサロンだと、飛び込み客はいません。

カウンセリング、施術、会計などの流れが決まっており、心に余裕を持って対応できます。

次の予約に影響が出ないようにしなければいけませんが、焦って作業しなくても良いでしょう。

ノルマがない

ノルマがないバイトもスピードを求められないです。

従業員の成果を意識しないため、作業を急がされないからです。

たとえば、宝くじ売り場の店員は自分から接客しません。

店員の行動で売上が変わるわけではないし、営業要素は少ないです。

ノルマがないバイトをすることで、目の前の業務に集中できるでしょう。

速さ以外を重視

バイトで求められるのは速さだけではありません。

責任感や忍耐強さ、注意力や冷静さが優先される仕事も多いです。

たとえば、警備員の仕事は安全を確保することが目的になります。

警備員が急いで行動すると見落としが増え、事故になりかねません。

速さ以外を重視する職場だと、真面目に働いていれば問題ないでしょう。

スピードが求められないバイトのメリット

笑顔でテーブルを拭く女性

スピードが求められないバイトをすると、次のようなメリットがあります。

ミスが減る

スピードが求められないバイトをすることで、仕事のミスが減ります。

急いで行動する必要がないため、注意深く業務をこなすことができるからです。

たとえば、データ入力の仕事は正確に情報を入力することが求められます。

間違いがあるとデータの信頼性が損なわれるため、慎重に作業しなければいけません。

しかし、スピードが求められないと、一定の品質を保つことができます。

ミスが減ると周りに迷惑をかけないため、初心者でも安心して仕事に取り組めるでしょう。

体力を消耗しない

スピードが求められないバイトは、体力を消耗せずに働くことができます。

運動量が少なくなるため、体力の過度な消耗を防げるからです。

体力を消耗しないことで長時間の仕事でも継続できるようになし、途中で息切れしません。

業務に集中しやすくなり、健康を維持しながら働けるでしょう。

ストレスが溜まりにくい

スピードが求められないバイトは、仕事が緩やかに進みます。

余裕を持って業務に取り組めるため、ストレスが溜まりにくいです。

スケジュールに追われるとストレスの原因になりますが、スピートが求められないのでイライラしません。

心理的な負担が少ないため、ストレスを溜めずに働けるでしょう。

人間関係で悩まない

スピードが求められないバイトをすることで、人間関係で悩まなくなります。

余裕をもって他人と接することができるため、人間関係が円滑に保たれるからです。

忙しいとコミュニケーションが不足して誤解が生じやすくなりますが、スピードが求められないと丁寧な説明ができます。

職場のトラブルを避けられるし、仕事に集中できるようになるでしょう。

発想力が養われる

余裕をもって業務に取り組むことで、発想力が養われる場合があります。

時間をかけて考えられるため、新しいアイディアや解決策が見つかりやすくなるからです。

急いでいると創造的な発想が難しくなりがちですが、スピードが求められない環境では、ゆっくり考えても問題ありません。

発想力が養われることで、クリエイティブなアイディアを生み出すことができるでしょう。

スピードが求められないバイトのデメリット

不安そうに仕事をする女性

一方、スピートが求められないのは良いことばかりではありません。

仕事をする上でマイナスになる場合もあるからです。

そこで、スピードが求められないバイトのデメリットをご紹介します。

時給が低い

スピードが求められないバイトは、時給が低くなりがちです。

時間内にこなす仕事量が少なくなり、費用対効果が低いからです。

バイト先への売上貢献にはつながりにくく、昇給もありません。

バイトの時給が低いと、仕事に対するモチベーションは下がるでしょう。

変化に対応できない

スピードが求められないバイトをしていると、変化に対応できなくなります。

予測可能な環境での業務が中心となり、柔軟に対応するのが難しくなるからです。

お客さんに予期せぬ質問をされても答えられないため、パニックになりかねません。

結果的に顧客満足度は下がり、自信を喪失させてしまうでしょう。

スキルアップしづらい

スピードが求められないバイトは、スキルアップしづらいです。

誰でもできる仕事をしているため、学ぶ要素が少ないからです。

定型的な業務や単純作業ばかりしても、スキルの向上は難しくなります。

成長が実感できないことで、バイトをしている時間が虚しく感じるでしょう。

時間の経過が遅く感じる

スピードが求められないバイトは、時間の経過が遅く感じます。

仕事の進行が穏やかなため、時が経つのがゆっくりに感じるからです。

時間の経過が遅いことで、バイトにいる時間が長く感じ、ストレスは増します。

いずれ仕事がつまらなくなり、辞めたくなってしまうでしょう。

成果が上がりづらい

スピードが求められないバイトは、成果が上がりづらいです。

成果を上げるための効率的な手法や戦略を模索しにくいからです。

成果が上がらないと周りから評価されないし、待遇も良くなりません。

目に見える変化がないとマンネリ化してしまい、モチベーションを保てなくなるでしょう。

スピードが求められなくても手を抜くのはNG

時計の前でガッツポーズをする女性

バイトでスピードが求められないからといって、手を抜いてはいけません。

適当に仕事をするようになることで、あなた自身の評価に影響を与えるからです。

たとえば、データ入力は早さよりも正確性が求められますが、手を抜くと誤字脱字が多くなり、データの信頼性を損ないます。

上司から怒られる要因になるし、自己の成長にも繋がりません。

たとえ単純作業であっても、バイト先は一定のクオリテイを求めています。

どんな仕事でも一生懸命にやることで、周りとの信頼関係を築き、職場の雰囲気が良くなるでしょう。

まとめ

バイトをしているとスピードを求められがちですが、スピードが求められないバイトもあります。

速さが求められないと仕事で焦る機会が少ないため、安心して働けるでしょう。

 
ウサくん

パニックにならずに済むね

スピードが求められないバイトをすることでミスが減り、人間関係で悩まなくなります。

店長やお客さんに怒られる機会が少なくなるため、ストレスも溜まりません。

一方、スピードが求められないバイトが時給が低い傾向にあり、スキルアップしづらいといったデメリットもあります。

メリット・デメリットがあるため、バイト選びは慎重に判断してください。

ただし、スピードが求められないバイトでも、手を抜いて良いわけではありません。

いい加減な仕事をしていると怒られる原因になるため、どんな仕事でも一生懸命取り組みましょう。

今回のポイント

気になるバイト先を見つけたら、応募する前に下見に行ってください。店員の様子を観察することで、どの程度のスピードが求められているのかわかります。誰かが遅くてもフォローする体制が整っているのであれば、スピードを意識しすぎずに成長できるでしょう。

この記事の監修

Rd-IIのロゴ

Rd-II(アール・ディ・ツー)

15年以上にわたり、求人サイト構築や採用サイト制作など、採用支援サービスを行う。その豊富な経験を活かし、アルバイトで悩む人に役立つ情報を提供しています。

運営者情報

関連記事