ノウハウ

バイトで皿を割るとどうなる?失敗したときに取るべき行動

記事内にプロモーションが含まれています
バイトで皿を割るとどうなる?失敗したときに取るべき行動のイメージ

飲食店のバイト中に、お皿を割るとショックですよね。

 
ウサくん

怒られたくない

何度も皿を割ると怒られるし、周りの目が気になります。

できることなら、二度と皿を割らないようにしたいですよね。

実は、飲食店のバイトで皿を割る人は多いです。

あなただけ割っているわけではないので、珍しくありません。

大切なのは、割った後にどうするか?という点になります。

そこで今回は「バイトで皿を割ったときに取るべき行動」をご紹介します。

バイトでよく皿を割ってしまうという人は、ぜひ参考にしてください。

バイトで皿を割ってしまう原因

割れたお皿

バイトで皿を割る人は、いくつかの原因があります。

きちんと原因を把握しないと、皿を割ることを防げません。

そこで、どんなときに皿を割りやすくなるのかご紹介します。

忙しい

忙しいと食器を扱う機会が増えるため、皿を割りやすいです。

急いで行動することで、注意力は散漫になるからです。

お客さんが並んでいるとパニックになるし、急ごうとする意識が強くなります。

忙しくて周囲が見えなくなり、皿を割ってしまうでしょう。

手が濡れている

水仕事で手が濡れていても、皿を割りやすくなります。

手が濡れることで滑りやすくなり、手元が狂うからです。

濡れた手ではしっかり掴むことは難しく、不安定になります。

洗い場だと皿を触る機会も多いため、割る可能性が高まるでしょう。

皿を持ちすぎ

一度に多くの皿を持っていると、割る原因になります。

手元が不安定になり、バランスが取れなくなるからです。

誰かとぶつかったり、ちょっとした衝撃でも落ちます。

慣れていないと重心がわからないので、割りやすくなるでしょう。

集中していない

仕事に集中していないと、皿を割りやすくなります。

注意力がなくなり、食器に対する意識がなくなるからです。

疲れていたり、他のことを考えていると、手の力が抜けます。

ちょっとした気の緩みで、皿を割ってしまうでしょう。

皿に慣れていない

食器の扱いに慣れていない人も、皿を割りやすいです。

皿を触る機会が少ないため、扱い方がわからないからです。

持ち方がぎこちなくなり、どこを持てば安定するかわかりません。

不慣れな手付きで扱うことで、皿を割ってしまうでしょう。

バイトで皿を割っても弁償しなくていい

お金を渡そうとする女性

不注意で皿を割ると「弁償しなければいけないのか?」と不安になります。

バイト先に損害を与えているため、バイト代から引かれそうですよね。

しかし、バイト中に皿を割っても弁償する必要はありません。

故意なら別ですが、誤って皿を割ってしまうことはよくあるからです。

たとえ不注意であっても、従業員を育てる経費として、店側が負担しなければいけません。

なにより、皿やグラスを扱う仕事は、常に割ってしまうリスクがあります。

バイト先は、従業員が皿を割るリスクを想定する必要があるし、割らないように指導しなければいけません。

従業員の責任にして罰金を科したり、損害賠償を請求できないのです。

そのため、皿を割っても弁償させられることはないでしょう。

バイトで皿を割らないようにする方法

皿を洗う

バイト中に皿を割っても弁償させられることはありませんが、皿を割らないのが一番です。

皿を割ると店に損害を与えるし、こっぴどく叱られるからです。

なるべくなら、店長や先輩に何度も怒られるのは避けたいですよね。

そこで、どうすれば皿を割らなくなるのかご紹介します。

持つ枚数を減らす

手元を安定させるために、持つ枚数を減らしてください。

持つ枚数が少なくなると、手元が安定してくるからです。

複数枚持つと一度に多く運べますが、無理に持ちすぎてはいけません。

一度に持つ皿を減らせば、落として割るリスクを減らすことができます。

割れやすい皿を運ぶ際は、できる限り小分けにして運ぶようにしましょう。

濡れた手で持たない

水仕事をしたときは、しっかり手を拭いてください。

濡れた手で皿を持つと、すべって落としやすくなるからです。

手に洗剤が残っていたり、油が付いていると、皿が滑りやすくなります。

タオルで水気をとってから皿を持てば、落とすリスクは減るでしょう。

曲がり角で一時停止する

皿を持って移動するときは、曲がり角に注意してください。

曲がり角は死角になるため、人とぶつかりやすいです。

誰かいるかもしれないと想像し、一時停止してから行動すればぶつかりません。

忙しくても面倒がらずに、周囲を見てから皿を運びましょう。

割れやすい皿を把握する

皿の材質によって、耐久性は異なります。

できるだけ皿を割らないためにも、事前に割れやすい皿を把握しておくことが大切です。

薄い皿は割れやすく、少しぶつけるだけでも傷ついてしまいます。

割れやすい皿は丁寧に扱い、洗うときや運ぶときに注意しましょう。

滑りにくい靴に変える

キッチンで働いているのであれば、滑りにくい靴に変えてください。

滑りやすい靴では皿を運ぶ際に、滑って転びやすくなるからです。

靴の裏がゴムで耐久性があり、防水の靴であれば、水場でも滑りません。

滑りにくい靴に変えれば、足元が安定するでしょう。

バイトで皿を割ったときに取るべき行動

割れた皿を片付ける

どれだけ注意しても、皿を割る可能性はあります。

常に皿を割るかもしれないという前提で、行動しなければいけません。

そこで、皿を割ったときに取るべき行動をご紹介します。

皿を片付ける

まずは、割れた皿を片付けてください。

破片がそのままになっていると、誰かを傷つける可能性があります。

ホウキとチリトリを使い、素早く破片を取り除くことが大切です。

また、破片で手を切る可能性があるため、素手で触らないようにしましょう。

周りに謝罪する

皿を割ってしまったときは、周りに謝罪してください。

「申し訳ありませんでした!」と、素直に謝る気持ちが大切です。

自分の非を認めてすぐ謝れば、責め立てられることはありません。

もし、ホールで皿を割ったのであれば、お客さんにも謝罪してください。

「失礼致しました」と謝罪すれば、それ以上注目は浴びないでしょう。

店長に報告する

皿を割ってしまった後は、すぐ店長に報告してください。

怒られたくないからといって、隠そうとしてはいけません。

どこで割ったのか?いくつ割ったのか?どうして割ったのか?など、正しく報告することが大切です。

きちんと店長に報告していれば、大目に見てくれるでしょう。

割った原因を考える

なぜ皿を割ってしまったのか、原因を考えてください。

割った原因に向き合わないと、また割ってしまうからです。

割った皿の枚数や日時・原因を追究し、どうしたら防げるのか?を自問自答することが大切です。

割った原因が環境にあるのであれば、店長に相談して対処してもらうと良いでしょう。

怒られたくないから隠そうとするのはNG

バツサインをする料理長

洗い場の作業や、誰も見ていない場所で皿を割る場合があります。

店長や料理長が厳しい人だと、隠したくなりますよね。

しかし、怒られたくないからといって、隠そうとするのはNGです。

隠してもいつかバレるし、バレなくても犯人探しが始まります。

バイト先に不穏な空気が流れ、罪悪感を覚えるでしょう。

皿を割った事実は変わらないのに、逃げたり誤魔化したりしてはいけません。

失敗は誰にでもあるし、失敗にどうするかで周りの評価が決まります。

自ら報告して非を認めれば、事態は大きくならないでしょう。

何度も割るとペナルティの可能性も

頭を抱える女性

バイト先で何度も皿を割ると、ペナルティを課せられる可能性があります。

いつも皿を割っていると、バイト先からの信頼を失うからです。

店長も人間なので、何度も皿を割る人には嫌悪感を抱きます。

「次に割ったら弁償だからな!」と脅してきたり、シフトを減らされるかもしれません。

また、何度も皿を割っていると損害が大きくなり、損害賠償を請求される可能があります。

実際に訴えられるケースは少ないものの、訴えられないと高をくくってはいけません。

何度も失敗する人は信用を失うため、割らないように努力しましょう。

仕事に慣れれば皿を割る回数は減る

丁寧に皿を扱う女性

皿の扱いに慣れていない人でも、仕事に慣れれば皿を割る回数は減ります。

慣れてくれば扱い方がわかってくるし、周りを見ながら運べるようになるからです。

どこを持てば皿が安定するのか?どんなときに皿を割るのか?を体で理解しているため、注意力が身につきます。

それでも皿を割る場合もありますが、たまに割るぐらいであれば問題ありません。

皿を割らない日が続けば自信がつくし、店長からも信頼されるようになります。

「慣れるまでの辛抱だ」と腹をくくり、真剣に仕事に打ち込むようにしてください。

まとめ

飲食店でバイトをすると、皿を割る可能性があります。

皿を割っても落ち込みすぎず、何度も割らないように注意してください。

 
ウサくん

同じミスを繰り返してはいけないね

バイト中に皿を割るのは、忙しさや皿の扱いに慣れていないのが原因です。

手が濡れていたり、集中力が欠けているときも、皿を割りやすくなります。

皿を割ったら破片を片付け、すぐ店長に報告してください。

自分の非を認め、素直に謝罪すればそれ以上怒られません。

皿だけでなく、グラスや小鉢など、食器全般は割れやすいものです。

たとえ割っても弁償させられることはありませんが、割らないにこしたことはありません。

他人の物を使わせてもらっていると認識し、緊張感を持って扱うようにしましょう。

今回のポイント

皿の扱いに慣れていない人は、百均で皿を買ってください。実際に自分のお金を出して皿を買うことで、皿に対する意識が変わります。普段料理をしない人でも、皿に触れていれば慣れてきます。皿の上に物を乗せて練習すれば、扱い方がわかってくるでしょう。

この記事の著者

ぼくのわたしのバイト体験談

ぼくのわたしのバイト体験談・編集部

採用支援の経験が豊富なWeb制作チームで構成され、バイト経験者に取材した情報を元に記事を作成。ユーザー主義を貫きながら、バイトを始めるのに不安がある人に役立つ情報提供をしています。

運営方針運営者情報

関連記事