ノウハウ

レジバイトで「お先に大きい方はやめろ」と言われる理由

レジバイトで「お先に大きい方はやめろ」と言われる理由のイメージ

バイトのレジでお釣りを渡すときに「お先に大きい方をお返しします」と言っていませんか?

 
ウサくん

大きい方って言ってるね

お札は金額が大きいため、つい「大きい方」と言ってしまう気持ちわかります。

しかし、「お先に大きい方~」という言い方をしていると、店長や先輩に「やめろ」と言われる場合があります。

どうして「お先に大きい方~」という言い方をしてはいけないのでしょうか?

今回は、お釣りを渡すときの言葉遣いとマナーについてご紹介します。

お釣りの渡し方で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

お釣りはお札と小銭にわけて渡す

財布のお札と小銭

レジで会計した後にお釣りを渡すときは、お札と小銭にわけて渡します。

お礼から渡すと確認しやすくなり、間違いが起こりづらくなるからです。

一方、一度に全部のお釣りを渡すとミスが起きやくなります

1万円を渡したつもりが5千円になっていたり、1000円札の数が多い・少ない場合もあるかもしれません。

小銭が多いと財布にしまいづらくなるし、「早く帰れ」という意味に捉える人もいます。

不快感を与える原因にもなるため、お札と小銭を別に渡して余裕をもたせるのです。

「お先に大きい方~」はやめろと言われる理由

バツサインを出す店長

お釣りを返却する際に「お先に大きい方~」という言い方をしていると、注意される場合があります。

「~方」は方角や分野を表わすときに使うため、適切ではないと考えられるからです。

また、お金に大きいも小さいもないという考え方もあります。

そのため、「お先に大きい方~」という言い方をしていると、注意されてしまうでしょう。

ただし、「~の方」という言い方には「2つ以上あるもののうち、1つを取り上げて指す」という意味もあります。

お札と小銭は二種類あるため、大きい方・小さい方と区別してもおかしくありません。

日本語として通じる言葉でもあるため、間違いとは言い切れないのが現状です。

「お先に大きい方~」以外の渡し方

レジで会計をする店員

「お先に大きい方~」という言い方を注意された場合、別の言い方にしてください。

店長から注意されているのに、同じ言葉を使い続けてはいけません。

大きい方・小さい方の代わりに、それぞれの名称を言って渡すと良いでしょう。

例文)

「お先に1000円お返しします。残り168円のお返しです。」
「1000円のお返しになります。おあとが168円のお返しでございます。」

このような言い回しをすれば金額が明確になり、間違いが起きづらくなります。

お客さんも違和感を覚えることなく、受け取ってくれるでしょう。

小さい方(小銭)を先に渡すのはあり?

受け皿の小銭

お釣りはお札から渡すのが一般的ですが、小さい方(小銭)から渡すのはどうなのか?と思おいますよね。

小銭を先に渡して、次にお札を渡す方が確認しやすい場合もあります。

実際のところ、小銭を先に渡しても問題ありません。

小銭を先にもらいたいお客さんもいるし、小銭入れを出している場合もあります。

どっちが先でどっちが後という決まりはないため、臨機応変に対応してください。

注意したいお釣りの渡し方・マナー

レシートを渡す店員

レジでは言葉遣いの他に、お釣りの渡し方にも気をつける必要があります。

間違った渡し方をしてしまうと、お客さんに不快感を与えるかもしれません。

クレームを避けるためにも、次の点に注意してください。

丁寧に渡す

お釣りを渡すときは、なるべく丁寧に渡してください。

上から落とすように渡したり、投げるように渡してはいけません。

乱暴な渡し方をすると、マナーが悪いと思われてクレームになります。

気持ちよく帰ってもらうためにも、丁寧に渡すようにしましょう。

両手を使って渡す

お釣りを渡すときは、両手を使って渡すようにしてください。

片手で渡すとバラけやすくなるし、不親切な態度に見えます。

小銭を直接渡すときは、落ちないように片手を添えると親切です。

両手を使って渡すようにしていれば、丁寧だと思ってくれるでしょう。

落ち着いて渡す

お釣りを渡すときは、できるだけ落ち着いて渡すようにしてください。

レジが混雑しているからといって、バタバタしていると不快感を与えます。

レジには電話している人や赤ちゃんを抱いている人など、さまざまな人が訪れます。

お客さんがその場を後にするまで見守り、離れてから次の接客をするようにしましょう。

お札の向きを揃える

お札を渡すときは、向きを揃えてから渡すようにしてください。

お札の向きがバラバラになっていると、間違える原因になります。

お札を渡す前に向きを揃え、何枚あるか数えるのがコツです。

お札の向きを揃えてから渡せば、財布にしまいやすくなるでしょう。

小銭を広げて置く

小銭を渡すときは、受け皿(カルトン)に広げて置いてください。

塊のまま置くと、いくらあるのかわからなくなります。

小銭を広げて置けば「1円が3枚、5円が1枚、10円が4枚」というように、パッと見てわかるようになります。

財布にもしまいやすくなるため、なるべく広げて置くようにしましょう。

お客の手に触れない

お釣りを渡すときは、お客さんの手に触れないようにしてください。

手に触れられたくない人もいるし、異性だと勘違いされるおそれもあります。

お札は下の方を持ち、小銭は受け皿に置くようにしてください。

直接小銭を手渡すときは、そっと置くようにすると手が触れません。

お客さんの手に触れずに渡していれば、不快な思いをさせることはないでしょう。

レシートを一緒に渡さない

お釣りとレシートを一緒に渡さないようにしてください。

一度にお釣りとレシートを渡すと、財布にしまいづらくなるからです。

レシートの上にお釣りを乗せると手は触れませんが、不快に思われる場合もあります。

レシート不要な人もいるため、お釣りとレシートは別々に渡す方が良いでしょう。

まとめ

レジバイトでお釣りを渡すときに「お先に大きい方からお返しします」という人は多いです。

しかし、「お先に大きい方はやめろ」と指導される場合もあるため、注意してください。

 
ウサくん

別の言い方にした方がいいね

「お先に大きい方~」ではなく、「お先に○円お返しします。残り○円のお返しです」という言い方にしてください。

いくら返されるのかわかりやすくなるし、丁寧な印象を与えます。

お札を渡すときは向きを揃え、小銭は広げて受け皿に置くようにしてください。

また、お客さんの手に触れないようにして渡すと、不快感を与えません。

お釣りの渡し方ひとつとっても、クレームの原因になる場合があります。

お釣りの渡し方に気を配れば、気持ちよく受け取ってもらえるようになるでしょう。

今回のポイント

お釣りの渡し方で悩んだときは百貨店の接客を受けてください。百貨店はマニュアルがあり、言葉遣いを厳しく指導されています。店員さんの言葉遣いを参考にし、あなたのバイトにも取り入れれば、スキルアップになるでしょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事