面接・採用

バイト面接で襟なしシャツは駄目?服装選びのポイントとは

バイト面接で襟なしシャツは駄目?服装選びのポイントとはのイメージ

私服でバイトの面接に行く場合、上着をどうするか悩みますよね。

 
ウサくん

襟なしシャツだと駄目かな?

襟なしシャツだとラフなイメージがあるため、印象が悪くなりそうだという気持ちわかります。

できることなら、服装で落とされることがないようにしたいですよね。

実は、襟なしシャツだからといって一概に駄目というわけではありません。

清潔感のある服装ができていれば、襟なしでも採用してくれます。

そこで今回は「バイト面接で襟なしシャツを着て行く際のポイント」をご紹介します。

襟なしシャツを着ていくか迷っている人は、ぜひ参考にしてください。

バイト面接は襟付きシャツが基本

白いシャツ

バイト面接用の服装は、襟があるシャツ(通称:襟付きシャツ)が基本です。

面接はドレスコードが必要な場所であり、きちんとした服装が求められるからです。

襟付きシャツは冠婚葬祭で着るし、フォーマルな印象を与えられます。

スーツを着るほどではない面接でも、襟付きシャツならおかしくありません。

白やブルーなど、清潔感のある襟付きシャツを着ていくと、面接官の印象は良くなるでしょう。

襟なしシャツだから不採用はない

襟なしシャツを着ている女性

襟付きシャツの方が好印象を与えられますが、襟なしだからといって不採用になるわけではありません。

バイトの面接で重視されるのは勤務条件であり、シフトが合えば採用してくれるからです。

条件が合ってやる気があれば問題ないし、服装だけで落とされることはありません。

服装よりも態度や受け答えの方が重要であり、全体の雰囲気で判断されます。

襟なしシャツを好まない面接官もいますが、それだけで落とされることはないでしょう。

襟なしだと印象が悪い職種もある

バツサインを出す面接官

コンビニやファミレスの面接なら襟なしでも問題ありませんが、ホテルや塾講師のように堅い職種だと襟なしは印象が悪くなります。

堅い職種はドレスコードを重視しており、襟なしの服装はマナー違反だと思われるからです。

襟なしシャツを着ていくと「常識がない」と判断され、不採用にされる可能性があります。

また、同じ飲食店でも高級レストランや料亭など、格式が高い職場も服装には厳しいです。

襟なしがNGの場合もあるため、バイト先の職種を見て判断するようにしてください。

ノーカラーシャツなら真面目に見える

ノーカラーシャツ

ノーカラーシャツと呼ばれる襟がないシャツは、真面目な印象を与えられます。

ワイシャツよりもラフで、ほどよい上品さを演出できるため、面接で着ていってもおかしくありません。

白のノーカラーシャツは爽やかな印象を与えられるため、夏の面接に最適です。

ストライプ柄ならスーツ用のシャツにも使われるため、フォーマルなシーンにも着用できます。

ノーカラーシャツを一着持っていると、面接以外でも使える場面がでてくるでしょう。

カーディガンを羽織ると誤魔化せる

カーディガンを羽織る女性

襟なしシャツしか持ってないという人は、カーディガンを羽織るようにしてください。

カーディガンを羽織ると印象が変わるため、襟なしシャツのラフさが軽減します。

たとえTシャツを着ていっても、黒のカーディガンを羽織れば幼く見えません。

カーディガンのボタンを全部止めてプルオーバー風にすれば、きれいめな印象を与えます。

最初は襟なしシャツのまま行き、面接会場の雰囲気を見てカーディガンを羽織っても良いでしょう。

チュニックやワンピースは駄目

バツサインを出すワンピースを着た女性

いくら襟なしでも、面接でチュニックやワンピースは駄目です。

これらの服装はカジュアルな印象が強く、遊びに来ているような印象を与えます。

仕事に適したワンピースもありますが、面接であえて選ぶ必要はありません。

Tシャツやトレーナーもカジュアルではありますが、男女兼用で着られます。

面接で女性らしさを演出すると嫌われる場合もあるため、注意しましょう。

清潔感を重視すれば襟なしでも大丈夫

赤い襟なしシャツを着た女性

襟なしシャツを着ていく際は、何よりも清潔感を重視してください。

派手な色や柄、露出の多いものは避け、なるべくシンプルなデザインがおすすめです。

袖口がくたびれていたり、シワや汚れがあると不潔な印象を与えます。

服を着る前に確認し、おかしな箇所がないか見極めるようにしてください。

また、上着だけでなく、ボトムス(パンツ)や靴、髪型やメイクなども重要です。

いくら上着が整っていても、全体のバランスが悪ければマイナス評価になります。

バイト先のTPOに合った服装ができれば、襟なしでも失敗することはないでしょう。

まとめ

バイト面接は襟付きシャツが基本ですが、襟なしシャツだからといって不採用になるわけではありません。

清潔感のある服装ができていれば、問題なく採用してくれるでしょう。

 
ウサくん

襟なしでも大丈夫なんだね

襟なしシャツを着ていくときは、なるべくシンプルで落ち着いたものを選ぶようにしてください。

派手な色や柄、露出が多いものは避け、無地やストライプなど控えめなデザインがおすすめです。

ワイシャツのデザインに近いノーカラーシャツだと、真面目な印象を与えられるでしょう。

ただし、襟なしシャツでも問題ありませんが、襟付きの方が良いのは確かです。

襟付きシャツは今後着る機会があるため、なるべく買うようにしてください。

今回のポイント

襟なしシャツで面接に行くか迷ったら、バイト先の服装を確認するようにしてください。制服が襟なしだったり、私服で働く職場であれば、襟なしでも気にする必要はありません。事前にしっかり下準備すれば、服装で失敗することはないでしょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事