面接・採用

もう悩まない!冬のバイト面接に適した服装と選び方

記事内にプロモーションが含まれています
もう悩まない!冬のバイト面接に適した服装と選び方のイメージ

冬にバイトの面接を受けるときは、服装選びに悩みますよね。

 
ウサくん

何を着ていけば良いかわからない

冬は寒さも関係するため、何を着ていけば良いかわからなくなります。

できることなら、服装で悪い印象は与えたくないですよね。

実際のところ、冬の面接は服装選びが難しいです。

冬は衣類が増えるため、慎重に選ばなければいけません。

そこで今回は「冬のバイト面接に適した服装と選び方」をご紹介します。

冬の面接で何を着ていくか迷ったときは、ぜひ参考にしてください。

冬の面接は服装選びが難しい

冬のアウター

冬の面接は服装選びが難しくなります。

冬は防寒対策で衣類が増えるため、装いが変わってくるからです。

夏なら襟付きシャツにストレートパンツで大丈夫ですが、冬は上着(アウター)を着ます。

普段着ているアウターだとカジュアルすぎて、面接にふさわしくありません。

インナーにはシャツが良いのか、ニットにするか、タートルネックは問題ないのかなど、考えることは多くなります。

冬は着る服が増える分、面接で何を着て行くか悩むでしょう。

冬の面接はコートを着るのが無難

壁にかけられているコート

バイトに限らず、冬の面接はコートを着るのが無難です。

コートは社会人が冬に着るアウターとして、定番化されています。

特にトレンチコートやチェスターコート、ステンカラーコートと呼ばれるコートは、職種を選びません。

黒や紺など落ち着いた色を選び、自分の体に合ったコートを着ていけば、悪い印象は持たれないでしょう。

ただし、Pコートやダッフルコート、モッズコートやダウンコートは避けた方が良いです。

カジュアル要素が強いため、面接に相応しくないとされています。

遊びに来ていると思われないためにも、フォーマルな印象を与えられるコートを選びましょう。

ダウンジャケットでも良い場合がある

ダウンジャケットを着る女性

ダウンジャケットはカジュアルな印象が強いので、面接で着ていくのはNGです。

しかし、バイトは就活とは異なるため、ダウンジャケットでも良い場合があります。

たとえば、コンビニやファストフード店はカジュアルな職場です。

通勤時の服装に厳しいわけではないし、ダウンジャケット着たお客さんもたくさん訪れます。

高校生ならダウンジャケットを着るのは自然だし、コートを持っていなくても不思議ではありません。

ダウンジャケットを着たまま面接を受けるわけではないため、邪魔にならなければ問題ないでしょう。

冬はスカートよりもパンツが快適

黒のパンツ

女性が冬にバイトの面接を受ける際は、スカートよりもパンツ(ズボン)が快適です。

パンツの方が保温性が高く、暖かさを保つことができるからです。

スカートでもフォーマルな装いはできますが、冬はヒザ下の寒さが気になります。

レギンスやスパッツを履いて防寒対策をすることはできますが、見た目が幼く見えるかもしれません。

タイツはNGな場合もあるため、冬はスカートよりもパンツにした方が良いでしょう。

冬でも面接でブーツは履かない

ブーツはNG

冬の定番アイテムといえばブーツですが、面接でブーツは履かないでください。

ブーツはカジュアルな印象を与えるため、面接には相応しくありません。

革靴やローファー、パンプスやヒールの浅いスニーカーを履いていくのが無難です。

もし、雪が降って路面が濡れているのであれば、履き方を工夫してください。

面接会場まではブーツを履いて行き、会場に入る前に革靴やパンプスに履き替えれば問題ありません。

荷物は多くなりますが、ブーツのまま面接を受けるよりも良いでしょう。

面接でニットを着て行く際の注意点

ニット

冬のファッションといえばニットやセーターですが、面接で着て行く際は注意が必要です。

ニットは耐久性に問題があり、手入れが難しいからです。

何も考えずにニットを着て面接を受けた結果、恥ずかしい思いをするかもしれません。

面接で恥をかかないためにも、次の点に注意しましょう。

毛玉やほつれに注意

ニット製品を着ていくときは、毛玉やほつれに注意してください。

ニットの状態が悪いと、だらしない印象を与えるからです。

毛玉やほつれが目立つと清潔感が失われ、良い印象を与えられません。

ニット傷みやすいので、着ていく際は注意しましょう。

体のサイズに合わせる

面接では、体のサイズに合わせたニットを着てください。

サイズが合わないニットを着ていると、幼く見えるからです。

洋服を着こなすと言うよりも、洋服に着られているように見えるかもしれません。

面接官に違和感を与えないためにも、体のサイズに合わせましょう。

カーディガンはボタンを閉める

ニットカーディガンを着ていくときは、ボタンを閉めてください。

カーディガンのボタンが開いたままだと、だらしなく見えるからです。

ボタンを閉めることで身体のラインが整い、フォーマルな雰囲気を醸し出します。

一番下のボタンだけ開け、それ以外は閉じると見栄えが良くなるでしょう。

タートルネックは避ける

面接でタートルネックは着ないようにしてください。

タートルネックは襟付きシャツよりも、カジュアルな印象を与えやすいです。

首周りが完全に隠れるし、暗い印象を与えかねません。

清潔感を失う場合もあるため、VネックやUネックにした方が良いでしょう。

冬のバイト面接で気をつけたいマナー

面接を受ける女性

冬のバイト面接は、服装だけ気をつければ良いわけではありません。

応募者が面接を受けるにあたって、どのように振る舞うかも見られています。

そこで、冬のバイト面接で気をつけたいマナーについてご紹介します。

会場についたら上着やマフラーは脱ぐ

面接会場についたら、上着やマフラーは脱いでください。

着用したまま建物の中に入ろうとしてはいけません。

脱いだコートは二つ折りにして、利き手とは反対の腕にかけるのが基本です。

マフラーや手袋はカバンにしまうと邪魔にならないでしょう。

面接時は上着をカバンの上に置く

面接時は上着をカバンの上に置いてください。

椅子の上に乗せたり、背もたれにかけてはいけません。

面接中に椅子から落ちたり、汚れる可能性があります。

ハンガーがあっても無断で使用するのではなく、許可をもらってから使いましょう。

面接会場を出てから上着を着る

持参した上着は、面接会場を出てから着るようにしてください。

面接が終わったからといって、その場で着てはいけません。

その場で着るとホコリが落ちて、室内を汚す可能性があります。

入室時と同じように片腕にかけてから移動し、会場を出てから着るようにしましょう。

カイロは目立たないようにする

防寒対策でカイロを使うのであれば、目立たないようにしてください。

服の上からカイロが見えてしまうと、印象を損ねる場合があります。

腰や背中に貼ったり、ズボンのポケットに入れると目立ちません。

枚数が多くなると暖かくなりすぎるので、貼りすぎないようにしましょう。

防寒対策をして面接を乗り切ろう

スマートフォンを見るコートを着た女性

冬にバイトの面接を受ける上で大切なのは、防寒対策をしっかり行うことです。

防寒対策が不十分だと、面接に集中できなくなるからです。

面接会場は室内になりますが、十分に暖房が効いているかわかりません。

寒くても我慢しなければいけないし、寒がっていると印象が悪くなるでしょう。

バイトに受かるのも大事ですが、風邪をひいたり体調を崩しては元も子もありません。

見た目だけに気を配るのではなく、防寒対策をしっかりして面接に臨みましょう。

まとめ

冬のバイト面接は寒さも関係するため、服装選びが難しくなります。

服装選びを間違うと印象を損ねるため、しっかり準備するようにしてください。

 
ウサくん

冬はコートが無難だね

冬に着るアウターは色々ありますが、面接で着て行くのであればコートが無難です。

トレンチコートやチェスターコート、ステンカラーコートはフォーマルな場所に適しています。

インナーにニットを着る際は毛玉やほつれには注意して、体のサイズに合わせるようにしてください。

面接会場に着いたら上着は脱ぎ、面接時はカバンの上に置けば問題ありません。

防寒対策とビジネスマナーを両立させることができれば、自信を持って面接に挑めるでしょう。

今回のポイント

面接で着ていく服は、色合わせにも注意してください。黒や紺、グレーや茶色などが適切です。白やベージュは清潔感がありますが、カジュアルな印象が強くなります。なるべく落ち着いた色を選ぶことで、シックにまとまるでしょう。

この記事の監修

Rd-IIのロゴ

Rd-II(アール・ディ・ツー)

15年以上にわたり、求人サイト構築や採用サイト制作など、採用支援サービスを行う。その豊富な経験を活かし、アルバイトで悩む人に役立つ情報を提供しています。

運営者情報

関連記事