ぼくのわたしのバイト体験談    

交通誘導のバイト体験談!紅葉を楽しみながら働きました

412閲覧数
0評価数
警備員のバイトイメージ

仕事内容

地元に紅葉の名所があり、紅葉期間中の週末と祝日のみ交通誘導警備員をしました。

就業時間は8時~21時までになり、駐車場で車の誘導をします。

駐車場の状態をチェックしつつ、同僚の交通誘導警備員と通信機で駐車場の状態を報告しあいます。

「駐車場に空きができた」「何台の車を収容できるか」などを確認し、車が来たら空いてる駐車場まで誘導して停めてもらいます。

駐車スペースに余裕があるときは駐車場内から出て、駐車場までの経路を案内する場合もありました。

応募したきっかけ

以前にも同じ警備会社で働いたことがあり、この仕事を勧められたからです。

その時は紅葉ではなく花見期間だったのですが、花見期間中は夜店も沢山出て大賑わいでした。

かなりの人が来るので駐車場管理も大変になり、花見期間中は臨時で交通誘導警備員の募集をしていました。

そのため、正社員として勤務している方から「紅葉の季節になったらまた募集するから来るか?」と誘われました。

朝から夜までと就業時間が長いので大変でしたが、その分日給は15000円と高かったです。

バイト出来るんだったらしたいと思っていたので、紅葉期間中にも応募しました。

思い出に残っていること

印象に残った思い出が三つあります。

一つ目は紅葉を楽しめる点です。

交通案内警備をしていたのは紅葉スポットとして有名なお寺だったのですが、山の中にあるだけあって周囲は紅葉で真っ赤に染まっています。

街中の公園等で紅葉を見たことはありましたが、周り一面真っ赤というのは初めてだったので、この景色には驚きました。

しかも私の場合、お金を稼ぎつつ紅葉の絶景を楽しめているわけですから、改めてこのバイトをして良かったと思います。

「彼女が出来たら一度来てみよう」などと妄想しながらバイトを楽しんでました。

二つ目は時間の経過が思ったより早い点です。

交通案内警備員は暇そうに思われるかもしれませんが、これは場所次第だと思います。

少なくとも私が担当していた場所は沢山の車が押し寄せており、駐車場管理でてんやわんやしていました。

気づけば「あれ?もう夕方?」という日も多かったです。

三つ目は夜のライトアップが印象的でした。

普段なら夜になれば暗くなって視界が悪くなるところですが、紅葉期間中はライトアップされるのです。

昼間とは打って変わって幻想的な雰囲気になり、全く違った印象を受けます。

昼は昼でいいですけど、夜はムードがあって素敵でした。

バイトをした感想

仕事自体は単調であり、車を運転したことがある人なら誰でも出来ると思います。

就業時間は長くなりますが、その分日給がかなり美味しかったです。

ただし、働ける日が土日祝と日数が少なめだったので、一気に稼げるというわけではありません。

それでも働いている日数を考えると、結構稼げたと思いますし、満足しています。

あとは風景を楽しめるのが良かったです。

特に夜は仕事も楽になって風景を愛でる余裕もできるので、景色を楽しめました。

編集者のコメント:

紅葉という鮮やかな景色の中で働いていると、疲れたときに目の保養になりますよね。たとえ単調な仕事であっても、集中して仕事をすることで、その場に溶け込んでいるような感覚になったのではないでしょうか。秋の良い思い出になりましたね。

この体験談が参考になった方はクリック!

関連する体験談