ノウハウ

初めてでも大丈夫!レジ打ちバイトで失敗しない7つのコツ

初めてでも大丈夫!レジ打ちバイトで失敗しない7つのコツのイメージ

コンビニやスーパーでバイトしたくても、レジが不安だという人は多いのではないでしょうか。

 
ウサくん

レジ打ちって難しそう

早く出来ないと怒られそうだし、覚えることが多くて大変そうに見えますよね。

レジはお金を扱うため、どうしても緊張してしまう気持ちわかります。

実は、レジ打ちは難しいものではありません。ちょっとしたコツを意識することで、誰でもできるようになります。

そこで今回は「レジ打ちバイトで失敗しないコツ」をご紹介します。

レジ打ちで失敗したくないという人は、どうすれば良いのか見ていきましょう。

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

シェアフル - 短期・単発バイトも探せるバイト探しアプリ

レジ打ちバイトで失敗しない7つのコツ

レジで商品をスキャンする店員

初めてレジ打ちバイトをする人は、レジで失敗しないか不安です。

お金の取り扱いを間違えたり、お客さんに怒られたりしないか気になりますよね。

しかし、レジ打ちにはコツがあります。コツが掴めれば失敗も減るでしょう。

レジ打ちをする時は、次のことを意識しながら作業してください。

1)ゆっくり作業する

レジに並ぶお客さんが多くなると、つい急いで作業したくなりますが、レジ打ちに慣れていないと失敗しやすいです。

レジ打ちは早くするより正確にすることが求められるため、焦らずゆっくり作業しましょう。

新人や研修中の人なら、少々レジの作業が遅くても大目に見てもらえます。

ただし、ゆっくりするのとダラダラするのとは違います。レジが混んでいなくてもダラダラ作業をしていると、怒られる原因になります。

動作はゆっくりでも、テキパキ作業するように心がけてください。

2)何度も確認する

人間ですからどうしてもミスはあります。レジ操作に慣れていても、ミスはつきものです。

できるだけミスを防ぐためには、確認作業が大切になります。何度も確認して、見落としがないようにしてください。

お客さんにお釣りを渡す時は、金額が間違っていないか確認しましょう。

値引きシールが貼ってあるのに割引をしなかったり、弁当を買ったのに割り箸を付け忘れるのはよくあります。

しかし、何度も確認すれば間違うことはありません。結果的に怒られる機会も減るため、落ち着いて作業できるようになるでしょう。

3)わからない時は聞く

レジの操作でわからないことがあれば、必ず店長や先輩に聞いてください。

忙しい時は聞きづらいですが、自分の判断で勝手に作業するのは失敗の元です。

たとえお客さんを待たせることになっても、聞いてから作業したほうが安全です。

なお、「聞く」というのは店の人に聞くだけでなく、お客さんに聞くという意味もあります。

タバコの種類や領収書など、お客さんの言うことがわからない時は、直接聞いて教えてもらいましょう。

4)お客さんの方向を向く

お客さんに挨拶したり金額を伝える時は、必ずお客さんの方向を向いて伝えるようにしてください。

お客さんの方向を向くことで、声が通って聞き取りやすくなります。

下を向いたり、レジの画面を見ながら話してもお客さんには伝わりません。

正しく伝わらないことで誤解を生み、クレームの原因になります。

いきなり大きな声を出せと言われても難しいですが、お客さんの方向を見ながら話すことなら簡単にできるはずです。

常に「お客さんの方向を向いて話す」ということを意識して、声出しをしましょう。

5)忙しくても一呼吸置く

ピーク時はレジが混雑して慌ただしくなりますが、忙しい時こそ一呼吸置いて作業するようにしてください。

ずっと流れ作業でレジ打ちをするのは疲れます。いつか集中力が途切れ、ミスが多くなるでしょう。

そのため、お客さんの流れが一瞬途絶えたら、その場でゆっくり深呼吸して、気持ちを整えてください。

軽く吸って息を吐くだけでも、頭がスッキリするはずです。首や肩を回したり、屈伸するのも効果的です。

6)備品を準備する

弁当を買ったお客さんにはお箸が必要か訪ねますが、訪ねてから割り箸を用意するのは遅いです。

あらかじめ手元に割り箸などの備品を用意しておき、お客さんから必要だと言われたらすぐに渡せるようにしてください。

お客さんがお金やポイントカードを出している間に準備しておけば、次のお客さんに渡す時間を短縮できます。

袋を準備する時は、並んでいるお客さんのカゴを確かめ、少し大きめの袋を準備しておくと良いでしょう。

7)バーコードの位置を把握する

レジ打ちを早くするためには、素早いスキャンが必要になります。

商品を手にとった時にバーコードの位置を把握しておけば、スキャンのスピードが上がります。

バーコードの位置は、主にパッケージの裏面か下側にあります。

品出しや売り場の整理をする時に、どこにバーコードがあるか確認しておくと良いでしょう。

また、小さい商品や角張った商品はスキャンしづらいので、あらかじめ確認しておくと、手間取らずにスキャンできるようになります。

手軽にできる!レジ打ちバイトの特徴

セルフレジを操作する人

レジ打ちがあるからといって、どんなバイトでも大変だとは限りません。中には簡単にできるバイトもあります。

レジ打ちが不安な人は、レジ打ちがしやすい環境が整っているバイトを選びましょう。

セルフレジ

セルフレジを導入しているお店だと、レジ打ちが格段に楽になります。

店員は主に商品をスキャンするだけであり、会計はお客さん自身が行います。

※無人で客がすべての作業を行う「フルセルフレジ」もあります。

セルフレジだとお釣りの間違いがなくなり、会計時間を大幅に短縮することができます。

一部のコンビニやスーパーではセルフレジを導入しているので、レジ打ちが不安な人はセルフレジの店に応募しましょう。

均一価格

100円ショップや回転寿司など、商品が均一価格だと覚えるのが楽です。

商品の個数を数えてレジに入力するだけなので、金額を間違えることがありません。

均一価格だとお客さんに対しても値段がわかりやすいため、レジでのクレームが少ないのも特徴です。

金額を間違うことに不安がある人は、均一価格で提供しているバイト先を選びましょう。

作業が少ない

コンビニのように宅配便の取り扱いやチケット予約を受け付けるバイトだと、レジの仕事は大変です。

さまざまな業務を覚えなくてはいけないため、レジ打ちの不安も増幅するでしょう。

しかし、会計が主体だと余計な作業を覚える必要はありません。

決済の手段(クレジットカード決済やQRコード決済など)さえ覚えておけば、難なくこなせるでしょう。

店舗が小さい

個人経営の雑貨屋や靴屋の場合、来店客が少ないため、レジで急がされることはありません。

多少レジ打ちが遅くても、お客さんから怒られることはないでしょう。

反対にスーパーやドラッグストアのように、店舗が大きいと多くのお客さんが来店してくるので大変です。

クレーマーと遭遇する確率も上がるため、マイペースに働きたい人は小規模のお店を選びましょう。

短期で働ける

レジ打ちバイトと言えばコンビニやスーパーで長期間働くイメージがありますが、短期で働くこともできます。

年末年始やイベントがある時に臨時で募集されているため、短期でレジ打ちバイトをして様子を見るのもありです。

短期間でもレジ打ちバイトをすることで、レジの操作や接客の雰囲気がわかるようになります。

ある程度レジ打ちに慣れてから、長期のバイトを始めるのもありです。

自宅でできる!レジ打ちの練習方法

電卓と財布とお金

レジ打ちのコツが分かっても、実際に本番でできるとは限りません。忙しくなると覚えたことを忘れて、パニックになることもあるでしょう。

そこでおすすめなのが、レジ打ちの練習です。あらかじめ自宅でレジ打ちの練習をしておけば、本番でも臆せずできるようになります。

電卓を使う

パン屋や雑貨屋など、直接金額をレジに打ち込むバイトをしているのであれば、大きめの電卓を使って練習しましょう。

買い物をした時のレシートを見ながら金額を入力することで、レジ打ちの練習になります。

実際のレジとは勝手が異なりますが、テンキーの入力に慣れておくことで、指が動くようになるでしょう。

スマートフォンを持っている人なら、アプリを入れて練習するのも便利です。

お札を数える

レジミスで一番多いのが、金額を間違えることです。

特にお札を間違えると損失額が大きくなるため、バイト先へのダメージは大きくなります。

そこで一万円札を千円札に両替して、お札を数える練習をしてください。

何度も数えていくことで感覚が掴めるため、数え間違いを防止することができます。

袋詰をする

自宅の冷蔵庫にあるもの使って、袋詰の練習をしましょう。

袋に入れていく内に、どんな大きさの商品をどう入れていけば良いのかがわかるようになります。

大きい物を下にして、隙間を埋めるように小物を入れていけば上手く収まります。

袋詰をマスターすれば、接客効率が上がります。少々レジ打ちが遅くても、問題ありません。

慣れたら誰でもできるようになる

笑顔で会計する女性店員

レジ打ちに求められるスキルは職場によってさまざまですが、総じて言えるのは「慣れたら誰でもできるようになる」ということです。

最初は商品をスキャンし忘れたり、金額を間違えたりすることもありますが、回数をこなしていく内にミスは減ってきます。

バイト先によってレジの種類は異なりますが、どのレジも人間が扱いやすいような設計になっています。

老若男女問わず、誰でも使えるようになっているため、必要以上に恐れる必要はありません。

レジ打ちがひと通りできるようになれば、バイト選びの幅が広がります。

コンビニやスーパーに限らず、飲食店やアパレルなど、どんなバイトでも対応できるようになるでしょう。

まとめ

レジ打ちバイトはお金を扱うため、最初は誰でも緊張します。

しかし、決して難しいわけではないため、落ち着いて作業するようにしてください。

 
ウサくん

コツが分かれば安心だね

忙しい時でも焦らずゆっくりレジ打ちすることで、間違わずにできるようになります。

レジの操作をするたびに確認し、少しでもわからないことがあれば先輩に聞きましょう。

セルフレジや均一価格のバイト先だとレジの作業が少ないため、初心者でも初めやすいです。

レジ打ちバイトは忙しいイメージがあるかもしれませんが、ずっと忙しいわけではありません。

待ってる間に袋や箸を用意したり、店内を見渡してお客さんの数を把握しておけば、素早く対応できるようになります。

レジ打ちバイトがこなせるようになれば、他のバイトをした時の自信にもなります。ぜひ、失敗を恐れずに挑戦してみてはいかがでしょうか。

今回のポイント

コンビニバイトに興味があるけれど、レジ打ちが不安でできないという人は、早朝・深夜に働きましょう。この時間帯はお客さんの数が少なく、会計以外を求められることが少ないため、レジ打ちを覚えるのに最適です。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事