面接・採用

バイトの面接でパーカーにジーンズは駄目?服装選びのキホン

バイトの面接でパーカーにジーンズは駄目?服装選びのキホンのイメージ

バイトの面接に行くときは、何を着ていけば良いか悩みますよね。

 
ウサくん

服装で失敗したくない!

変な格好をして印象が悪くなったら困る、という気持ちわかります。

できることなら、面接官の印象を損ねないような服装がしたいですよね。

実は、面接での服装はとても重要です。たとえ面接内容が完璧であっても、服装が悪ければ落とされることがあるからです。

そこで今回は「バイトの面接に着ていく服装」について解説します。

服装が原因で落とされる前に、服装選びのポイントを抑えておきましょう。

スキマ時間に稼げる!バイト探しアプリ「シェアフル」

スキマ時間に稼げる!バイト探しアプリ「シェアフル」

服装も採用基準になる

面接を受ける女性

バイトの面接では、服装も採用基準の一つになります。

服装や身だしなみは本人の性格を現すため、服装に問題があると印象が悪くなります。

例えば、派手で露出の多い服装をしていると、「面接にふさわしくない格好」だと判断され、マイナス評価になります。

服に装飾が施されていたり、ダメージ加工されたジーンズもありますが、「汚い・煩わしい」と思わやすいです。

いくら「見た目で判断されるのはおかしい」と思っても、人は第一印象で判断する生き物です。

面接を受ける時の服装は清潔感を意識し、バイト先の雰囲気にあった格好をしていくようにしてください。

高校生は制服で行ってもOK

女子高生

高校生がバイトの面接に行くときは、学校の制服で行っても構いません。

高校生にとって学校の制服はフォーマルな服装であり、面接を受ける際の服装としてふさわしいと判断されます。

そのため、学校帰りに制服のまま面接を受けに行っても、問題視されることはありません。

ただし、制服を着ていく時は身だしなみに気をつけてください。

シャツがズボンからはみ出ていたり、スカートを極端に短くしていると、だらしない印象を与えます。

友達と一緒にいる時のような格好をするのではなく、面接官から見て違和感がないように整えましょう。

面接にオシャレは必要ない

服を選ぶ女性

ファッションに興味がある人は、普段からオシャレに気を使っていると思いますが、面接でオシャレを意識してはいけません。

オシャレを意識して派手な格好や奇抜な格好をしていると、面接官の印象を損ねます。

たとえアパレル関係のバイトであっても、面接でファッションセンスを審査するわけではありません。

オシャレでも面接にふさわしくない格好をしていると、マイナス評価になります。

面接に行くときはオシャレを意識せず、できるだけ無難な格好をするようにしてください。

パーカーは着て行かないほうが良い

パーカー

私服でバイトの面接に行くときは、パーカーを着て行かない方が良いです。

パーカーやトレーナー(スウェット)は「普段着」のイメージが強く、遊びに行くような格好をしていると判断されるからです。

また、パーカーはフードが着いており、幼い印象を与えます。

仕事を任せる上で不安視されることがあるため、避けたほうが良いでしょう。

パーカーよりも襟付きシャツ(夏ならポロシャツも可)を着ていくようにしてください。

ジーンズは色・形に気をつける

ジーンズを履いてる男性

ファミレスやコンビニなど堅くない職場であれば、ジーンズ(ジーパン)で面接に行っても構いません。

ただし、ジーンズと言ってもどんな種類のものでも良いわけではありません。

スキニージーンズやショートパンツは個性的に見えるし、ダメージジーンズは不潔な印象を与えます。

ジーンズを履いていく時はなるべくストレートの形状を選び、黒や紺など暗めの色がおすすめです。

そうすればスタイリッシュに見え、面接官の印象を損なうこともないでしょう。

堅い職種ならスーツを着る

スーツを着て面接を受ける女性

金融機関やホテルなど、バイト先が堅い職種であれば、スーツを着て面接に行ってください。

パーカーにジーンズのような格好で行くと、場違い感が出て印象が悪いです。

高校生なら学生服、大学生ならリクルートスーツで行くのが無難です。

私服で来るように言われたとしても、ジャケットを羽織り、フォーマルを意識してください。

なるべく働いている人と同じような格好をすることで、大きく外すことはないでしょう。

その他、スーツで行くか判断に迷った時は、以下の記事を参考にしてください。

バイトの面接でスーツを着ると浮く?迷った時の判断基準
バイトの面接に行く時に、スーツを着て行くか私服にするかで悩んだことはないでしょうか?正社員ならともかく、バイトの面接でスーツを着るのはおかし...

髪型・髪色にも注意する

手鏡で髪型をチェックする女性

バイトの面接では服装とともに、髪型や髪色も見られています。

長髪をまとめずに行ったり、派手な色に染めていると、だらしない印象を与えてしまいます。

服装はスーツでフォーマルに決めているのに、髪は金髪で長めだとホストに間違われるかもしれません。

たとえ「髪型・髪色自由」とアピールされていても、何をしても良いわけではありません。

ドレッドやコーンロウにしたり、インナーカラーを入れていると印象を損なうこともあります。

どんな髪型・髪色なら大丈夫かわからない時は、以下の記事を参考にしてください。

どこまでOK?髪型・髪色自由なバイトの見分け方
バイト募集に書かれている「髪型・髪色自由」という言葉。オシャレを楽しみたい方にとって、気になるポイントですよね。でも、どこまで自由か気になり...

化粧・メイクは控えめにする

鏡でメイクを確認する女性

女性のメイクは身だしなみの一環として見られています。

化粧は基本的にナチュラルメイクにし、派手だと思われないように気をつけましょう。

つけまつげや香水、ピアスやネックレスなどは、付けていかないほうが無難です。

ただし、あなたが高校生ならすっぴんでも大丈夫です。

高校生が化粧をしていくと、背伸びしているように思われる場合があります。

すっぴんで行くか化粧をするか迷った時は、以下の記事を参考にしてください。

すっぴんでバイトするのはあり?悩んだ時の考え方
すっぴんでバイトをしても良いのか?化粧をしなければいけないのか?と気になったことはありませんか?化粧をしなくても良いのであれば、バイト前の時...

持ち物はできるだけ少なくする

黒のカバン

バイトの面接に行くときは、できるだけ持ち物を少なくしましょう。

部活の帰りや買い物の帰りに、手荷物を下げて面接に行くと迷惑になります。

履歴書や筆記用具が入る程度のカバンにし、余計な荷物は持っていかないようにしてください。

カバンは派手な柄や色は避け、できるだけシンプルなものにしてください。

ビジネスバッグやショルダータイプのものが無難です。リュックは避けたほうが良いでしょう。

バイト別・好印象を与える服装のコツ

笑顔の面接風景

面接での服装は、バイト先の業種や職種によっても異なります。

同じ服装なのにA社では好印象を受け、B社では苦笑いをされることもあります。

そこで、どんな服装をすれば良いのか業種・職種別にご紹介します。

飲食店

ファミレスやファストフード、寿司屋や居酒屋など、食べ物を扱う飲食店は清潔感が求められます。

私服でも構いませんが、トップスは白や薄いブルーなど、なるべく明るい色の服を着ていきましょう。

また、服装だけでなく身だしなみにも注意してください。

キッチン志望なのに、髪やヒゲが伸びているのは印象が悪いです。

女性ならネイルやメイクにも気をつけて、不快感を与えない格好を心がけてください。

コンビニ、スーパー

コンビニやスーパーはお金を扱うことが多いため、「誠実さ・真面目さ」が求められます。

カジュアルな格好よりも、きれいめな格好をして誠実さを演出するのがおすすめです。

男性でも女性でも、襟付きシャツを着て、ストレートパンツを履けば真面目な印象を与えられます。

長髪なら髪を結び、ピアスやネックレスなどは付けていかないほうが良いでしょう。

アパレル

アパレルだからオシャレをするというのではなく、店の雰囲気に合った服装が求められます。

10代の若者を対象としたカジュアル店なのに、スーツやきれいめな格好をしていくと浮きます。

30代の大人の女性を対象としたショップで、ガーリーな服装をしていくと場違い感が出ます。

バイト先が対象とする客層・テイストによって印象は変わるため、着ていく服には注意してください。

塾講師・家庭教師

塾講師や家庭教師は子供を相手にするため、信頼が置ける服装をしているかがポイントです。

応募した塾の講師がスーツで授業しているのであれば、あなたも面接時からスーツを着ていったほうが良いでしょう。

私服を着ていく時は、ジャケットや襟付きシャツを着て、フォーマルを意識してください。

足元も見られているため、スニーカーよりは革靴やローファー、パンプスなどが良いでしょう。

工場・倉庫

工場のライン作業や倉庫内のピッキングなど、接客業ではないバイトに応募する時は、親しみがもてる服装を意識してください。

清潔感があれば、普段着ているカジュアルな服装で行ってもOKです。

Tシャツにジーンズでも大丈夫ですが、派手な色や汚れが目立つものは避けてください。

パーカーやスカートは作業しにくい印象を与えるため、着ていかないほうが無難です。

どんな面接でも白シャツコーデが無難

白いシャツ

どんなバイトの面接でも、「白シャツコーデ」と呼ばれる、白を基準にしたコーディネートが無難です。

トップスに白の襟付きシャツを着て、ボトムスに黒のストレートパンツを履けば、全体が引き締まって見えます。

夏なら半袖にしたり、冬ならジャケットやコートを羽織ることで、体温調節することも可能です。

スカートで合わせる時は、短くなりすぎないように注意してください。

白シャツコーデは老若男女問わず、誰もが似合う無難な格好であり、それでいて面接官の印象も良いです。

白シャツコーデできれいにまとめれば清潔感を感じさせるため、どんな職場の面接に行っても好印象を与えられるでしょう。

まとめ

バイトの面接で服装選びは重要です。

バイト先に合った服装をすることで、面接官に好印象を与え、採用に近づくでしょう。

 
ウサくん

基本を抑えれば安心だね

飲食店やコンビニなどの大衆的な職場であれば、私服を着ていきましょう。

カジュアルな服装でも構いませんが、なるべく清潔感を意識するようにしてください。

事務やコールセンターなど、オフィスワークが中心の職場は、きれいめな服装をするのが無難です。

また、高校生なら学校帰りに制服で行ってもOKです。

服装が決まれば面接に集中することができます。当日に焦ることがないように、しっかりと準備してくださいね。

今回のポイント

服装は清潔感が大事だとよく言われますが、清潔感のある・なしは自分で気づきにくいものです。きれいめファッションでも素材や色の組み合わせで、汚く感じることもあります。服装選びに迷った時は、親に確認してもらいましょう。

誰でもできる!簡単バイトアプリ「シェアフル」

シェアフルは、1日単位の仕事が簡単に探せるバイトアプリです。

履歴書不要で面接もありません。アプリから応募して採用通知があれば、当日バイト先に行くだけで働くことができます。

他のバイトに興味がある方やもう少し稼ぎたい方は、シェアフルを使ってスキマ時間を有効活用しましょう!

関連記事