辞め方

バイトを1ヶ月で辞めるのはあり?円満に退職する方法

バイトを1ヶ月で辞めるのはあり?円満に退職する方法のイメージ

バイトをはじめて1ヶ月が経つと向き・不向きがわかってきます。バイトの現実を知ることで、辞めたくなることもあるでしょう。

 
ウサくん

まだ1ヶ月だけどもう辞めたい…

思っていた仕事と違ったり、人間関係が上手く行かないと辞めたくなる気持ち、よくわかります。

できることなら今すぐ辞めたいけど、1ヶ月という短い期間で辞めさせてもらえるのか不安ですよね。

辞めると言ったら怒られたり、気まずくなるのが怖くて言い出せない人も多いと思います。

そこで今回は「バイトを1ヶ月で辞める方法」について紹介します。

円満に早期退職したいという人は、穏便に辞めるための方法を見ていきましょう。

バイトを1ヶ月で辞める人は多い

上司に退職届を出す女性

実際のところ、バイトを1ヶ月で辞めてしまう人は多いです。なぜなら、1ヶ月も働いているとバイトのことが色々わかってくるようになるからです。

どんな仕事をして、どんな人達と関わって、どれだけの収入を得られるのか(または時間を費やすのか)というのが1ヶ月も働けば実感できます

バイトをする前は「楽しそうだな」と思って入ったとしても、実際に仕事をしてみたら「そうでもなかった」ということはよくあります。

仕事が思っていた以上に大変で、重労働なことも多いでしょう。忙しいお店だとバイトが終わるたびにグッタリするかもしれませんね。

また、バイト先にはいろんな人がいます。なかには性格的に合わないと感じる人もいるでしょう。

合わない人と何時間も一緒に働くのは苦痛です。店長や上司など、毎日顔を合わせる人物と合わない場合、特にストレスを感じるでしょう。

仕事内容や人間関係は実際に働いてみないとわかりません。そのため、「1ヶ月で辞めたい」と思うこと自体はよくあることなのです。

1ヶ月で辞めるのは早い?2ヶ月はどう?

1と2で悩む女性

一般的に言ってバイトを1ヶ月で辞めるのは早いです。おそらくあなた自身も「まだ辞めるのは早いよな…」と悩んでいることでしょう。

だからといって、2ヶ月も3ヶ月も我慢して続ける必要はありません。無理して働いても辛くなるだけです。

毎日辞めることを考えながら働くよりも、スパッと辞めて次のバイト先を探す方が前向きになれます。

すぐバイトを辞めると職歴に響くと思うかもしれませんが、勤務期間が1ヶ月でも2ヶ月でもそう大差はありません

どちらも他人から見れば「すぐに辞めた」と受け取られます。

しかし、重要なのは「なぜすぐに辞めることになったのか?」という事実です。

辞めた理由が他人から見て(あるいは自分でも)納得するものであれば、1ヶ月で辞めることは決して悪いことではありません。

辞める期間にこだわらずに、なぜ辞めたいのか?辞めるしか選択肢はなかったのかを考えてみましょう。

1ヶ月で辞めても給料は貰える

給料

1ヶ月という短い期間でバイトを辞めた場合、ちゃんと給料を貰えるか心配になりますよね。

しかし、ご安心ください。労働者はどんなに短い期間であっても、働いたら働いた分だけ給料を受け取る権利があります。

雇用主には給料を払う義務があるし、「すぐ辞めたから払わない」ということはできません。違法行為になります。

たとえ1日で辞めたとしても給料を貰う権利はあるため、心配する必要はありません。銀行口座を伝えていれば、給料日に振り込まれているでしょう。

ただし、銀行口座を伝えておらず、手渡しになっている場合は注意が必要です。バックレのような形で無断退職すると、面倒なことになるかもしれません。

安心して給料をもらうためにも、きちんとした手続きをとって円満退職を心がけましょう。

ブラックバイトならすぐ辞めよう

仕事に疲れている男性

バイトを辞めたくなった原因が、「休憩がない」であったり、「長時間労働を強いられる」などである場合、できるだけすぐに辞めましょう。

そのバイト先は従業員に過酷な労働を強いる“ブラックバイト”の可能性が高いです。

ブラックバイトで働き続けると、心も体も疲れます。無駄に時間を過ごす割には、満足した給料を貰うことができません。

ブラックバイトで働いていると、感覚が麻痺してしまい、「これぐらいはみんなやっている」「自分の根性が足りないからだ」と思いがちです。

しかし、あなたの根性が足りないから上手く働けないのではなく、ブラックバイトだから上手く働けないのです。

もし、自分のバイト先がブラックバイトか判断できない時は、以下の記事を参考にしてください。

もしかしてブラック?失敗しないブラックバイトの見分け方
バイトを探そうと思っても、求人しているバイト先が全て優良企業とは限りません。中には「ブラックバイト」といって学生やフリーターに厳しいバイト先...

記事を読んであなたのバイト先がブラックバイトだと感じたら、期間に限らずすぐ辞めるようにしましょう。

辞める相談をするタイミングとは

店長に相談する女性

いくら辞めたくなったからと言ってすぐに辞められるものではありません。バイト先にも都合があります。

すぐに辞めますと伝えて反対されたり気まずくなるよりも、タイミングを見計らって相談した方が無難です。

どんなタイミングで辞めると伝えれば良いのか見ていきましょう。

次のシフトが出る前に相談する

シフトが出た直後に相談しても調節が難しいため、辞めさせてくれません。

バイト仲間にも迷惑がかかるため、なるべくシフトが出る前に相談するようにしてください。

ただし、シフトが出る前に相談してもすぐに辞められるかはわかりません。退職願は2週間~1ヶ月前に伝えることになっているバイト先が多いからです。

シフトが作られるタイミングによっては、しばらく働かなければ行けないということを覚悟しておきましょう。

直接会って相談する

店長や責任者に辞める相談をする時は、直接会って伝えるようにしましょう。

電話やメールだと真意が伝わりづらいし、「逃げている」ようにも感じられます。まともに相談に乗ってくれないかもしれません。

直接相談するのは勇気が入りますが、真剣に辞めたいという気持ちの現れでもあります。

閉店後や休憩時間など、忙しくない時間帯を見計らって相談してください。そうすれば話しやすくなるでしょう。

新人が入ってきた時は辞めやすい

新人が入ってきた時は絶好の辞め時になります。あなたが辞めても代わりの人がいるため、人手不足を補えるからです。

また、ベテランの人が辞めると仕事が回らなくなりますが、勤務歴1ヶ月はまだ一人前とは言えず、バイト先にとっても新人とそう変わりません。

早々に辞められても仕方ないと受け取られることが多いため、辞めやすいです。

納得されやすい辞める理由とは

OKサインをするスーツを着た男性

ただ「バイトを辞めたい」と言ってもほとんどの人は反対してきます。

長い間勤めていたら別ですが、1ヶ月で辞めるというのは一般的に言って「早い」からです。

バイト先もあなたを採用するためにお金を使っているため、そうやすやすと辞めさせてくれないでしょう。

そこで必要なのが「辞める理由」です。1ヶ月で辞めるにあたって正当な理由があれば、辞めさせてもらえます。

どんな理由であれば辞められやすくなるのか見ていきましょう。

体調不良

仕事をすることで少なからず体力・精神力を消耗します。バイトが原因で体調不良になったと伝えてください。

ただ体調不良と伝えるだけでは理解してもらえないかもしれません。仕事だから疲れるのは当然だと言う人もいるでしょう。

そんな時は病院の診断書を提出しましょう。精神的な病気ではなくても、体調に問題があれば診断書を書いてもらえます。

もし、診断書がもらいにくい場合、検査証を提出しても良いでしょう。

「体調が悪くて病院に行き、検査をしてもらいました。幸い大きな病気はなかったのですが、ストレスが原因だと言われました」

とでも言って検査を受けた証明書を見せれば、体調に異変があるのだと信じてくれます。

親から反対された

18歳未満がバイトをするためには親の許可が必要です。親から反対されたからバイトを続けられなくなったと伝えましょう。

学生なら「バイトをして成績が下がったので、親から辞めるように言われた」と伝えれば、信憑性があります。

学生の本分は学業であるため、親が反対しているのに無理に働かせるわけにはいきません。渋々ながら納得してくれるでしょう。

また、「家族(親、祖父母など)が体調を崩して面倒を見なくてはいけなくなった」という理由もありです。

家族の健康問題であれば、他人が引き止めるわけには行きません。辞めさせてくれるでしょう。

引っ越しをする

引っ越しを理由に辞めたいというのもありです。遠くに引っ越すと手軽に通勤できなくなるからです。

「親(または配偶者)が転勤することになり、引っ越ししなければいけなくなった」と伝えれば、納得せざるを得ません。

ただし、実際に引っ越しをしなくても構いません。近所にあるバイト先なら別ですが、ひと駅以上も離れている場所であれば、わざわざ見られることはありません。

たとえ見られても「急に転勤がなくなったみたいです。お世話になりました」といって立ち去れば、それで終わりです。気にすることはありません。

雰囲気に馴染めない

1ヶ月間働いてみて、バイト仲間と上手く連携することができず、人間関係に悩みを抱えているのであれば、正直にそれを伝えましょう。

1ヶ月も働いているのであれば、他人から見てもあなたがバイト先に馴染めていないのがわかります。

バイトではチームワークが大切になるため、馴染めない人がいると困ります。そのため、意外とあっさり承諾してもらえるでしょう。

ただし、「○○さんが嫌いだから」と、特定の人物を出して辞める理由にするのはいけません。シフトを調整されて、引き止められるだけです。

あくまでバイト先全体を指して合わないと言ったほうが、納得してもらえる理由になります。

退職が決まったらバイト仲間に伝える

仲間に退職を告げる男性

1ヶ月で辞めることを認めてもらったら、バイト仲間にいつ辞めるか伝えましょう。

辞めることを伝えると「もう辞めるの!?」と驚かれたり、冷たい態度を取られるかもしれません。

しかし、挨拶なしで辞めるのは寂しいです。たとえ1ヶ月であってもバイト先の一員として働いてきたわけですから、バイト仲間にきちんと挨拶して終わりましょう。

挨拶と言っても簡単で構いません。「○月○日までで辞めます。今までお世話になりました」と伝えるだけでOKです。

あらかじめ退職を伝えておくことで誠意を見せられるし、仕事のミスも大目に見てもらえるかもしれません。

最終日にはできるだけ全員に「今日で最後になります。これまでお世話になりました」と伝えてください。

最後まできっちりしておくことで、無事に円満退職することができるでしょう。

無断で辞めるのは絶対ダメ

バツのボードを持つ女性

どうしても辞めたいからと言って、何も言わずに無断で辞めるのは絶対に止めてください。
いわゆる“バックレ行為”は恨みを買います。

「嫌になったら行かなければいいだけ」と高を括ってはいけません。バックレることで、減給されたり、罰を受ける可能性があります。

実際に損害賠償を請求される可能性は低いですが、「もしかしたら…」とビクビクしながら毎日を過ごしたくはないですよね。

それ以外にもバイト先が近所にあれば、店長が自宅まで来るかもしれないし、親に告げ口されるかもしれません。

なんとか辞められたとしても、バイト先の近くを通るのに気が引けてしまうため、行動範囲が狭まってしまいます。

無断で辞めても良いことはありません。勇気を出して辞める相談をし、できるだけ円満退職を目指しましょう。

本当に辞めても良いのか考えよう

考え事をしている女性

「バイトを辞めたい」と思ったら、今すぐにでも辞めたくなっているでしょう。

しかし、1ヶ月で辞めるというのは一般的に言って早いため、それなりにリスクもあります。

例えば、すぐ辞めることで辞めグセがついてしまいます。どんな仕事でも嫌だと感じたらすぐに辞めようとするかもしれません。

学生の間はそれでよくても、就職した後に困ります。すぐに辞めることで職歴がつかないし、再就職が難しくなります。

また、次のバイトがすぐに決まるとも限りません。学費や生活費のためにバイトをしているのであれば、死活問題にもなります。

最初は嫌な仕事であってもやり続けることで、慣れてきます。慣れることで仕事のミスやトラブルは減ります。

もしかしたら衝動的になって辞めたいと思っただけかもしれません。店長に辞める相談をする前に、本当に辞めても良いのか自問自答してください。

まとめ

バイトを1ヶ月で辞める人は意外と多いです。一般的には短いと思われますが、どうしても合わないのであれば、いつまでも働き続ける必要はありません。

勇気を出して「辞めさせてください」と伝えましょう。

 
ウサくん

バイトが合わなければ1ヶ月で辞めてもいいんだね

バイトとは言え仕事ですから、辞める時はしっかり手続きを踏む必要があります。

前もって辞める相談をして、納得してもらいやすい理由を伝えることで、期間に限らず辞めさせてもらうことができます。

辞めることを伝える前は気まずかったり、怒られるのではないかと心配になりますが、正当な理由を伝えれば意外とあっさり認めてくれるはずです。

辞める日が決まったらみんなに挨拶をして、退職日まで一生懸命働きましょう。そうすれば、問題なく円満退職することができるでしょう。

今回のポイント

バイトは正社員と比べて離職率が高いです。そのため、1ヶ月未満で辞める人も多いです。相談する前は「辞めさせてくれなかったらどうしよう…」と心配になりますが、人の入れ替わりが激しいバイト先なら、意外とあっさり認めてくれるでしょう。タイミングを見計らう必要はありますが、あまり不安にならずに相談してみましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事