コミュニケーション

気をつけて!バイト先で嫌われる新人の特徴と好かれるコツ

記事内にプロモーションが含まれています
気をつけて!バイト先で嫌われる新人の特徴と好かれるコツのイメージ

バイトがしたいと思っても、新しい環境に飛び込むのは不安ですよね。

 
ウサくん

嫌われたらどうしよう…

先輩に嫌われたくないし、仲間はずれにされたら困ります。

できることなら、みんなと仲良く働きたいですよね。

実は、バイトで嫌われやすい新人には特徴があります。

何をすれば嫌われるのか把握しておけば、上手に立ち回れるようになるでしょう。

そこで今回は「バイト先で嫌われる新人の特徴と好かれるコツ」をご紹介します。

バイト先の人間関係に不安を感じる人は、ぜひ参考にしてください。

バイト先で嫌われる新人の特徴

職場の同僚に嫌われている女性

バイト先で嫌われるのは、バイト仲間が不快に思う行動をしているからです。

特に新人は環境に慣れていないため、どう振る舞えばいいかわかりません。

まずは、どんな新人がバイト先で嫌われるのか見ていきましょう。

挨拶できない

自分から挨拶できない新人は、相手にマイナスな印象を与えます。

挨拶をしないことで、コミュニケーションが取れない人物だと思われるからです。

自分では挨拶したと思っても、相手の目を見て挨拶できなければ伝わりません。

挨拶できないことで不快感を与え、不愛想だと思われてしまうでしょう。

遅刻が多い

新人にもかかわらず、遅刻が多い人は嫌われます。

遅刻する人が職場にいることで、みんなの負担が増えるからです。

仕事の開始が遅れるし、お客さんにも迷惑をかけるかもしれません。

新人の内から時間を守れない人は、誰からも信用されないでしょう。

指示待ち

誰かに指示されるまで何もしない人も嫌われます。

何もしないで待機していると、サボっているように見えるからです。

先輩も暇ではないため、いちいち新人に指示することはできません。

自ら仕事を求めていかなければ、みんなの反感を買うでしょう。

勝手に動く

指示を待つのと反対に、勝手に動く人も嫌われます。

新人は仕事に慣れていないため、勝手に動くとミスを誘発するからです。

確認せずに仕事をすることで、お客さんに迷惑をかけてしまうかもしれません。

自己判断で勝手に動いていると、周りをハラハラさせるでしょう。

同じミスを繰り返す

新人だとミスをしても大目に見てもらえますが、同じミスを繰り返す人は嫌われます。

何度も同じミスをすることで、反省していないと思われるからです。

新人がミスをすれば他の人がカバーしなければいけないし、負担が増します。

新人だからといって、同じミスを繰り返すと周囲に迷惑をかけます。

いつまで経ってもミスが直らないのであれば、みんなから見放されるでしょう。

メモを取らない

仕事を覚えていないのに、メモを取らない人は不安になります。

メモを取らないことで、仕事を覚える気がないと思われるからです。

バイトを始めた頃は伝達事項が多く、一度で覚えられないことばかりです。

メモを取らない姿勢のままでいると、いずれ教えてもらえなくなるでしょう。

言葉遣いが悪い

先輩にタメ口を使ったり、言葉が荒い人は相手を不快な思いにさせます。

言葉使いが悪いことで、相手は馬鹿にされたような印象を抱くからです。

特にお客さんに対して言葉遣いが悪いと、クレームに繋がってしまうかもしれません。

バイト先のイメージを下げかねないため、言葉遣いを改める必要があるでしょう。

言い訳が多い

仕事に慣れていないからといって、言い訳ばかりする人は嫌われます。

「でも」や「だって」と言い訳することで、反省していないと感じるからです。

良かれと思って指摘しているのに、言い訳されると教える気が失せてしまいます。

いつも言い訳ばかりしていると、誰もアドバイスしてくれなくなるでしょう。

恋愛目的

仕事なのに恋愛目的で働いていると感じる人は、周りから距離を置かれます。

恋愛目的だと仕事がおろそかになるし、職場の雰囲気が乱れるからです。

仕事中にベタベタ接してくる人は不快感を与えるし、近寄りたくありません。

たとえ職場に好きな人がいても、仕事とプライベートは切り離す必要があるでしょう。

雑談しない

スタッフ同士が会話しているときに、雑談に参加しない新人は周りと壁ができます。

コミュニケーションを取らないことで、何を考えているのかわからないからです。

先輩が話しかけても無視したり、休憩時間にスマホをいじっていると仲良くなることはできません。

たとえ口下手でも雑談できないことで、バイト先で孤立してしまうでしょう。

新人がバイト先で好かれる方法

先輩と仲良くパソコンを見ている新人

バイト先で嫌われる新人がいる一方で、好かれる新人も存在します。

バイトを始めたばかりなのに好かれるのは、嫌われないようにしているからです。

そこで、新人がバイト先で好かれる方法をご紹介します。

バイト仲間と仲良くしたい人は、次の点を意識して取り組んでください。

ルールを守る

バイト先のルールを守れる新人は好かれます。

ルールを守れることで、バイト仲間との信頼関係を気づくことができるからです。

たとえば、遅刻せずに出勤している人は、仕事の進行がスムーズになります。

時間通りに作業することができるし、お客さんにも迷惑がかかりません。

ルールを守れば職場の秩序を維持できるため、信頼を得ることができるでしょう。

仕事をサボらない

どんな仕事でもサボらない新人は、周りから応援してもらえるようになります。

周囲に貢献することにも繋がるし、職場全体の士気が高まるからです。

新人は掃除や雑務を頼まれがちですが、快く引き受ければ周りの見る目が変わります。

どんな小さな仕事でも一生懸命取り組むことで、みんなに評価されるでしょう。

学ぶ姿勢を示す

バイト先で好かれる新人は、常に学ぶ姿勢を持っています。

学ぶ姿勢を示すことで、周りから信頼されるようになるからです。

新しい情報や技術に敏感であることは、組織にとって競争力を保つために欠かせません。

バイト仲間から好かれるだけでなく、成長し続けることができるでしょう。

積極的に行動する

新人でも積極的に行動している人は、バイト仲から頼りにされます。

積極的に仕事にとりかかれば、問題解決やチームの活性化につながるからです。

新しい仕事に挑戦したり、同僚を助けるようにしていれば、嫌われることはありません。

バイト仲間との信頼関係が深まり、みんなに好印象を与えられるでしょう。

プロ意識を持つ

新人が好印象を与えるためには、プロ意識を持つことが大切です。

新人が仕事に対して真摯であれば、バイト仲間も協力しやすくなります。

職場のルールを守り、時間管理や優先順位を意識するようにしてください。

仕事に対して責任感を持つことで、周囲の期待に答えられるようになるでしょう。

遠慮しすぎない

新人だと控えめになりがちですが、遠慮するとコミュニケーションの機会を失います。

遠慮せずに受け止めることで、相手に好印象を与えることができます。

たとえば、先輩が手伝うと言ってくれてたのであれば、素直にお願いしてください。

先輩が協力してくれれば早く仕事が終わるし、先輩の好意も無駄になりません。

遠慮せずにコミュニケーションを取ることで、協調性があると思ってくれるでしょう。

愛想よく振る舞う

いつもニコニコしている人は、人間関係が上手くいきます。

愛想が良い人がいることで、職場全体の雰囲気が明るくなるからです。

挨拶やお礼の言葉を大切にすることで、徐々にコミュニケーションが深まっていきます。

明るくて素直に聞く気持ちがあれば、多少失敗しても周りがカバーしてくれるでしょう。

新人がバイト先で嫌われたときの改善策

初心者マークとビジネス人形

新人は仕事にも人間関係にも慣れていないため、ちょっとしたことで嫌われやすいです。

良かれと思ってしたことが、他人に不快感を与えているかもしれません。

そこで、新人がバイト先で嫌われたときはどうすれば良いのかご紹介します。

行動を振り返る

バイト先で嫌われたと感じたときは、これまでの行動を振り返ってみてください。

自分には悪気がなくても、相手を傷付けている可能性があるからです。

たとえば、同じ歳だからタメ口で話したり、馴れ馴れしく接していると、不快感を与えているかもしれません。

自分の行動を振り返って思い当たる点が見つかったのであれば、素直に改めることが大切です。

まずは冷静に自分の行動を振り返り、問題点を洗い出すことが大切です。

素直に謝罪する

自分の過ちに気づいたのであれば、素直に謝罪してください。

素直に謝罪することで誤解が解け、新たな問題を防ぐことができます。

謝っても許してくれるかわかりませんが、そのままにしてはいけません。

「すみません、次から気をつけます」と謝ることで、反省していると受け取ってくれます。

新人なら挽回しやすいため、素直に謝罪して信頼回復に努めましょう。

店長に相談する

嫌われている理由が思いつかないなら、店長や上司に相談してみてください。

状況を客観的に分析し、的確なアドバイスを受けることができます。

一人で考えて込んでも埒が明かないし、事態が悪化してしまうかもしれません。

自分の立場を理解している人に相談することで、問題解決に近づくでしょう。

コミュニケーションを取る

嫌われていると感じたら、コミュニケーションを取るようにしてみてください。

コミュニケーションを取ることで、誤解や意見の不一致を解消できるからです。

会話すれば自分の気持ちを伝えられるし、相手の気持ちもわかります。

話してみれば嫌われているわけではなかった、という可能性も考えられるため、自分から話しにいきましょう。

シフトを調節する

どうしても上手く付き合えない人がいるのであれば、シフトを調整してください。

一時的に距離を置くことで、状況を整理することができるからです。

職場には色んな人がいるし、先輩が新人に厳しすぎる可能性もあります。

シフトを調整して会わないようにすれば、衝突することもないでしょう。

新人で先輩に嫌われたら辞めるべき?

スマートフォンを見て悩む新人

入ったばかりなのに先輩に嫌われたら、辞めた方が良いのではないか?と思いますよね。

先輩に嫌われると仕事を教えてもらえなくなるし、質問するのも気まずいです。

しかし、先輩に嫌われても諦める必要はありません。新人なら挽回するチャンスはいくらでもあります

今辞めても何が悪かったのかわからないし、次の職場でも同じことを繰り返すだけです。

先輩に嫌われてる間は苦しいですが、何がきっかけで好転するかわかりません。

もう少し踏ん張ってコミュニケーションを取り続ければ、状況は変わってくるでしょう。

新人は最初が肝心!人間関係を重視しよう

先輩と仲良く仕事をするカフェ店員

バイトは仕事をしてお金をもらうものですが、人間関係も大切です。

人間関係が上手く行かないと、バイトに対するモチベーションが保てなくなります。

特に新人は入社して日が浅く、周りとの関係性が出来上がっていません。

先輩も手探り状態であなたに接してくるため、どうやって仲良くなれば良いかわからないでしょう。

しかし、一緒にいる時間が長くなれば打ち解けられるようになります。

周りの性格や行動パターンが分かるようになるし、親近感も生まれます。

無理して仲良くする必要はありませんが、誰かと仕事をする以上はコミュニケーションを欠かせません。

人間関係が上手くいくようになれば、安心して働けるようになるでしょう。

まとめ

始めたばかりの新人は仕事に慣れていないため、バイト先で孤立しやすいです。

最初から嫌われると仕事がやりずらくなるため、注意しましょう。

 
ウサくん

やっぱり挨拶が大切だね

新人なのに挨拶ができなかったり、同じミスを繰り返す人は嫌われます。

先輩から指摘されているのにメモを取らなかったり、言い訳が多い人も嫌われてしまうでしょう。

バイト先で嫌われないようにするためには、積極的に行動し、学ぶ姿勢を示すことが大切です。

一生懸命仕事に取り組んで愛想良くしていれば、自然と打ち解けられるようになります。

万が一バイト先で嫌われてしまっても、諦める必要はありません。

これまでの行動を振り返り、反省するべきところは反省してやり直せば、挽回できるでしょう。

今回のポイント

バイト先で嫌われないようにするためには、仕事以外の行いも重要になります。派手な格好で出勤していると、先輩から陰口を叩かれる可能性があります。新人の頃は身だしなみに気をつけ、目立ちすぎないようにしましょう。

この記事の監修

Rd-IIのロゴ

Rd-II(アール・ディ・ツー)

15年以上にわたり、求人サイト構築や採用サイト制作など、採用支援サービスを行う。その豊富な経験を活かし、アルバイトで悩む人に役立つ情報を提供しています。

運営者情報

関連記事